掲載をご希望の企業様はこちら

フォークリフトの寸法/サイズを種類別で紹介!フォークリフトにも色々ある!

倉庫内などの狭い場所での作業もあるフォークリフトはそのサイズ、寸法も重要になります。そこで今回は、メーカー別のフォークリフトの寸法や、その選び方などを分かりやすく紹介していきたいと思います。

各メーカーで微妙に違うフォークリフトの寸法

フォークリフトを出しているメーカーは数種類あり、それぞれで少しずつ寸法が違います。それほど大きな違いではないようですが、狭い場所での操作の際にはそれが重要になることもあります。

その場所に適したメーカーのものを選ぶことも効率よく仕事をするには重要だと言えるでしょう。

フォークリフトは何で選ぶ?

用途で選ぶ

フォークリフトには

  • 「カウンターバランスフォークリフト」
  • 「サイドフォークリフト」
  • 「リーチフォークリフト」

などいくつか種類があります。それぞれに長所と短所があり、どういったことに使うのかによって適しているものが違っているのです。そのため用途に合わせて選ぶということが重要です。

荷役重量で選ぶ

どれだけの重さのものを運ぶことが多いのかによっても選び方は変わってきます。とにかく重量が多いものばかりを運ぶのであれば、それに見合ったパワーのものを選ぶ必要があります。

寸法やサイズで選ぶ

これは主に「使う場所」で選ぶというものです。狭い倉庫内ではちょっとしたサイズの違いでも大きな意味を持ちます。使用する場所に合っているサイズのものを選ぶということが重要なのです。

フォークリフトメーカー別寸法を紹介!

コマツフォークリフト

建設機械を多く作っている「コマツ」はフォークリフトのシェアも国内トップ3に入る会社です。

コマツの1.5tバッテリー車を見ていくと、

  • 全長     :2,980mm
  • 全幅     :1,110mm
  • ヘッドガード高:2,070mm
  • マスト高   :1,995mm
  • 最大揚高   :3,000mm

となっています。2.5tのタイプは幅が少し大きくなっているほかはそれほど変わりません。

トヨタフォークリフト

トヨタは世界に誇る自動車メーカーですが、フォークリフトなどの建設機械も製造しています。

その強みは規模の大きさからなるバリエーションの広さ、また日本各地に拠点を持っていることからのフォローサービスの豊かさというものがあります。

安全機能にもこだわっているのがトヨタのフォークリフトです。トヨタオリジナルのシステムによる「横転防止機能」が装備されており、過積載などによる転倒を防ぐことができるのは大きなメリットです。

ここではトヨタのフォークリフトの代表機種である「Ecore(エコア)」のサイズを見ていきます。

  • 全長     :2,795mm
  • 全幅     :1,075mm
  • ヘッドガード高:1,970mm
  • マスト高   :1,970mm
  • 最大揚高   :3,000mm

となっており、コマツのものより少しずつ小さくなっているのがわかります。

ニチユ三菱フォークリフト

  • 「ニチユ」
  • 「三菱」
  • 「TCM」
  • 「ユニキャリア」

という4つの会社が合併してできたのが「ニチユ三菱」です。国内2位のシェアを誇っており、トップメーカーであるのは間違いありません。

また、バッテリーで動くフォークリフトを日本で初めて販売したのがニチユであり、三菱はディーゼルエンジンに強く、ユニキャリアはガソリンエンジンに強くTCMは中型~大型フォークリフトのノウハウに強いメーカーでした。

これらの良いところが出ているのがニチユ三菱のフォークリフトなのです。

代表車「トランサー」のサイズは、

  • 全長     :2,940mm
  • 全幅     :1,105mm
  • ヘッドガード高:2,110mm
  • マスト高   :1,975mm
  • 最大揚高   :3,000mm

となっています。これらのサイズはあくまでその車種のものです。同じメーカーでも車種が違えばサイズが変わってきますので、購入する前には必ずサイズを確かめることが重要です。

大手メーカーを選ぶメリット

安全性が高い

国内シェアが高い大手のメーカーのフォークリフトはそれだけ安全機能が充実しているものが多くなっている現状があります。特に操作性や耐久性、使用寿命や安全機能には大きな差があります。

フォークリフトのように横転しやすい構造のものの場合、そういった差が明確に出てくるのです。

トヨタのフォークリフトについている横転防止機能などはその典型とも言えます。長く使うということを考えると安全性が高いということは事故を未然に防ぎ、人や荷物を守るためには絶対に必要な条件なのです。

車両の選択肢が多い

フォークリフトにも色々な種類があります。大手のメーカーは製造している種類も多く、サイズも豊富です。自分の会社で使用したい条件に合うものを選ぶことができるというのもメリットになります。

また、フォークリフトのような重量機は購入してからも定期点検や修理などのアフターフォローが必ず必要になります。こういった場合有名メーカーであれば店舗拠点数も多く、アフターサービスが厚いということがあります。

また、有名メーカーの部品であれば入手しやすく修理が早く、安く終わるということもありますが、無名メーカーのものは部品が手に入らないために修理に時間がかかったり結局高くついてしまうということもあります。

まとめ

フォークリフトといっても色々なメーカー、種類、サイズがあるために必要としているものを適切に選ぶ必要があります。しっかりと調べた上で選ぶようにしましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • 段ボールの積み方で何が変わる?荷物に合った積み方の重要性について

    段ボール箱は荷物の輸送をするのに最も多...
  • ゴミ収集車の給料/平均年収はいくらが相場?手取り・月収についてもデータから解説!

    街中を走っているゴミ収集車の仕事は、私...
  • スマホのドライブレコーダーは熱くなる?熱対策や必須アイテムを紹介!

    最近では運転中のトラブルや事故に対応す...
  • 深刻なトレーラー運転手不足!トレーラー運転手が重宝される理由とは

    現在の物流業界では運転手不足が深刻化し...
  • トラック運転手が彼氏の方|トラックドライバーの魅力と付き合う上で大変なポイントを解説!

    トラック運転手はバリバリ働いているイメ...