掲載をご希望の企業様はこちら

トラック運転手がきついと思う人と思わない人の違いとは?人による大変さの違い

こらからトラック運転手の仕事を始めようと考えている方からすると、実際にドライバーがどのような時にきつかったり辛いと感じているのか気になるのではないでしょうか。

そこで今回は、トラック運転手が実際に「きつい、辛い、大変」と感じていることをご紹介させていただきますので、ぜひ転職の際のご参考にどうぞ。

勤務時間が不規則である

トラック運転手は交通状況や取引先の状況によって勤務時間が左右されがちであるため、どうしても勤務時間が不規則になりがちです。そこで勤務時間が不規則になってしまう原因をご紹介します。

荷物や到着時間によって出勤時間が変わる

毎日同じ目的地に運搬する定期便の場合は出勤時間は大きく変わることはありませんが、日によって荷主が変わる場合、場所も時間も違うために出勤時間も不定期となります。そのため体のリズムが掴みにくく、体調を崩しやすくなることも。

荷主の到着時間の指定がある

トラック運転手は決められた時間までに目的地へ運ぶことができなければ取引先に多大な迷惑をかけてしまいます。そのため、荷主が指定した時間であればたとえ早朝でも深夜でも関係無く走ることもあります。

長時間の待機時間もある

目的地に着いても、トラックが渋滞している場合すぐには荷物を下すことができず、待機しなければいけない状況も発生します。

しかも倉庫が空いているかも自分で確認しなけらばいけないため、待ち時間に仮眠をとることができずに、ひたすら起きていなければいけません。

睡眠時間も不規則

トラック運転手は荷物を運び終わらないと仕事を終えることができません。そのため、勤務時間が仕事の終了時間に左右され、結果的に満足な睡眠を取ることもできない状況になることも。

また、長距離の場合はサービスエリアでの仮眠にとどまることもあり、勤務によっては満足に睡眠も取れないこともあるでしょう。

交通状況にも左右される

公道を使用して仕事をしているため、どうしても行き先の交通状況に左右されがち。特に渋滞に巻き込まれることはよくあり、その先のスケジュールが大きくずれ込んでしまい、納品時間に間に合わせるために休憩を削り、さらに大きなストレスの要因になります。

体力面や精神面の疲労が大きい

トラック運転手は体力面や精神面の負担が大きとも言われており、その理由をご紹介します。

手積み、手下ろしがある

大きな荷物の積み下ろしはフォークリフトでの積み下ろしをすることがほとんどですが、フォークリフトが使えない荷物やコンビニやスーパーなどへの納品時はたくさんの食品が入った箱を運搬するためには一つ一つ手作業で行わなければいけません。

そのため、トラック運転手は腰を痛めやすくきついとも言われます。

長時間の運転は体力的に厳しい

長距離のトラック運転手となると労働時間のほとんどが運転となります。厚生労働省で定められている連続運転時間は最大4時間が限度となっていますが、30分以上休憩を取ればまた4時間の連続運転は可能です。

ですが、長時間運転は常に周りに気をつけておかなければならず、非常にストレスが溜まりやすいです。さらに長時間同じ姿勢を続けるため、体のいたるところに負担がかかり、かなりきつくなります。

1日の拘束時間が長い

トラック運転手は荷物の積荷中の待機時間も発生するため、1日の拘束時間が長くなる傾向があります。さらに、繁忙期になると朝から深夜までトラックに乗ることもあり、長距離便の場合には配送先まで丸一日以上かけて移動することも珍しくなく、非常に長時間の勤務をすることになります。

車のサイズが大きくなるほど気を使う

特に大型トラックでスーパーなどへのルート配送となると街中を走らなければいけません。そのような状況では常に周囲の状態に気を配らなくてはいけないため、運転手の負担は大きくなる一方です。

運転手不足で連続勤務になることもある

ネットでの商品販売が増え、運搬の仕事は多くなっているのにも関わらず、トラック運転手の高齢化が進み、運転手不足が進んでいます。そのため、運転手一人が担当する仕事が多くなり、どうしても連続勤務になりがちであり、心身の負担が増えやすくなります。

どんなにきつくても運転手を続けることができる理由

トラック運転手の仕事がきついとご紹介しましたが、トラック運転手の仕事は、日本の運搬の9割を担っており、日本の物流を支えていることを間近で感じることができる仕事でもあります。

また、トラック運転手であることの最大のメリットは、1人でいられる時間が多いことがあげられます。

そのため人とのコミュニケーションをとるのが苦手な人や、運転するのが好きな人には向いている仕事であるとも言えるため、やりがいを持って仕事をすることができるでしょう。

まとめ

トラック運転手の仕事はきついことがわかったと思います。しかし、きつい仕事であるが故に給与面がよくなることがほとんど。

そのため、トラック運転者に転職を希望している人は、

  • 自分がどれくらいの給料が欲しいのか
  • どれくらいのきつさの仕事ができるのか

といったことをしっかりと考えて決めましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • 2tトラックの燃料タンクの容量はどのくらい?有名メーカーの車種別に比較してみた

    2tトラックは事業者だけではなく個人で...
  • タンクローリーの大きさ/サイズってどれくらい?用途別で大きさが違う!

    タンクローリーはどの車両も同じ大きさに...
  • 東北道で仮眠を取るなら?しっかり体を休めることができるサービスエリアをご紹介!

    トラックドライバーがよく利用する東北道...
  • 運送会社で働くドライバーの労働時間・改善基準告示のポイントをわかりやすくご紹介

    運送会社で働くドライバーの労働時間は、...
  • 陸送とは車両を陸上で輸送すること!陸送のメリットデメリットも解説!

    陸送という文字を目にする機会が。多くな...