掲載をご希望の企業様はこちら

【未経験の方必見!】トラック運転手になるメリット・デメリットとは?

これからトラックの運転手をしてみたいと思っている方にとって、トラックの運転にはどんなメリットとデメリットがあるかは気になるところです。

この記事では、トラック運転手とはどんな仕事なのか、どういうメリット・デメリットがあるのかについてをわかりやすく説明いたします。自分に向いているかどうかを判断する材料にしていただければ幸いです。

トラック運転手ってどんな職業?

これからトラックの運転手として仕事をしてみたいと考えている方に、まず知って欲しいのはトラック運転手というのがどんな仕事なのかという点です。

トラック運転手の種類は多く、一般的なトラック運転手、特殊車両の運転手、危険物の搬送をするトラック運転手の仕事などがあります。

現在国内の物流の8割~9割を支えているのが実はトラック運転手です。

給料について一番知りたいところですが、仕事の内容やトラックの大きさなどによってバラつきがあります。

15万円以上から上限は100万円以上稼げるケースもあるようです。年齢については20代~60代までの幅広い年齢の方がお仕事をされています。

トラック運転手になるメリットは?

トラック運転手になる事のメリットをいくつかご紹介いたしましょう。

運転が好きな人にとっては天職

トラック運転手と言えばずっとトラックに乗って走っている仕事です。

もちろんずっと走っているわけではありませんが、仕事によって短距離のルート配送や中距離の運送業務の仕事もあります。

中でも長距離のトラック運転手となると、県外に荷物を輸送するのでずっとドライブする事ができます。運転が大好きという方にはたまらない仕事でしょう。

人と関わるのが苦手な人でも働ける

トラックの運転をしている間、よほどの事がなければ一人で運転をしますので、人間関係が煩わしいと思っている方にも向いているでしょう。

特に物流の仕事の場合は同乗者はほとんどありません。なので行も帰りも自分ひとりでのんびりと自分のペースでお仕事をする事が可能です。

これがトラック運転手の最大のメリットだと言えるかもしれません。

給料が高い

トラック運転手は比較的給料が高いです。特に長距離のトラック運転手の場合、拘束時間が非常に長い事もあるのでその分お給料が高い事が多いのです。

もちろんルート配送などの場合もお給料が高く設定されている事もあります。

この給料の違いはトラックの大きさや手摘み手おろしかどうかにも関係しています。でも概ね4トン以上のトラックなら満足のいく高額報酬を得られるでしょう。

必要な資格は免許だけ

トラック運転手は基本的に運転免許があれば仕事に就けるのもメリットです。

もちろんトラックの大きさによって必要な免許が違うので、少しでも給料を上げたいと思ったら免許を取得していく必要はあります。

それでも慣れた仕事なので運転免許を取得しようとする時にも落ち着いて取得ができるでしょう。

出勤時間の融通がきく!

長距離の荷物を輸送する場合、到着時間を計算して出発の時間を決める事が多いです。そのため比較的出勤時間の融通がききます。

会社側に伝えておけば特に怒られる事もありません。仕事をきちんと済ませられれば良いのです。

こうした時間に余裕があるのもトラック運転手のメリットかもしれません。

トラック運転手になるデメリットは?

次にトラック運転手のデメリットについてご紹介しておきましょう。

体が丈夫じゃない人にはキツイ

トラックの運転は座っているから辛くないと思っているかもしれませんが、実際には意外と体力を必要とする仕事です。

荷物の上げ下ろしを手作業で行わなければならない事もあります。しかも荷物の到着時間もある程度決まっているので、道路状況によっては休息を入れられない時もあります。

この事から体力がある人の方が向いていると言えるかもしれません。

昇進できる確率が低い

トラック運転手の仕事をしているとドライバーはドライバーとしての仕事が中心となるので、昇進という考え方をあまりしないかもしれません。

昇進しないという事はずっと新人さんと同じ仕事をこなす事になります。昇進しないという事は給料も据え置きの事が多いという事になります。

ただし会社によっては給料の交渉ができるところが多いので、相談してみると良いかもしれません。

トラック運転手から他業界に転職するのは難易度高め

長年トラック運転手をしていると、他の仕事を経験する機会に恵まれません。

そのためトラック運転手の仕事を辞めて転職しようとすると、なかなか思ったように転職先が見つからない事もあります。

これもトラック運転手のデメリットだと言えるでしょう。転職を考えたら転職する時に有利な資格を取得しておくと良いかもしれません。

トラック運転手がおすすめなのはこんな人!

トラック運転手のメリットとデメリットを踏まえて、トラック運転手になるのに適している、おすすめの人のタイプをご紹介いたします。

車を運転するのが好きな人

トラックだけじゃなく普段から車の運転が大好きという方は、トラックの運転手に向いているでしょう。

毎日別のところへドライブ気分で仕事ができるので、運転が苦痛じゃないなら誰でもトラック運転手に向いているでしょう。

1人で仕事をするのが苦痛じゃない人

トラック運転手は孤独な仕事です。一人で考えて何かが起こっても一人で対処しなくてはなりません。

長距離のドライブをした時には一人なので退屈してしまう事もあるでしょう。この事から一人で行動するのが苦手、寂しいという方には向いていません。

一人でも全く大丈夫!仕事だし楽しめるという方は逆にトラック運転手は最適な仕事でしょう。

体が丈夫な人

基本的にトラック運転手は肉体労働です。長距離の運転や睡眠不足の事もあるでしょう。

そんな環境でもお仕事ができる健康な方、身体が頑丈な方がトラック運転手に向いています。また体調不良にならないための体調管理ができる人も向いているでしょう。

まとめ

今回は、トラック運転手の仕事をするメリットやデメリット、そしてトラック運転手をするのに向いている人についてもご紹介いたしました。

トラック業界は人手不足なところがあるので、今なら好条件で仕事を見つけられるかもしれません。

ドライブが苦にならない、トラック運転手の仕事をして稼ぎたいと思っている方は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • 運行管理者試験の難易度は高い?しっかり勉強すれば大丈夫!合格するための勉強のコツお教えします

    国家資格である運行管理者資格の難易度は...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • 2tトラックの燃料タンクの容量はどのくらい?有名メーカーの車種別に比較してみた

    2tトラックは事業者だけではなく個人で...
  • 大型トラック運転手の給料/平均年収はいくらくらい?手取りや月収についても解説

    仕事を選ぶときにはもちろん、やりがいや...
  • 2tトラックで仮眠を取るときの方法 - 仮眠を取る時にあると便利なグッズを紹介!

    車を運転していると必ず眠くなりますよね...