タンクローリーの容量の最大値と平均値はどれくらい?タンクローリーの種類についても解説

液体である燃料や液化ガスを輸送するためには、タンクローリーが欠かせませんが一体どれぐらいの量の液体を輸送することが出来るのかご存知でしょうか。

容量が変われば車両の重量も変わり、必要な資格なども変わってきます。

そこで今回は、タンクローリーの容量や、運転に必要な資格などについて詳しくご紹介していきたいと思います。

タンクローリーは別名「移動タンク貯蔵庫」

タンクローリーは消防法上では「移動タンク貯蔵所」の中の「積載式移動タンク貯蔵所」に区分されています。これは移動タンク貯蔵所のうち、移動貯蔵タンクを車両などに積み替える構造を備えているものを指します。

そのため、移動貯蔵タンクを車両のシャーシフレームにボルトなどを使用して緊結したものを指し、吊り金具やフォークリフトポケットなどを有していないものは「積載式移動タンク貯蔵所」に該当しません。

タンクローリーの種類について

危険物ローリー

消防法において危険物と規定されているものを運ぶのが危険物ローリーです。ここでいう危険物とは石油や劇薬類のことを指します。強度が必要とされるために楕円形の円筒型をしているものが多くなっています。

粉粒体運搬車ローリー

飲料水や牛乳、シロップなどの飲食に関わるものから、セメントなどの細粒物でありながら非危険物である粉粒体を運搬するものを粉粒体運搬ローリーといいます。こちらも楕円形の円筒型が多くなっています。

高圧ガスローリー

高圧ガスを運搬するのが高圧ガスローリーです。こちらは断面が真円となっているタンクをしています。それは内部からのガスをタンクの外壁に対して均等にかけることで強度を高めることができるからです。

タンクローリーの容量は最大30000L!

タンクローリーの中でも石油などを運搬する危険物ローリーは消防法上では「移動タンク貯蔵所」となっており、3万ℓ以下の容量、一室あたり4000ℓ以下と定められています。

道路運送車両法、車両制限令により単一車両では1台あたりの車両総重量は25トンまで、トレーラーは道路運送車両法上特例8車種であり36トンまでで車両制限令上では一般道で27トンまでとされているために実際には全長や全幅の関係上3万ℓを積載することができる危険物ローリーはほとんど製造されてきませんでした。

現在では生産されて運行していることもあるのですが、全体から見るとそこまでの数ではありません。

高圧ガスローリーは可燃ガスが最大で18000ℓ未満アンモニア以外の毒性ガスが最大8000ℓ未満と定められています。非危険物ローリーに関しては特に規定はありません。

運転に必要な資格について

大型運転免許

タンクローリーを公道で走行する際にはその大きさから単純に「大型運転免許」が必要となります。

大型免許を保有していなければまずタンクローリーは運転することができないと考えておいて良いでしょう。これは道路交通法に関係しています。

けん引免許

タンクローリーは運転席を含む本体部分と連結するタンクの部分とに分かれます。タンクの部分を牽引するには、けん引免許が必要となります。

タンクローリーやトレーラーを運転する際には必ず必要になると思っておきましょう。

高圧ガス移動監視者講習

高圧ガスローリーを運転するには高圧ガス移動監視者慣習(冷凍機械以外の高圧ガス製造保安責任者免状所持者は受講不要)の修了(あるいは修了者の同乗)が必要になります。

つまり運転手が必ずしも資格を保有している必要はなく、資格を持っている同乗者がいれば問題ないのですが、実際にはそのために余計に人員をさくことは難しいため運転手みずからが資格を持っている場合がほとんどとなっています。

危険物取扱者

危険物を運搬する際には危険物取扱者の資格(あるいは有資格者の同乗)が必要となります。

危険物取扱には

  • 甲種
  • 乙種
  • 丙種

とあり、甲種であればすべてに対応できますが、乙種以下の場合は運搬する危険物に対応している資格が必要となります。対応していない資格を持っていても無効となるため注意が必要となります。

こちらも運転手みずからが持っていない場合でも同乗者が資格を保有していれば良いのですが、実際には運転手が保有していることがほとんどです。

毒物劇物取扱責任者

毒物を運搬する際には毒物劇物取扱責任者の居る事業所から業務上取扱者としての届出を出した上で、「毒物及び劇物取締法」にのっとって運搬する必要があります。

横転しやすいタンクローリー

タンクローリーは非常に横転しやすい種類の車でもあります。それは運んでいるものが「液体」であることが関係しています。

液体はカーブを曲がるときなどにタンク内で形状が変わります。その際に車が曲がる方向と反対に大きな力が動くのです。これを「共振」と言います。

この共振はタンク内に液体が移動できないほど満杯なときは起こりにくいのですが、少し隙間があるときなどは遠心力がその揺れを増幅させて左右に大きな力を生み出します。

大きな車はカーブの際にバランスを崩しやすくなっています。それに加えて液体の共振があるために非常に横転しやすくなるのです。

これは液体を大量にまとめて貯蔵しているタンクローリーはもちろん、ビール瓶など液体が入った容器を大量に運んでいるときでも同様のことが起きます。

液体を運搬しているときにはカーブなどは充分に注意することが必要だと言えるでしょう。

まとめ

タンクローリーは運ぶものによって容量が決まっているほか、必要になる資格や免許も変わってきます。

運転する際には必要な資格、免許をそろえたうえで横転しやすいことも十分に注意して運転するようにしましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

【必見】年収をあげて、待遇のよい職場に転職したい!という方へ

  • 今より年収をUPさせたい…
  • 夜勤が辛くなってきた…
  • 手積み/手降ろしが辛い…

などを感じている方に、おすすめのサービス「プレックスジョブ」


「プレックスジョブ」は、大手企業から地元の優良企業まで、幅広い企業の求人を掲載中です!

  1. 簡単1分で正社員雇用の求人を検索できる
  2. 今より年収が高く、労働条件が良い会社が見つかる
  3. 会員登録したら、スカウトも受けられる

\新着求人も続々更新中!/

プレックスジョブで求人検索する >

企業からスカウトが受けられる
【会員登録】はこちら

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • 10tトラックの寸法は?レンタルするなら知っておきたい車体とクレーンのサイズ・特徴

    ユニック車の中でも10tトラックはよく...
  • フルトレーラーの寸法/サイズを知りたい!高さ/幅/長さなどを徹底解説!

    フルトレーラーの寸法は年を追うごとに大...
  • トラック運転手が彼氏の方|トラックドライバーの魅力と付き合う上で大変なポイントを解説!

    トラック運転手はバリバリ働いているイメ...
  • 大型トラック運転の時のお風呂はどうする?大型ドライバーの入浴方法をご紹介

    トラックドライバーといっても近郊エリア...
  • 貨物自動車運送事業法に違反したらどうなる?3つの行政処分について解説

    運送業を営むには貨物自動車運送事業法に...
【ドライバー採用ご担当者様へ】ドライバー特化の人材紹介サービス「プレックスジョブ」
掲載のお問い合わせはこちら