掲載をご希望の企業様はこちら

大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

大型トラックは一定の速度以上は出せないという仕組みになっています。それはスピードリミッターの装着が義務付けられていることが関係しています。

ではこのリミッターはなぜ付けられているのでしょうか。また、解除することはできないのでしょうか。ここではスピードリミッターについて紹介していきたいと思います。

大型トラックのスピード制限について

普通は一般道では時速60km、高速道路では時速100kmが最高速度とされていますが、大型トラックは違っています。一般道路では時速60kmなのは変わりませんが、高速道路では時速80kmが最高速度と定められています。

これを超えるとスピード違反ということになります。これは大型バスや中型トラックなどには定められていないもので大型トラックだけが対象となっています。

また、出せばスピード違反になるのですが、スピードリミッターが付いているとシステム上速度が出ないということもあります。

大型トラックのスピードリミッターについて

スピードリミッターとは?

高速道路で速度超過の大型トラックが事故を起こした場合は大規模な事故になることが多くなっています。

そういった事態を受けて平成15年9月にスピードリミッター(速度抑制装置)を装着することが義務付けられました。このスピードリミッターが作動することによって時速90km以上は出せません。

装着の義務化

「最大積載量5t以上または車両総重量8t以上」の大型トラックはスピードリミッターの装着が義務化されています。バスや中型トラックでは大型トラックほどの事故件数が発生していなかったために装着は義務化はされていません。

この装着は法令で定められているものですので、装着していない場合は違反ということになります。また、装着されていないものを解除した場合は「不正改造」ということになります。

90km以上出ているトラックが!

スピードリミッターが装着している大型トラックは時速90km以上は出ないようになっているために高速道路では「遅い」と思われることもあります。

大型トラックが大型トラックを追い越す場合も同じような速度のためになかなか追い越すことができません。しかし高速道路を走行しているとあきらかに時速90km以上で走行している大型トラックを見ることがあります。

これは明らかに不正改造によってリミッターを解除しているトラックだと考えられます。

警察に見つかれば当然すぐに検挙されますし、一般車に通報されるということもあります。どちらにせよ、すぐにばれる可能性が高いために避けた方が良いでしょう。

大型トラックのリミッター解除は可能だが…

違法改造による通報

まず不正に改造していることを整備士などが発見した場合はそこから通報されることがあります。また、一般車などからもスピードが明らかに出ている大型トラックは見ればすぐにわかりますので通報を受けることがあります。

未装着では車検に通らない

大型トラックのスピードリミッターは装着が義務付けられているものですので、装着されていないと車検を通すことができません。装着していなかった場合は、整備士から装着するように指示を受けることになるでしょう。

解除による罰則とは?

理論的には解除することはできるのですが、解除は不正改造に当たるためれっきとした違法行為なのです。不正改造を行うと事業者に対して「6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金」という罰則がかけられます。

そして不正改造を正すように改善指示が出ます。改善指示が出ると15日以内に改善を行う必要があります。もしこの間に改善しなければ「50万円以下の罰金」が加えられることになります。

そしてこれは事業者だけではなくドライバーに対してもかかってきます。

ドライバーは「3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金」という罰則になり、ドライバーの記録にも残ることになります。不正改造を行うのはデメリットしかないと言えます。

大型トラックのリミッター解除は整備命令の対象に!

上記のように整備改善指示が出されるために結局はすぐに改善しなければいけないことになるのがリミッター解除です。

また、こういった不正改造は違法行為ですので公になると会社としての信用を大きく失うことになります。これはそれからの取引、ビジネスにも影響してきてしまうデメリットとなっていくでしょう。

まとめ

大型トラックのリミッター解除は物理的に行うことはできるものの、不正改造となるために罰則も重く、デメリットが多い行為です。

また、ドライバーや周囲の車の安全にも影響してくるために絶対にしてはいけないことだと認識しておきましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • トラック協会で受診できる初任診断とは?受信するための手続きの流れ

    トラックドライバーとして仕事が決まった...
  • タンクローリーの種類と特徴とは?積み荷の種類についても解説

    タンクローリーを運転している人にとって...
  • 大型トラックのギアチェンジ難しい?スムーズなギアチェンジの方法教えます!

    大型トラックのギアチェンジは難しい?そ...
  • ダンプカーの構造/仕組みはどうなってる?知っておきたい名称や種類を解説

    ダンプカーは、積荷を降ろしやすいように...
  • 物流業や倉庫業の荷降ろしはきつい?荷物の積み下ろしを楽にする為の方法とは

    物流業界で働くことを検討されている方は...