掲載をご希望の企業様はこちら

【転職検討者必見】プロパンガスの配送に必要な資格・免許とは?

プロパンガス配送の仕事には、大きく分けて、産業用、事業用などの大口配送と家庭用の小口配送があります。

大口配送の仕事をする場合は、バルクローリーの運転免許と高圧ガス移動監視者、小口配送には準中型以上の免許と保安業務員などの資格が必要となります。

ここではプロパンガスの配送に必要な資格について紹介していきたいと思います。

プロパンガスとは

プロパンガスと都市ガスの違い

プロパンガスと都市ガスの違いから説明すると、使用されている場所によって違うと思っている人がいますが、それだけではありません。

たしかに都市部では都市ガスが、地方ではプロパンガスが使用されることが多いのですが、基本的にガスの成分や原料が違うのです。

都市ガスはメタンが主成分であり、天然ガスを原料として作られています。プロパンガスはプロパンやプタンが主成分で液化石油ガス(LPガス)を原料としているガスです。

また、都市ガスとプロパンガスの大きな違いに供給方法というものがあります。

都市ガスは電気や水道などと同じようにガス導管が家庭についていて、ホースをつないで元栓を空ければ使用できるようになります。

それに対して家庭で使用するプロパンガスは液化されたLPガスを容器に入れて、その容器を各家庭に配送するという形で供給されます。

プロパンガス配送の仕組み

日本では国内で使用される液化石油ガスはほぼ輸入でまかなっています。

そのためまず港に到着しますので、そこからそれぞれの地域の充填所まで大型タンクローリー(パルクローリー)で運ばれることになります。

そこから家庭に向けてはガスボンベ20kg(高さ80cm)と50kg(高さ140cm)の2種類で配送されることになります。

プロパンガスのバルク配送に必要な資格

中型・大型免許

 

大口の輸送をする際には中型免許、大型免許、トレーラーの場合は牽引免許などが必要になってきます。中型のものもあるのですが、ほとんどが大型になるため大型免許を取得しているのが無難です。

高圧ガス移動監視者

プロパンガスの配送ですが、大口の輸送をするためには「高圧ガス移動監視者(液化石油ガス)」が必要となります。

これは質量が3000kg以上のプロパンガスを配送する際に必要となるものです。講習は「移動監視できる高圧ガス」の講習を受けることとなります。

2日間の講習で、法令に関して3時間、学識と保安管理技術に関して11時間の講義を受ける必要があります。講習を受けて検定試験を受け、合格すれば資格取得となります。

この講習は年に4回、全国15ヶ所ほどで開催されており、講習費用は11400円+テキスト代がかかります。

充てん作業者

LPガスのバルク供給設備への充てん作業を行うのに必要な資格です。

「製造保安責任者免状」を持っていてLPガスの移動式製造設備による製造の経験が1年以上ある場合は受講科目の一部が免除となります。3日間かけて講義が14時間、実習が6時間あります。

一部免除者は2日間で講義のみ10時間となります。普通に受講する場合は筆記試験15400円と実習費27400円が、免除される場合は筆記試験11600円がかかってくることになります。

プロパンガスの個別配送に必要な資格

中型・準中型免許

家庭などにプロパンガスのボンベを個別配送する際には2~4tトラックが多く利用されています。そのため中型免許や準中型免許が必要となってきます。

また、平成19年6月までに普通免許を取得している場合はそれらのトラックを運転することができるため問題ありません。

第二種販売主任者

プロパンガスの販売を行うためには「第二種販売主任者」の資格が必要となります。

この資格を取得していると一般家庭用のプロパンガス販売所の業務主任者、もしくは業務主任者代理に選ばれることができるようになります。

また、工業用のプロパンガスの販売主任者に選ばれることができるようにもなります。

保安業務員

プロパンガス設備工事を行うためには「液化石油ガス整備士」の資格が必要になりますし、プロパンガス設備保安点検を行うためには「保安業務員」の資格が必要となります。

これらの資格は勤務している人のステップアップの資格として利用されています。

未経験からプロパンガス配送の仕事に就くには

運転免許は取得しておいたほうがよい

仕事を始めてから資格を取得できるということもあるのですが、運転免許に関してはできるだけ入社前から取得しておいた方が良いでしょう。

教育・支援制度のある会社が多い

ガスの点検などの資格については入社後に取得していくというケースがあります。

会社によってはそういった資格取得について支援してくれる体制が整っていることがありますので、できればそういった教育・資格取得支援制度がある会社がおすすめです。

まとめ

プロパンガスは誰でも運べるというものではないので、配送の仕事をするには資格が必要となります。

その分、給料は高めに設定されている仕事でもありますので、興味がある人はぜひ資格取得を目指してみましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • トラック運転手がきついと思う人と思わない人の違いとは?人による大変さの違い

    こらからトラック運転手の仕事を始めよう...
  • ゴミ収集車のお値段はおいくら?新車・中古パッカー車の価格相場はいくらぐらい?

    毎日街のどこかで頻繁に見かけるのがゴミ...
  • トラックのエンジンのオーバーホールにかかる費用はいくらぐらい?オーバーホールで性能はあがる?

    トラックのマフラーから白煙や黒煙が出て...
  • トラックのエアサスは使い方次第でこんなに楽に!エアサスとは?

    今のトラックはエアサスで様々な制御を行...
  • 塵芥車(パッカー車)の耐用年数の計算方法を解説!耐用年数・減価償却率とは?

    トラックを購入する際に気になるのが耐用...