掲載をご希望の企業様はこちら

トラック運転手の将来性について ~ 物流業界の過去・現在・未来の市場の傾向など

トラック運転手の仕事がしたいけど、この先トラック運転手の将来性はあるのという心配も多いと思います。

特に最近はインターネットやAIといった言葉もよく聞く中、物流業界の仕事にまで影響を及ぼされ、トラック運転手の仕事にまで影響するのではないのか?という心配も出てくるでしょう。

そこで、トラック運転手に興味がある方に向け、物流業界の現在から、トラック運転手の将来性についてご紹介します。

物流業界の市場傾向は?

物流業界の市場傾向は年々拡大傾向にあり、トラック運転手としての仕事はますます増えていくと考えられます。なぜなら直近では2020年には東京オリンピックが開催されることで、消費需要の拡大による物流の活発化が考えられます。

さらにインターネットの普及により個人向けの通信販売が拡大しているため、小口・多頻度の輸送ニーズは高まっています。そのため、今後も社会は発展を続けることでますますIT化が進むことが予想されますが、それに伴い物流業界の担う役割も大きくなっていくため、売り上げは伸び続けていくでしょう。

また、将来人口知能が発達して働き方に大きな影響を及ぼすとも言われており、物流業界でも人口知能が使われることがあるかもしれません。

それによって物流の仕組みは大きく変わるかもしれませんが、荷物の輸送に関しては結局人の手で行うことに変わりありません。もちろんトラックでの輸送も欠かすことができないため、この先すぐにはトラックドライバーの仕事が失われることはないでしょう。

物流業界は人手不足に悩まされている

現在運送業界では深刻なトラック運転手の人手不足に悩まされています。その大きな理由は人手に大きな変動がないが、仕事量が増えているため起きていることがわかります。

なぜなら近年ではネットでの通販や宅配サービスが増えてきており、運ぶ量が確実に増えたからでもあります。

また、今後さらに人手不足を助長する要素として、トラック運転手の高齢化が考えられます。運送業では労働者の高齢化が特に進んでおり、40代~50代前半といった中年層の占める割合が他の業種に比べて非常に高いとも言えるでしょう。

さらにトラック運転手の人手不足を助長する原因として、トラック運転手はキツくて過酷な職業というイメージがついているとも考えられます。しかし、現在は企業の制度の改革や大手企業の努力によってかなり改善されつつあります。

荷降ろしなど業務上力仕事が増えてしまうことはありますが、他の企業に比べて特別キツいというわけではないでしょう。

まとめ ~トラック運転手に将来はあるの?~

インターネットの普及によって通信販売やネットでの商品のやりとりが増えた現在、小口の輸送業界の重要はますます大きくなってくるでしょう。

また、物流の需要が伸びてくる一方で、今後トラック運転手自体深刻な人手不足に悩まされることも予想されます。

そのため、トラック運転手の仕事の需要はますます増え続けることと考えられることからトラック運転手の将来性はまだまだあるということになりますね。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • 【例文あり】ルート配送の志望動機はどう書く?履歴書の志望動機の書き方

    ルート配送の仕事へ就職/転職をご希望の...
  • トラック運転手がきついと思う人と思わない人の違いとは?人による大変さの違い

    こらからトラック運転手の仕事を始めよう...
  • 軽トラックの積載量はどのくらい?最大積載量・積める荷物の長さ・幅を徹底解説!

    軽トラックは日本だけじゃなく世界中で人...
  • 運送業の仕事に必要な資格12選!転職・就職・独立開業におすすめの資格と免許

    運送業界で仕事がしたいと思うなら、車の...
  • 0ナンバーの車は大特建設車両!ナンバープレートの見分け方、意味を解説!

    車のナンバープレートは運転免許証のナン...