掲載をご希望の企業様はこちら

ルート配送の効率化はどうして難しい?3つのポイントと無料アプリ/ソフトについて

ルート配送の業務を効率化させるために何が必要なのでしょうか?

今回は効率化を行うためのポイントや、口で言うほど簡単ではないという点、さらに効率化を助けてくれるシステムやツールの導入によって、何ができるのかについてをわかりやすく説明いたします。

ルート配送の効率化が目指すべき3つのポイント

ここではルート配送の効率化をするために注目すべき3つのポイントについてをご紹介いたします。

人手不足の解消

ルート配送は運転手の仕事としては向き不向きや好みの問題があって、人手不足が重要な問題となっているのは認めなくてはなりません。

ただ単にドライバーの仕事をしたい方にとっては営業の要素があるため敬遠されがちなのも事実でしょう。

そのため人手不足の解消を行う事によって、仕事の効率化を実現するだけではなく従業員ひとりひとりの労働時間の短縮を可能とし、余計なコストの削減にもつながっていくので、非常に重要なポイントとなっているのです。

労働時間の短縮

ルート配送の効率化に欠かす事ができない要素の一つが労働時間の短縮です。

従業員ひとりひとりの労働時間を短縮する事によって、余分な人件費の削減を行う事が可能となるだけではなく、従業員の体調管理にもつながっていきます。

ただしそのためには人手不足の解消を行う事が重要です。

働く人が増える事によってひとりあたりの労働時間の短縮ができるので、ただ労働時間を短縮すれば良いというわけではない事を良く理解した上で対策を行う必要があります。

コストの削減

人手不足の解消を行う事によって労働時間の短縮が可能になるのですが、それとは別にコストの削減を行う事も非常に重要になります。

コストの削減を行う事によって利益を出す事ができます。利益が上がればモチベーションも上がってきます。

ルート配送の場合は

  • 効率よく回る順番に変更する
  • 燃費向上のために整備を徹底する

なども結果的にはコストの削減につながります。配送ルートによって使用する車両の大きさを細かく分析し、最適な大きさの車両を使う事もコスト削減につながります。

ルート配送を効率化する上でネックになる点3つ

ここではルート配送を効率よく行う上でネックになるであろう3つのポイントをご紹介していきましょう。

仕事割当の均等化

どんな企業でも同じですが、仕事ができるリーダー的存在の方や管理を任せられている方に、仕事が集中してしまうケースが多いようですが、これでは一人だけに仕事が集中してしまうため、効率が良いとは言えません。

そこで仕事の割り当てを均等化する事によって、一人にかかる負担の軽減ができますし、仕事を任せられた人にとっては仕事を覚えるチャンスにつながります。

するとできる人が増えてさらに効率化を進める事ができるでしょう。

効率化事業に充てる人員・時間の不足

作業を効率化する事は確かに重要な事ですが、効率化のために多くの人員を割く事は決して良い事ではありません。

多すぎる人数で取り組みをすれば確かに時間の短縮は可能かもしれませんが、必ずしも短縮ができるとは限らないのです。

だからといって最小限の人数で取り組んでも時間がかかってしまいます。事業所の規模や教育を行う従業員の数に合った人数で取り組み、時間をかけすぎないよう工夫が必要になるでしょう。

最適ルートの選択が難しい

ルート配送では最適なルートを選択する事でさらなる効率化を狙えます。

そのためには全ての配送ルートが最適かを再検討し、必要であれば担当地域の変更などを行う必要があったり、荷物の種類によってルートを決める事もおすすめです。

ちなみに最適なルートを検索するサービスなどを活用してみても良いかもしれません。

観光ルートや住所での検索ができるので、一般の方から事業者まで広くお使いになる事ができるでしょう。こうした検索サービスの活用はコストや時間の削減にもつながります。

日常業務の見直しで効率化に取り組む

ここでは日常業務の見直しをする事による効率化の取り組みについてご紹介いたします。

作業工程の把握・見直し

まずは一日の作業工程を把握していなくてはどのような無駄があって、改善するためには何が必要なのかもわかりません。そこでまずは

  • 日常業務を把握して何が無駄か
  • どうすれば改善できるかどうか

を検討しましょう。

大切なのは全てに力を注ぐのではなく、力を抜けるところは抜いて力を入れた方が良いところには力を入れる事です。

まずはその振り分けを行って優先順位をつけて、不要な作業を排除するなどの見直しを行う事で効率化ができます。

顧客情報の管理

企業の顧客の場合は情報が頻繁に変わるという事は無いかもしれませんが、一般のお客様の場合はお引越しされたりする場合もあるので、変化に迅速に対応する必要があるのです。

特に集合住宅の場合は同じ住所で名前が変わる事はよくありますよね。

顧客管理は人の手で行う事も可能ですがそれだと時間がかかってしまうかもしれないので、作業効率を上げるためには管理システムなどのツールを導入すると、より確実に作業の効率化を行う事ができますし、配送ドライバーも仕事がしやすくなるでしょう。

