10tトラックの燃費はリッターどのくらい?燃費向上の方法とコツ

大型トラックに乗っていると、思っている以上にガソリンの消費が早いことがありますよね。

大型トラックは、車がでかい分やはりガソリンの消費も早く、燃費が悪いのが一般的です。

この記事では、平均的な燃費と燃費を良くするための手法について解説いたします。

10tトラックの燃費

10tトラックの平均燃費

大型トラックの燃費ってどれくらいなんだろうと疑問に思う方は多いと思います。あの大きな車体からして燃費が悪そうなイメージですが、実際はどうなのでしょう?

結論から言いますと、ハッキリ言って燃費は良くないです。もちろん乗り方、使用状況にもよりますが、平均でリッター3km/Lくらいになります。乗用車では考えられない数字になります。

実車時

大型トラックになると荷物は10tを超える事もざらになります。こうなると燃費にも大きく影響します。荷物を積んだ状態(実車)なのと、荷物を積んでない状態(空車)では燃費は大きく変わってきます

大型トラックの荷物を積んだ状態(実車)の燃費ですが、平均3.5km/L位になります。※メーカーやエンジンのグレードによって誤差があることはご了承ください。

空車時

荷物を積んでいない状態(空車)では当然燃費は良くなります。荷物を積んでいない状態(空車)の状態の燃費ですが、5.0km/L位になります。※メーカーやエンジンのグレードによって誤差があることはご了承ください。

実車と空車の燃費を比較すると実車時は空車時の燃費のおよそ74%となり、かなり悪化するという事がわかります。

高速走行

大型トラックでは基本的には高速道路を走行している時の方が燃費は良くなります。これは一般道では信号や他の車との関係でストップアンドゴーを繰り返すためで、アクセルのオンオフが頻繁になるためです。

高速道路の方が速度を一定に保つ事ができ、アクセル開度を一定に保てる事が影響しています。一般道の平均燃費は3.0km/L位、高速道路の平均燃費は4.0km/L位になります。

大型トラックの燃費に影響する2つの条件

トラックの状態

大型トラックのコンディションもトラックの燃費に影響します。例えば普通車同様エンジンオイルが古くなっていると燃費が悪くなります。また、タイヤの空気圧も燃費に影響します。空気圧が適正値なっているかをしっかり確認しましょう。

大型トラックは使用状況が過酷なため、メンテナンスはかかせません。日頃の点検整備が燃費に直結すると考えておいた方がよいでしょう。

運転の方法

運転の仕方もかなり燃費に影響します。一般道では早めのシフトアップを心がけ、エンジン回転を低く抑える事で燃料の消費を抑える事ができます。

高速道路では速度を一定に保つ事が大事です。また下り坂ではエンジンブレーキを使って車速を調節する事が燃費向上につながります。そしてスピードを出しすぎないようにしましょう。そうする事が燃費の向上と安全運転につながります。

10tトラックの燃費を向上させる車体整備のコツ

こまめなオイル交換

大型トラックは重い荷物を積んで長い距離を走行します。エンジンオイルが古くなると当然燃費が悪くなってきます。大型トラックのエンジンオイルは乗用車にくらべて汚れやすく劣化しやすいので、こまめにオイル交換をした方が燃費に好影響を及ぼします。

オイル交換のタイミングについては諸説ありますが、3ヶ月点検を目安にオイル交換をおこなえば、わかりやすく、距離的にもちょうど良いのではないでしょうか。

タイヤをチェック

燃費の向上をはかるならタイヤのチェックもかかせません。タイヤの空気圧が基準値より低いと摩擦抵抗が増えて燃費に悪影響を及ぼします。特に大型トラックは、とても重たい荷物を積んで走るので空気圧が足りなければ、間違いなく燃費は悪くなります。

タイヤの空気圧のチェックは。こまめにおこないましょう。もう一つの方法としてタイヤを新品に交換する時に低燃費タイヤに替えるという手もあります。低燃費タイヤは転がり抵抗を低減する設計がされていて燃費に好影響を与える事が実証されています。

