軽トラの荷台に人を乗せるのはOK?NG?引越し助手が3人以上必要な場合などの荷台に乗せる事のできる人数/条件とは

軽トラの荷台に人を乗せるのは、原則的に違法とされています。しかし荷物の監視等の必要性があれば、荷台に人が乗ってもよいことになっています。

ではその場合の人数や注意点にはどのようなものがあるのでしょうか。

軽トラの荷台に人を乗せるには?

軽トラの荷台に人を乗せるのは原則的にNG

車両への乗車、また積載については道路交通法で次のように定められています。

「第55条 車両の運転者は、当該車両の乗車のために設備された場所以外の場所に乗車させ、又は乗車若しくは積載のために設備された場所以外の場所に積載して車両を運転してはならない。

ただし、もっぱら貨物を運搬する構造の自動車(以下次条及び第五十七条において貨物自動車という)で貨物を積載しているものにあっては、当該貨物を看守するため必要な最少限度の人員をその荷台に乗車させて運転する事ができる。」とあります。

そういった事から原則的には人が乗車できるのは乗車のために設備された場所(キャビン内)と。いう事になります。

基本的には軽トラの荷の人を乗せるのはNGですが、荷物の見張りなどでやむ終えない場合は必要最低限の人数ならOKという事です。

ただし荷物の監視はOK

この条文にはただし書きに定めがあるように、貨物自動車で貨物を運搬している場合は看守のために必要な最少限度の人数は荷台に乗ってもかまわないとあります。

この場合、貨物を搭載している事が要件になりますので、人だけで荷台に乗ることはできない、という事になります。

例えば軽トラの荷台に人が乗っている状況は引っ越しなどで見かける時があります。これは引っ越しの荷物の看守(見張り)という事で荷物が乗っている状態なのでOKという事になります。

ですがこの原則論に則って厳格にこの条文を交通量の少ない場所でも適用してしまっては色々不都合も出てきます。そこでこの条文には例外規定が設けられています。

軽トラの荷台に人だけ乗せられる?

荷台の載せられるのは、貨物の看守の場合に限られるのですが、例外の規定があります。

第56条第2項 「貨物自動車の運転者は、出発地警察署長が道路又は交通の状況により師匠がないと認めて人員を限って許可をした時は前条第一項の規定にかかわらず、

当該許可に係る人員の範囲内で当該貨物自動車の荷台に乗車させて貨物自動車を運転する事ができる」とあります。

出発地警察署長の許可があれば、許可の範囲で荷台に人のみを乗車させて運転する事ができるようになっています。この荷台乗車許可申請は以下の要領で行います。

  • 申請時期:事前に
  • 申請する人:運転手
  • 申請先:出発地の警察署長
  • 必要なもの:印鑑のみ

申請書は警視庁のホームページで閲覧及びダウンロードする事ができます。

軽トラの荷台に人が乗るときの注意点

シートベルトについて

シートベルトについて運転者は、シートベルトをつける義務がありますが、荷台に乗っている助手にはそのような義務はありませんし、そもそもシートベルトがついていませんので付けようがありません。

ただ転落防止義務はあるので、くれぐれも落下しないように気をつけなければなりません。

当然運転者も運転には最新の注意が必要になります。荷台に乗っている人としっかりコミュニケーションをとりながら、慎重に運転しましょう。

軽トラの荷台に乗せられる人数

軽トラに人を乗せられる人数は法律によれば、最小限の人数という事になっています。貨物の量や荷物の大きさに合った、必要な最低人数が軽トラの荷台に乗れる人数の目安です。

通常では一人、荷物が特に多い場合でも3人以内になります。

軽トラの荷台に人を乗せて運転する場合には厳密な条件があります。もし条件を満たしていない場合は乗車積載法違反になりますので注意が必要です。

私有地なら荷台に乗っても大丈夫?

軽トラに人を乗せる場合、貨物を乗せていて、それを抑えるために必要な最少の人数ならOK、人だけが荷台に乗る場合は出発地警察署長の許可がいる事は先述しましたが、それが仮に私有地ならどうなのでしょう?

