掲載をご希望の企業様はこちら

人気ピックアップトラックの燃費を比較!ハイラックス、タコマ、F-150、D-MAX、タイタンなど

ピックアップトラックは日本ではあまりなじみのない車種ですがアメリカなどでは大人気の車種です。ボンネットと荷台がついたもので大きい車両になっていることが関係しています。

しかし近年日本でも少しずつ人気が出ていることから日本でも生産販売されるものも出てきています。そこでここでは人気ピックアップトラックの燃費を比較していきたいと思います。

ピックアップトラックの燃費

トヨタ・ハイラックス

トヨタ・ハイラックスは高まるピックアップトラックの人気によって新型が販売されるほど日本を代表するピックアップトラックです。

ピックアップトラックらしい大きさと使いやすさ、乗り心地の良さを強調している車種で日本車らしさとアメリカンスタイルをうまく融合させた車でもあります。

平均燃費:12.7km/L

トヨタ・タコマ

3代目が販売されているトヨタ・タコマは大排気量にふさわしい力強さを発揮するピックアップトラックです。

2.7Lと3.5Lのエンジンを搭載するもので、その性能は、市街地8.1km/L、高速9.8lm/L、平均値で8.9km/Lほどとなっています。

目安として年間に1万kmほどを走行するのであればだいたい1100~1150Lほどのガソリンを消費することとなり、ガソリン代は14万円前後ほどが予想されています。

フォード・ F-150

こちらはアメリカの大手自動車メーカーであるフォードの新型です。

「F-150」はフォードの主力大型ピックアップトラックでもあり、特にこの車が含まれるFシリーズはアメリカでもっとも売れている車として有名です。

ピックアップトラック部門では40年近く連続で売り上げ1位を誇っています。この新型「F-150」はフルサイズピックアップトラックとして最高の燃費性能と発表されたことでも話題となりました。

ガソリンエンジン4種類。5.0リットルV型8気筒や3.5リットルV型6気筒などに加えて、「2.7エコブースト」を採用したことで力強い走行ができるだけでなく、

先代モデルから320kgもの軽量化に成功したこともあって加速性能や燃費が向上したものとされています。

2WD車の場合、EPA燃費は市街地が8km/L、高速が11km/L、複合モードが9.3km/Lとなっており、最大出力325ps、最大トルク51.9kgmと合わせて爽快感のある走行と燃費の良さを実現しました。

いすゞ・ D-MAX

こちらは日本のトラックメーカーとしても有名な「いすゞのD-MAX」です。

エンジンはすべてのタイプで直列4気筒直噴コモンレールディーゼルとなっており、2500cc、3000cc、3000ccターボの3種類があります。3000ccの平均燃費で11km/Lとなっています。

日産・タイタン

日産・タイタンはアメリカで生産、販売されているピックアップトラックですが、その人気の高さから日本に輸入されている車です。積まれているエンジンは5.6L DOHC 32バルブV8エンジンで、

最大出力は390hp/ 5,800 RPM、最大トルクは394lb-ft/4,000 RPM、牽引力は1,610~1,950lbs(4263~4417kg)、最大積載量は1,610~1,950lbs(730~884kg)となっています。

カタログ上での燃費は市街地で6.4km/L、高速道路で8.9km/Lとなっており、タイヤ空気圧監視システム(TPMS)や車両ダイナミックコントロール(VDC)などによって安全装備も万全です。

ただし実際に走行している車の燃費では2.80km/L~6.09km/Lとかなりのばらつきがあるのが目立ちます。年式や使い方によるところが多いと言えるでしょう。

ピックアップトラックの維持費

ピックアップトラックのナンバー

ピックアップトラックはその大きさから基本的には1ナンバーとなります。

ただし1ナンバーの車は毎年車検を受けなければいけないために、それを面倒に感じる人は3ナンバーで登録をするという人もいます。

ただし1年単位での税金は1ナンバーの方が安いため計算しておくことが必要です。合わせて車の大きさなど条件が適用されるかどうかを確認しておきましょう。

ガソリン代

メーカーや車種によって燃費が違っているために一概には言えないのですが、一般的には普通車よりも燃費が悪いためにガソリン代が多くかかることになります。

カタログの公開燃費を確認しておきましょう。

重量税・自動車税

ピックアップトラックの一例を見てみると、

  • 重量税
    新車登録から13年未満の場合・・・49,200円
    13年を超えた場合・・・64,800円
    18年を超えた場合・・・75,600円
  • 自動車税
    自家用車登録・・・8,000円
    営業車登録・・・6,500円

