掲載をご希望の企業様はこちら

2tトラックのオイル量はどれくらい?エンジンオイルの重要性とは

普通車でもトラックでもエンジンオイルは車を動かす上で重要な役割を果たすものです。その量や新鮮さがポイントになってきます。

そこでここでは2tトラックの適切なエンジンオイル量やどれくらいの時期に交換するものなのかについて紹介していきます。

エンジンオイルの重要性

エンジンは車を動かす莫大なエネルギーを生み出します。そこには高温の熱が発生し、うまく扱わないとエンジンが焼き付いてしまいます。そのエンジンの焼き付きを防止するのがエンジンオイルです。

同時にそのエネルギーをスムーズに移動させていくのもエンジンオイルの役割です。このようにエンジンオイルは車を動かす際に重要な役割を果たすのです。

 

2tトラックのオイルの量は?

自動車はサイズが大きくなるとそれにつれてエンジンオイルの量も増えていくことになります。

メーカーや車種によって多少の差はありますが、大まかに

  • 2tトラック・・・8ℓ
  • 4tトラック・・・12ℓ
  • 大型トラック・・・30ℓ前後

が目安となります。車によって適切な量がありますので、仕様書などの指示に従うようにしましょう。

エンジンオイル交換をしないと?

燃費の悪化

エンジンはガソリンを燃焼させてエネルギーを生み出す際に多くのホコリやゴミ、カスのようなものが出ます。放っておくとこれがエンジンに詰まっていき、エンジンの性能を低下されていくことになります。

エンジンオイルはこの汚れを取って溜めていくことができます。当然エンジンオイルはどんどん汚れていきますので、いつまでもエンジンオイルを交換しないとまたその汚れが付着していく可能性があるのです。

結果的に燃費は悪くなっていき、最悪の場合はエンジントラブルを起こすこともあります。

エンジンの焼き付き

エンジンはエネルギーを生み出す際にかなりの高温となります。その熱を正しく流していくのもエンジンオイルの役目です。ここがスムーズに動かなければエンジンが熱を放出できずに焼き付いてくる恐れがあります。

発火

エンジンが焼き付いてきたり、汚れがエンジンの内部に入り込むことでエンジントラブルが起こる可能性があり、その状態では発火する恐れもあります。

近くにはエンジンやエンジンオイルがあるために大きな事故になる可能性が高く、非常に危険だと言えます。

2tトラックのエンジンオイル交換の目安

2tトラックや4tトラックはだいたい15000km、大型トラックであれば20000kmを目安に交換すると良いとされています。

また、エンジンオイルを交換するときにはオイルフィルターの交換も同時にしてしまうのが良いでしょう。エンジンオイルを新しいものに換えてもオイルフィルターが汚れていると結局すぐにダメになってしまいます。

それほどコストがかかるわけではありませんのでこれも換えてしまうのがおすすめです。

2tトラックエンジンオイル点検時の注意点

エンジン停止した状態で

エンジンオイルを点検する際にはエンジンを停止させて、高温ではない状態の時に点検を行います。

目視、および点検器具を使って行うのですが自動車知識にあまり自信がないという場合はプロに任せるほうが良いでしょう。

交換自体も自分で行うことは可能ですが、それほど費用がかかるものでもありませんので失敗するリスクのことを考えるとプロに任せてしまう方が確実だと言えます。

燃料と混ざり増えることも

もともとエンジンオイルは2tトラックでも8ℓ、大きなトラックではそれ以上入っていますのでかなりの量があります。

正しく点検を行っていれば問題はありませんが、下手に行ってしまうと燃料と混じってしまったりすることがあります。自分で行う際には細心の注意が必要です。

始業前点検で他の点検も忘れずに!

トラックを運転する際にはエンジンオイルだけでなく、ブレーキオイルやミッションオイルなど点検すべきところがいくつもあります。安全に運転を行うためにもこういった始業前点検はしっかりと行っておきましょう。

まとめ

エンジンオイルの適度な交換は安全に運転するためにも燃費を落とさないためにも重要なことです。距離や前に交換した時期を目安にしながら適切に交換するようにしていきましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • デジタコの基本的な操作方法・デジタコは監視?ドライバーにとってデジタコのメリットとは

    デジタコはいったい何のために装着しなく...
  • キャリアカーに必要な免許とは?キャリアカーの種類別に解説

    キャリアカーを運転する際には車種に適し...
  • 大型トラックの寝るスペースを超快適にするアイテム15選!寝具は布団派?寝袋派?

    大型トラックは長距離の輸送を頻繁に行っ...
  • 8ナンバーのトラックは税金がお得?8メリットと注意点について解説します

    個人で運送業を行っていると、少しでも維...
  • 10tトラックの燃費はリッターどのくらい?燃費向上の方法とコツ

    大型トラックに乗っていると、思っている...