車体の軽量化

車体の軽量化も燃費の向上に役立ちます。まず一度ご自身が仕事で使う装備品を見直してみてはどうでしょうか?案外使っていない道具が出てくるものです。そう言った装備品を見直してみることで40〜50kgの軽量化、うまく整理すれば100kgほどの軽量化も可能かもしれません。

タイヤホイールやサイドバンパーをアルミに替えるというのも効果的です。特にアルミホイールは大型トラックの車輪の数を考えると、かなりの軽量化になり燃費向上の効果は大きいです。

10tトラックの燃費を向上させるエコ運転のコツ

スピードを一定に

燃費においてスピードを一定に保つことはとてもいい影響があります。特に高速道路で、速度を一定に保っているドライバーと、速度にムラ(波状運転)があるドライバーでは燃費にかなりの差が出てきます。

速度を一定に保つコツとしてオートクルーズを使うという手もあります。オートクルーズは設定した速度をキープして走行する機能ですが、最近の大型トラックにはほとんど装備されています。

速度にムラ(波状運転)が出てしまうという方はオートクルーズを使った運転を試してみてはどうでしょうか。

グリーンゾーンでのシフトチェンジ

トラックのタコメーターにはグリーンゾーンが設定されています。このグリーンゾーンはその名の通り緑色で表示され、グリーンゾーン内でシフトアップすれば、おのずと燃費に良い運転になるというわけです。

実際は坂道などでは、このグリーンゾーン内でのシフトアップは難しいかもしれませんが、平坦路でグリーンゾーンでシフトアップを心がければ、エンジンの回転数を低く抑える事ができ、好燃費を記録する事ができるでしょう。

エンジンブレーキ・排気ブレーキ

省燃費運転の上手なドライバーはエンジンブレーキ・排気ブレーキの使い方がうまいと言われています。ご存知の方は多いと思いますが、エンジンブレーキの使用中は燃料がカットされるので燃費を伸ばすには絶好の機会というわけです。

一般道も高速道路も意外と下り坂が多く、エンジンブレーキを使う機会は結構あります。こういう機会こそエンジンブレーキを利用して燃料をカット、プロドライバーの腕の見せどころではないでしょうか。

まとめ

最近のトラックにはデジタルタコグラフが装備されていて、運転の仕方を採点する機能がついているものもあります。そういった車載システムを導入するのも一つの方法ではないでしょうか。

燃費の向上は会社の損益に影響する大事な部分です。是非高い意識を持って取り組んでもらいたい課題ですね。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

【必見】年収をあげて、待遇のよい職場に転職したい!という方へ

  • 今より年収をUPさせたい…
  • 夜勤が辛くなってきた…
  • 手積み/手降ろしが辛い…

などを感じている方に、おすすめのサービス「プレックスジョブ」


「プレックスジョブ」は、大手企業から地元の優良企業まで、幅広い企業の求人を掲載中です!

  1. 簡単1分で正社員雇用の求人を検索できる
  2. 今より年収が高く、労働条件が良い会社が見つかる
  3. 会員登録したら、スカウトも受けられる

\新着求人も続々更新中!/

プレックスジョブで求人検索する >

企業からスカウトが受けられる
【会員登録】はこちら

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • 玉掛けの方法/種類を解説!事故の原因にもなるので要注意

    玉掛けは正しく行わないと吊り荷が落下し...
  • トレーラー運転手になりたい未経験の方必見!未経験の方が覚えておくべきこと

    トレーラーの運転手は経験がないと採用さ...
  • キャリアカーの寸法/サイズは?キャリアカーをレンタルするときの注意点

    キャリアカーとは、車両を運搬するトラッ...
  • 10tトラックの値段はいくらぐらい?10tトラックの特徴を比較し中古車の平均価格もご紹介!

    自分の10tトラックを持つのは、トラッ...
  • 塵芥車(パッカー車)の耐用年数の計算方法を解説!耐用年数・減価償却率とは?

    トラックを購入する際に気になるのが耐用...
【ドライバー採用ご担当者様へ】ドライバー特化の人材紹介サービス「プレックスジョブ」
掲載のお問い合わせはこちら