道路交通法で規定しているのはあくまで、公道です。この法律は私有地には適用されませんので私有地では軽トラの荷台に人だけで乗っても問題はない、という事になります。

お祭りで荷台に人が乗るのは?

お祭りなどで軽トラの上に人が乗っているのを目にする事があると思います。これは違反ではないのでしょうか?お祭りの場合は出発地警察署長の許可が下りる可能が高く、問題はないという事になります。

ただ転落防止義務がありますのでスピードを落として慎重に運転しなければなりません。

軽トラの荷台に人を乗せての高速走行

荷物の落下防止のため軽トラの荷台に乗る事は問題ないという事は先述しましたが、これが高速道路だった場合はどうなのでしょうか?結論から言いますと、これも問題なしという事になります。

これは公道の場合と同様で荷物の落下防止のためであれば基本的には合法で問題ない、という事にはなります。ただ高速道路で何らかの事故があれば命に関わります。できるのであればそういった行動は自粛した方が良いでしょう。

軽トラの荷台の人に保険は下りる?

通常、搭乗者傷害保険は運転席、助手席のシートに乗っていなければ適用されませんので、荷台に乗っている人は適用されません。

荷物の見張りや許可を取った場合は荷台に人を乗せても法的には問題ありませんが、何かあった時、保険の適用は難しいでしょう。これは私有地で事故を起こした場合も同じですので注意しましょう

軽トラの荷台にペットを乗せるのは?

公道で軽トラに人を乗せるのは原則禁止という事になっていますが、例えば、これがペットだった場合はどうなるのでしょうか?

法律上、動物は積載物とみなされますので、基本的には乗せても大丈夫という事になります。

ただ軽トラの最大積載量は350kgとなっていますので、その範囲内でなら、という事になります。また生き物なのでゲージに入れたりしっかり固定するなど、落下防止に努めなければなりません。

まとめ

今回の記事では軽トラックの荷台に人を乗せる事は可能なのか、について解説してきました。基本的には違反なのですが、荷物の運搬目的や許可を取れば問題なしになるという事でした。

ただトラックの荷台に人を乗せるという事は危険で、リスクのある行動には違いありません。出来るだけそういった状況にならないよう心がけたいものです。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

【必見】年収をあげて、待遇のよい職場に転職したい!という方へ

  • 今より年収をUPさせたい…
  • 夜勤が辛くなってきた…
  • 手積み/手降ろしが辛い…

などを感じている方に、おすすめのサービス「プレックスジョブ」


「プレックスジョブ」は、大手企業から地元の優良企業まで、幅広い企業の求人を掲載中です!

  1. 簡単1分で正社員雇用の求人を検索できる
  2. 今より年収が高く、労働条件が良い会社が見つかる
  3. 会員登録したら、スカウトも受けられる

\新着求人も続々更新中!/

プレックスジョブで求人検索する >

企業からスカウトが受けられる
【会員登録】はこちら

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • トラック運転手が注意するべき道路標識とは?一般車向けとの違い

    道路には一般車向けの標識とは別に、トラ...
  • ゴミ収集車のお値段はおいくら?新車・中古パッカー車の価格相場はいくらぐらい?

    毎日街のどこかで頻繁に見かけるのがゴミ...
  • 白ナンバーダンプは違法じゃないの?白ナンバーと緑ナンバーの違いをご紹介!

    白ナンバーのダンプをよく見ることがあり...
  • 4tトラックのオイル交換のタイミングはいつ?交換時期の目安と注意点

    4tトラックは、定期的にオイル交換をす...
  • 0ナンバーの車は大特建設車両!ナンバープレートの見分け方、意味を解説!

    車のナンバープレートは運転免許証のナン...
【ドライバー採用ご担当者様へ】ドライバー特化の人材紹介サービス「プレックスジョブ」
掲載のお問い合わせはこちら