最新の道路状況がわかるシステムを

ナビを導入している企業もたくさんあると思いますが、ナビを導入しているだけでは効率化できるとは言えません。道路事情によっては迂回しなくてはならなくなったり、時間帯によって通れないといった事も起こりうるかもしれません。

ですが事前に最新の道路状況がわかっていれば、迂回したり渋滞にはまる問題を回避して、スムーズに物資の輸送を行う事ができます。そのためのシステムを導入する事も業務の効率化を行う事ができるでしょう。

効率化ソフト・アプリの導入

業務を効率化するならアプリや効率化ソフトの導入を検討すると良いでしょう。システムの導入によってルートを走行中の荷物の依頼を迅速に受け取り、配送する事もできるので無駄がありません

さらに最適なルートを探し出して、ルートドライバーのスマホなどの端末に送信できるシステムもあります。システムとアプリがセットになっているタイプを導入すると、かかるコストも最低限で済むかもしれません。

おすすめのルート配送効率化ソフト

ここではルート配送を効率化してくれるソフトをいくつかご紹介いたします。もちろん

グルっと

グルっととはルート配送を効率化させるために最適なルートを作成するお手伝いをしてくれるサービスで、多くの運送会社が利用しているサービスです。

使い方はルート内の住所を入力して検索を行います。すると一筆書きのように一つの線で繋ぎ、最短で配送が行えるルートを表示してくれます。

一目でわかるのでどなたでも使いやすく、さらにどのようにして回ればいいのかの移動の順番なども簡単に作成できます。ちなみに件数は無制限で、順番効率化ボタンをクリックするだけです。利用する場合は無料登録を行う必要があります。

輸送経路最適化コンサルティング

メールアドレスがあればどなたでも登録できるのが輸送経路最適化コンサルティングです。

ルートトラックの場所を把握して、集配所に行く順番やお客様への配送をどうすれば良いのか、最適なルートを探し出してくれるツールです。

ルートドライバーに求められる訪問のタイミング、休憩のタイミングや仕事量の均等化なども考えてルートの決定や、振り分ける量のバランスなども整える事が可能です。

輸送経路最適化コンサルティングは富士通が提供しているシミュレーションサービスです。社内で決定した目標ごとにシミュレーションができるので、コストの削減や作業効率アップなどを行い利益を追求する事も可能です。

ルートクリエーター

ルートクリエイター(RouteCreator)はキヤノンの子会社であるキヤノンITソリューションズ株式会社というところが提供しているサービスです。物流に関係した仕事をしている企業の業務の効率化を支援するサービスです。

顧客データから配送を効率よく行うためのシミュレーションを行い、様々なシミュレーションの結果、もっとも効率の良いルートの確立や作業の分担などを行う事が可能です。

大手企業のサービスなので利用を検討するにあたっての不安も少なくおすすめです。

ヤマト運輸が取り組むバス停方式とは

さて、業界大手のヤマト運輸は日本全国で配送業務を行っていますが、巨大企業であるヤマト運輸が採用している方法が「バス停方式」という方法です。

どんなやり方なのかというと、バス停のように決まった場所にトラックを停車します。

そしてそこを中継点としてドライバーとは別の「フィールドキャスト」というスタッフが、台車や自転車などを使って周辺の顧客を周って集荷や配送を行うのです。ちなみにフィールドキャストは地元の方が多いようです。

地元の方を採用する事によって、ここの方が近道!とかこの道を行くと、複数の家に配送ができて効率良く配送ができるからなのだとか。

逆にフィールドキャストが非効率的だと感じるかもしれませんが、1台で一気に配送ができるので二酸化炭素の削減や、配送の時間の短縮化ができるようです。

まとめ

今回は、ルート配送の効率化について、いくつか大事な事をご紹介いたしました。

効率化するために必要な事や効率化する事のメリット、そして効率化するために使うと便利なツール、アプリなどについても簡単にご紹介いたしました。どれが一番効果的なのかをよく考えて導入してみると良いでしょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • フォークリフトの高さをマスト・大きさ別に徹底解説!高さ制限の作業時にはお気をつけを

    倉庫や工場の現場では、手で持てないよう...
  • レッカー車の種類とサイズ・レッカー車の仕組みや装備はどうなってるの?

    レッカー車は車両を運搬する時に必要不可...
  • 道路交通法の重量制限と荷物のはみ出し、どんな許可が必要か?道路交通法と道路法の違いをご紹介

    道路を走行する車両には、高さ、幅、重量...
  • セミトレーラーの寸法/サイズ - 長さ/高さ/幅/総重量など寸法に関する全てをまとめ!

    セミトレーラーというのは牽引車の一種で...
  • 引越し屋は筋肉がつく?筋トレの代わりになる?マッチョになりたい方におすすめ仕事

    引越し屋の仕事はハードワークといわれて...