となっています。やはり重量がかなりあるということから重量税が高くなっていることがわかります。

普通車の感覚でいると思ったより高いと感じてしまうかもしれません。自動車税は用途によって変わってきます。営業車として登録していると少し安くなります。

自賠責保険

  • 自賠責保険

日産タイタンを新車購入の場合は2年で24,900円となります。ただし車両の大きさなどによってはさらに高くなることもありますので事前に確認しておきましょう。

ちなみに任意保険に関しても1ナンバーの車は3ナンバーの車よりもかなり高くなる傾向にあります。これはやはり「事業用」として考えられることが影響していると言えます。

高速代

1ナンバーの「普通貨物自動車」は高速道路では「中型車」という扱いになります。そのため普通車として登録される3ナンバーよりも高速料金は高くなります。

また、1ナンバーの中型車は休日割引などが適用されませんのでどうしても高い料金を支払わなければならないことになります。

日本でピックアップトラックが少ないのはなぜ?

維持費は高い?高くない?

日本でそれほど出回っていないということもあるピックアップトラックは維持費が普通車よりも高くなっています。

これは普通車よりも燃費が高いということ、高速料金などが高いということ、任意保険が高くなるということが関係しています。

また、それだけではなく、販売されている種類が少ない、出回っている数が少ないということから故障・修理が必要になった場合などは部品が取り寄せになることが多くなっています。

そのため修理に時間がかかる、費用がかかるということになるのです。それを嫌がる人はピックアップトラックを利用したくないと感じるでしょう。

住宅・道路事情

そもそも日本の車がアメリカで人気なのにアメリカの車が日本ではそれほど人気にならないのはこれが大きく関係しています。

アメリカの車は多くが「大きい、頑丈、燃費が悪い」というものになっています。日本は道幅が狭く、駐車場なども狭いものが多いためにそもそもアメリカ車に向いていないのです。

そのため日本では軽自動車や普通車でも燃費が良いもの、小回りがきくものが人気となっているという現状があります。ピックアップトラックの大きさが日本では受け入れられにくいのです。

アメリカのピックアップトラック事情

アメリカでは広大な土地、広い駐車場という環境のためにピックアップトラックの大きさはまったく問題になりません。

また、アメリカではピックアップトラックを維持していくための税金も安いというメリットもあります。

郊外に住んでいる人などは一度に大量の荷物を買い込むためにピックアップトラックの積みやすい荷台は魅力的なのです。

こういった理由もあってアメリカではピックアップトラックが人気となっているのです。

まとめ

ピックアップトラックは日本ではそれほどなじみがなかった車ですが少しずつ人気が上昇してきています。

そのなかでやはり気になるのが燃費や維持費です。普通車よりは燃費が悪いというデメリットはありますが、その大きさや力強い走りは魅力的だと言えるでしょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • 大型トラックの上手な曲がり方のコツとは?カーブ時に気をつけるべきポイント

    大型トラックは乗用車と違い、車体も大き...
  • フォークリフトの上手な乗り方・職場で信頼されるリフトマンになるためのコツとは

    フォークリフトは運送業、倉庫業などによ...
  • 0ナンバーの車は大特建設車両!ナンバープレートの見分け方、意味を解説!

    車のナンバープレートは運転免許証のナン...
  • 運送会社の給料っていいの?サラリーマンとは違う運送会社の給料の仕組みを解説します!

    給料は、仕事をする上で最も重要な要素の...
  • フルトレーラーの寸法/サイズを知りたい!高さ/幅/長さなどを徹底解説!

    フルトレーラーの寸法は年を追うごとに大...