ダンプ運転手の仕事内容/業務内容をご紹介!ダンプカー運転手ってなにをするの?

建築現場などを見ていると、ダンプカーをよく見かけるかと思います。

では、ダンプ運転手はどういった仕事内容/業務内容がメインになるのでしょうか?

この記事では、ダンプ運転手になった場合のメリットやデメリットを含めて、仕事内容について解説いたします。

ダンプ運転手になるには

ダンプを運転するための免許

ダンプカーは荷台部分が上下や左右に動くことで積み荷を一気に降ろすことができるというトラックです。

重量がある土砂や大きいもの、産業廃棄物などを運搬するのに多く使われるものですが、このトラックを運転するのに専用の免許というものはありません。大きさによって大型や中型の免許が必要になってきます。

 

ダンプが運ぶのは土砂だけじゃない

ダンプは土砂などを大量に運んでいるイメージがありますが、実際には土砂以外のものを運んでいます。

煽り部分が高くなっている「深ダンプ」は通常「土砂禁ダンプ」と呼ばれ、土砂を運ぶことが禁止されています。大きいものの軽いダンボールや発泡スチロールなどを運ぶのに適しています。

ダンプ運転手の仕事内容・メリット編

ダンプ運転手は楽

ダンプカーの運転手の仕事が楽と言われることがあります。これはまず運転中は一人で仕事をすることになり、対人関係で悩むことがあまりないということがあります。

それに加えて土砂などの重いもの、大きいものを運ぶために手作業で荷物の積み降ろしをすることがありません。他のトラック運転手と比べて楽と言われるのはそういった理由のためです。

ダンプ運転手は仲間意識が強い

運転中に常にだれかが横にいるわけではありませんが、運転手同士は無線などで連絡を取っており、情報交換などが行われています。誰かと競争しなければならない職種ではありませんので仲間意識は強くなります。

ダンプ運転手の終業時間は早い

基本的にはダンプの運転手の勤務時間は会社や現場が稼働している時間帯になります。そのため夜間の仕事や日をまたいでの仕事になることが少なく、それほど長時間の勤務にならないというメリットがあります。

ある程度近い場所での荷物の積み下ろしの場合は、

  1. 荷物の積みこみ場所まで行く
  2. 荷物を積み込む
  3. 荷物のおろし場所まで行く
  4. 荷物をおろす

それの繰り返しです。だいたい朝から昼までに2往復、休憩を挟んでさらに2往復といったところです。

荷物の積み降ろし場所には他にもトラックが来ていますので、順番を待っている間は休憩のようなものになります。

特殊な廃棄物などを運ぶ際は片道に数時間、遠いときには5、6時間かかることもあります。そういったときは途中で仮眠などの休憩を挟んで2日がかりで行うこともあります。

ダンプ運転手の仕事内容・デメリット編

雨の日はお休み

工事現場などでの仕事が多いために雨が激しく降っている日などは基本的に休みになります。

月給制の会社であれば単純に休みが増えることになるかもしれませんが、日給制や日給月給制の雇用形態であった場合は給料が減ってしまうことになります。雨がずっと続いたりするとかなりのダメージになります。

腰痛になりやすい

これは運転手にとにかく多い病気です。運転している時間が長いために腰痛や肩こりなどになりやすいのです。こまめに体を動かしてストレッチをしたりする、コルセットを腰に巻くことで少しは改善できます。

待ち時間が長い

土砂の積み降ろしなどは順番が決まっているために、自分のタイミングで動くことはできません。多く並んでいるときなどは待機時間が長くなることもあります。もちろん拘束時間になりますのでストレスを感じることになるかもしれません。

ダンプ運転手に向いているのはこんな人

運転するのが好きな人

運転手の基本となることですが、仕事のメインとなるのが運転です。運転が得意である、好きであるという人でなければ苦痛を感じることになるでしょう。運転が好きというのはダンプに限らずドライバーの基本となります。

きれい好きの人

勤務場所が工事現場などになるためにイメージがないかもしれませんがダンプカーの運転手は自分で荷物の積み降ろしをしたりすることがないために汚れることがあまりありません。そういったことを希望する人にも向いていると言えます。

プライベートを大事にしたい人

特殊な廃棄物などを運搬するダンプカーの運転手の場合は場所がかなり限定されているために2日がかりの仕事になったりすることがありますが、近隣の現場などで勤務することが多い場合はある程度規則正しい勤務時間となります。

夕方くらいには仕事が終わるために夜はプライベートに当てることができます。こういった時間を大事にしたいという人にはおすすめです。

まとめ

ダンプカーの運転手はどういったものを運搬するのかによって仕事内容は大きく変わります。あまり広いエリアでは動かず、地場ドライバーとして勤務する場合もあれば特殊な廃棄物などを運搬する長距離ドライバーもいます。

勤務時間なども大きく変わってきますので、そのあたりも含めて考えるようにしましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

【必見】年収をあげて、待遇のよい職場に転職したい!という方へ

  • 今より年収をUPさせたい…
  • 夜勤が辛くなってきた…
  • 手積み/手降ろしが辛い…

などを感じている方に、おすすめのサービス「プレックスジョブ」


「プレックスジョブ」は、大手企業から地元の優良企業まで、幅広い企業の求人を掲載中です!

  1. 簡単1分で正社員雇用の求人を検索できる
  2. 今より年収が高く、労働条件が良い会社が見つかる
  3. 会員登録したら、スカウトも受けられる

\新着求人も続々更新中!/

プレックスジョブで求人検索する >

企業からスカウトが受けられる
【会員登録】はこちら

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • トラックのエアサスは使い方次第でこんなに楽に!エアサスとは?

    今のトラックはエアサスで様々な制御を行...
  • 東北道で仮眠を取るなら?しっかり体を休めることができるサービスエリアをご紹介!

    トラックドライバーがよく利用する東北道...
  • 大型トラックで雪道を安全に運転するための7つの注意点!おすすめアイテムもご紹介

    雪道を走行するのは非常に危険が伴います...
  • フォークリフトの履歴書の書き方とは?正式名称の書き方や、面接でのアピールの仕方

    履歴書に書かれている資格が多いことは立...
  • トラック運転手の服装はどういうのが良い?面接/仕事などタイミングごとにベストな服装とは

    トラック運転手に転職を考えている人や興...
【ドライバー採用ご担当者様へ】ドライバー特化の人材紹介サービス「プレックスジョブ」
掲載のお問い合わせはこちら