掲載をご希望の企業様はこちら

トラック運転手の服装はどういうのが良い?面接/仕事などタイミングごとにベストな服装とは

トラック運転手に転職を考えている人や興味がある人で、服装について気になっているという方は意外と多いのではないでしょうか?

例えばどんな服装で仕事をすれば良いのかや、採用面接にはどういった服装で望めばいいか等、運送業の経験のない方は分からない事もあると思います。

今回の記事では、トラック運転手の服装について、運送業に興味のある方に向けて紹介していきたいと思います。

トラック運転手の服装はTPOで変えよう

トラック運転手という職業柄、動きやすく、通気性のいい、汚れの目立たない服が良いと思います。ですがどんなシュチュエーションでも、という訳ではありません。

例えば仕事をする時と採用面接に行く時とで同じ服装では不味いでしょう。やはりTPOに応じて変える必要があります。

トラック運転手は制服を着るの?

やはり仕事をする以上、プライベートで着るような普段着という訳にはいきません。作業着を用意する事になりますが、会社によって制服が支給される所とされない所があります。

大手の運送会社では制服は支給される所がほとんどですが、個人経営の会社では上半身のみだったり、支給自体がされない事もあります。

その場合はワークマン等の専門のショップやホームセンターに様々なタイプの作業着が販売されていますので、検討してみましょう。

作業時のトラック運転手の服装

トラック運転手の運転中の服装

トラック運転手の運転中の服装は動きやすく楽な服装が良いでしょう。もっとも勤務する会社によりますが、大手の運送会社で制服が支給されている場合は、基本的にはその制服を着て運転する事になります。

ただ、長距離の運転手等は、長時間運転する事になりますので、会社で許可されていれば、Tシャツ等に着替える人もいます。

積み下ろしの服装

積み下ろしの服装も制服が支給されている運送会社では会社の看板を背負っている関係上、その制服を着て作業しなければならないところが多いです。支給のない運送会社なら基本自由ですが、やはり、動きやすい作業服がおすすめです。

配車係の服装とは変わる?

配車係の服装は運転手と変わらない場合が多いですが、運転手とは業務内容が違い、取引先などのお客さん対応もしなければならない関係上、ワイシャツにスラックスの様な少しカッチリした服装で仕事をしている事もあります。

トラック運転手が安全のために身につけるべきアイテム

工場や倉庫に入る場合、安全のため、ヘルメットと安全靴が無いと出入りができない所がほとんどです。ヘルメットと安全靴は必ず準備しましょう。

また、作業用の帽子も用意しておいた方が良いでしょう。作業用の手袋もトラック運転手には必須になります。荷物の荷下ろし作業時に滑らない様にゴム手のついたものがオススメですよ。

工場や物流の倉庫では血液の付着防止で素手での作業を禁止にしているところもあります。必ず一つは準備しておきましょう。

トラック運転手の髪型・アクセサリーは?

髪型

髪形は基本自由なところが多いのですが、大手の運送会社や取引先では、規則で長髪や茶髪を禁止にしているところもあります。食品関係の取引先もあるので、清潔感のある髪形を心掛けるようにしましょう。

アクセサリー

アクセサリーも自由なところが多いですが、やはり大手の運送会社や取引先ではピアスやネックレスは良く思われない場合があります。採用面接時に確認しておいた方がようでしょう。

面接時の服装は?

スーツの場合

昔の運送会社は普段着のまま面接に行って、その日のうちに即採用!なんて事もありました。ですが、昨今は面接も厳しくなってスーツを指定している運送会社も多くなっています。面接の前にしっかり確認しておきましょう。

運送会社の中には二次面接、三次面接まであるところもあるので、基本的には、面接はスーツで望む様にしましょう。

私服可能の場合

面接でのスーツ指定がない場合や、スーツがどうしても用意できない場合はスーツ以外の服装という事になりますが、カジュアルすぎる服装は厳禁です。間違っても、オーバーオールやハーフパンツで面接に望む様な事はやめましょう。

まとめ

会社で制服が支給されるなら、あまり考えることはありませんが、そうでない場合は会社の先輩や同僚にアドバイスを受けるという手もあります。また、面接時に制服についても、よく確認しておくことが大事だと思います。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • 大型トラックの運転席の高さは一般車の2倍!運転席が高いメリット・デメリットとは?

    大型トラックの運転席は高いから、なかな...
  • 【転職検討者必見】ルート配送の仕事内容は?業界別の具体的業務を紹介

    車にはミッションとオートマチックがあり...
  • バルク車とは?バルク車の構造や特徴、積荷についてわかりやすく解説します

    これからトラックドライバーを目指そうと...
  • トレーラーのバックの仕方は難しい?上達にはコツが必要なトレーラーのバック!

    けん引免許を取得しようと教習所に通って...
  • トラック運転手の天敵「腰痛」の対策方法や対策グッズをご紹介!体を大事に仕事に取り組みましょう

    腰痛は、トラックを長時間運転するドライ...