掲載をご希望の企業様はこちら

大型トラックのカーテンの付け方 - カーテンレールを上手につけるためのコツとは?

トラックで長い時間を過ごすことが多いトラックドライバーにとって、カーテンは休憩時や仮眠時になくてはならないものです。

そんなカーテンのつけ方や選び方について紹介していきたいと思います。

大型トラックにカーテンをつける際に準備するもの

カーテン

まずカーテンを選ぶことになりますが、いくつかのポイントがあります。

  • ノーマルタイプかハイルーフタイプか
  • 遮光効果がどれくらいあるものか
  • そのトラックに合った形状、長さ、幅かどうか
  • 値段に見合ったものかどうか

ということです。特に遮光効果は重要で、安いカーテンにはほとんど遮光効果がなく、せっかくカーテンを付けてもまったく意味がないという場合があります。

あまりにも安いものには注意が必要です。多少高くても効果がしっかりとあるものを選びましょう。

カーテンレール

最近販売されているトラックにはほとんど標準装備されていますが、以前の型などの場合は付いていないこともあります。

付いていなかった場合はカーショップやトラック用具専門店で購入するようにしましょう。

カーテンランナー

カーテンを引っかける部分で開け閉めに利用するものです。こちらはカーテンレールを購入するときにセットになっている場合がほとんどです。

もし付いていない場合は仕様が合っているかどうかを確認して購入する必要があります。

ドライバー

新たにカーテンレールを付けるためのものです。手動ではなかなかしっかりと付けることができないため、ビスを止めることができる電動ドライバーが良いでしょう。

テープ・ガムテープ

一度電動ドライバーなどで穴を開けると取り返しのつかないことになりかねません。マーカーなどで印を入れるか、テープなどで位置を確認しておくのが良いでしょう。

レールを仮止めするのにはガムテープを利用すると便利です。

大型トラックにカーテンをつける方法

取り付け場所を決める

まずは水性のマーカーやテープなどを使って取り付け場所を確認しておきます。この位置がずれてしまうと後でやりなおすことになるので位置を決めるのは慎重に行いましょう。

カーテンレールを仮止めする

そしてカーテンレールを取り付けていくのですが、いきなり付けてしまうと失敗した時にやりなおせないので、まずは仮止めします。

ガムテープなどを使って位置を決めて固定していきましょう。

カーテンレールをつける

カーテンレールを取り付けていきます。最近のトラックの運転席の天井部分は形が一定ではありませんがカーテンレールを取り付けることができるようになっていることがほとんどです。

角度に注意しながら電動ドライバーでビスを止めていきましょう。

カーテンの取り付け

カーテンをカーテンランナーに取り付けて完了ですが、取り付ける際に「表と裏」に注意しなければいけません。

柄があるカーテンなどは外側に柄がくるようにしますし、遮光カーテンは表と裏がありますので間違えないようにしましょう。

大型トラックにカーテンをつけるときの注意点

窓ガラスにカーテンレールをつけてはいけない

カーテンを付けることは問題ないのですが、いくつか注意しなければならないことがあります。まず窓ガラスの部分に直接カーテンレールを取り付けてはいけません。

操作時に破損する可能性もあり非常に危険です。しっかりと天井部分に装着し、窓ガラスの開閉の邪魔にならないようにするのがポイントです。

運転時にはカーテンを開ける

これも法令で決まっていることですが、カーテンは運転中は必ず開けておかなければいけません。まぶしいからと閉めたまま走行するのは法令違反となります。

また、運転席側のカーテンが閉まっていると横や後方の状況が確認しづらく事故の可能性が高まります。必ず開けて運転するようにしましょう。

まとめ

トラック内で休憩したり仮眠したりすることが多い大型トラック、長距離トラックなどではカーテンは必需品とも言えます。

正しく付けて、使い方を守ることで快適な車内空間を作ることができるでしょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • 大型トラックのタイヤ寿命はどれくらい?長持ちさせるコツや擦り減りを軽減する方法とは

    大型トラックを所有している方や、購入を...
  • 中卒者のためのハローワーク活用法 - 学歴で書類選考で落ちてしまう場合のハローワークの使い方

    中卒だと正社員に就けないのではないか?...
  • ゴミ収集車のお値段はおいくら?新車・中古パッカー車の価格相場はいくらぐらい?

    毎日街のどこかで頻繁に見かけるのがゴミ...
  • 運送会社で働くドライバーの労働時間・改善基準告示のポイントをわかりやすくご紹介

    運送会社で働くドライバーの労働時間は、...
  • 大型トラックの自動車税はいくらくらいかかる?その内訳と計算方法

    大型トラックの所有者、または使用者には...