掲載をご希望の企業様はこちら

大型トラック(10tトラック)の寸法/サイズをご紹介!高さ・長さ・重さ・幅についてわかりやすく解説

大型トラックを選ぶ時の基準として積載量の他に、トラックの寸法(サイズ)も重要なポイントになりますよね。

特に荷台の寸法が分かっていないと荷物を効率的に輸送することは出来ません。そこで今回は、大型トラックの気になる寸法について詳しくご紹介していきたいと思います。

大型トラックの標準寸法は?

一般的な大型トラックと言えば10tトラックです。ところで10tトラックの標準的な寸法はどのくらいなのかご存知でしょうか?まずは大型トラックの代表でもある10tトラックの箱車の標準的なサイズをご紹介いたします。

自動車メーカー4社の10tトラックの平均は、全長 11990mm×全幅 2490mm×全高 3035mm、メーカーによって多少違いますが、概ね10tトラックの平均的な大きさ、サイズといっていいでしょう。

大型トラックには荷物に合わせて様々な形状がある

一ことで大型トラックといっても運ぶ荷物の形状や、量、性質に合った輸送ができるように、それぞれの荷物の輸送に適した様々な形状があり種類も豊富です。

また荷物の重さや形状に合わせた積み込みや荷下ろしができるよう、地面から荷台までの高さにも違いがあります。

大きくわけると低床トラックと高床と呼ばれる二種類のトラックがあり、低床トラックは重い荷物を運ぶ時に積み込み、荷下ろしが楽にできるメリットがあるのですが、タイヤが小さく振動や揺れが伝わりやすいというデメリットがあります。

一方で高床トラックの場合は荷台が高い分、リフトなどが装備されているものが多く、荷物の運搬をする時にも振動が少なく走行性能が良いのがメリットです。一方で人が手積みする時は荷台が高いのがデメリットです。

大型トラックの寸法はボディタイプで変わる

大型トラックには様々な形状がありますが、実は寸法もボディタイプで変わってくるので、簡単に説明いたします。

平ボディー

荷台に覆いが無いのが平ボディ―の特徴です。荷台がフラットになっているので汎用性が高く、多くの中小企業や自家用としても活躍しているボディタイプです。このタイプの平均的な寸法をご紹介いたします。

各自動車メーカーの大型トラックの平ボディの平均的なサイズは、全長11,520mm×全幅2,490mm×全高3,170mmとなっていて、若干箱車よりも全長が短いのが特徴かもしれません。

ウィング車

ウィング車は箱車タイプに見えますが、箱の部分が羽のように上に稼働して開くタイプのトラックです。大きな荷物を運んだりパレットなどを使って大量の荷物を輸送するのに適しています。

各自動車メーカーの大型トラックのウィング車の平均的なサイズは、全長11,950mm×全幅2,400mm×全高3,790mm程度です。平ボディーに比べるとやはり高さがある事がわかります。装置がある分高いのでしょう。

冷凍・冷蔵車

冷凍・冷蔵車というのは低温で運ばなくてはならない生鮮食品や冷凍食品などを運ぶ時に使用するトラックです。

冷凍・冷蔵装置が付いている箱車タイプのボディが特徴ですが、装置がついている分若干サイズが小さめに見えます。

実際の冷凍・冷蔵車の大型トラックの平均的な寸法は、全長12,000mm×全幅2,490mm×全高3,630mmですので、長さも幅も高さも若干大きいサイズである事がわかります。実は装置が付いている分若干大きいのですね。

ダンプ

大型トラックにはダンプも含まれています。どこの道路を走っていても必ず目にするのが10tダンプです。近くで見るととても大きく感じますが、運ぶものが重量級のものが多く工事現場や建設現場などで活躍しています。

平均的な大型ダンプの平均的な寸法は、全長7,605mm×全幅2,490mm×全高3,200mmです。以外だと感じるかもしれませんが、若干大きいのは幅のみで他の部分は小さめにできている事がわかりました。

深煽りダンプ

一般的な大型ダンプとは違って深煽りダンプは煽りといわれる荷台の壁にあたる部分が深くなっているタイプのダンプの事を言います。工事現場だけではなくあらゆる場所で使用されているダンプの一種です。

平均的な深煽りダンプの20t大型の平均的な寸法は、全長7,870mm×全幅2,490mm×全高3,300mmとかなり大きめです。これは煽りの深さでトン数が変わってくるからです。

タンクローリー

石油や液体を輸送するために作られたタンクローリーも毎日必ず目にします。タンクローリーは運んでいる液体が揺れてトラックのバランスが崩れないような仕組みになっています。さらに大型になると15t以上のものも多いです。

なのでここでは最大積載量15tの大型タンクローリーの平均的な寸法をご紹介いたします。全長11,010mm×全幅2,490mm×全高3,060mmとなっていて、15tも運べるのに意外とサイズが小さい事がわかりますね。

大型トラック人気メーカーと車種・寸法を紹介!

ここでは大型トラックの人気メーカーごとの車種や寸法についてをご紹介いたします。

日野自動車 プロフィア

トラック運転手なら誰もが日野のトラックを運転したいと思うものです。初めてトラックの運転手の仕事をする時に、日野のトラックを与えられたら思わず小躍り踊ってしまうほど人気が高く、運転もしやすいと評判の車です。

日野自動車 プロフィアの標準ルーフタイプ 13.5t(最大積載量) の寸法は、全長11,990mm×全幅2,490mm×全高3,460mmとなっています。尚、この寸法はフルキャブタイプです。

三菱ふそう スーパーグレート

優れた安全性能と燃費の良さで知られているのが三菱ふそうの「スーパーグレード」です。セミオートマチックでスムーズなギアチェンジができる事でも知られています。一度は乗ってみたいトラックの一つではないでしょうか。

三菱ふそうのスーパーグレードの寸法は、全長11,980mm×全幅2,495mm×全高3,765mmです。荷台の種類によって寸法も若干違ってきますので、メーカーサイトなどで気になるトラックの寸法をチェックしましょう。

UDトラックス クオン

国産のトラックというイメージよりもヨーロッパの自動車メーカーに見た目が近く、運転していたらとても目立つかもしれません。優れた燃費とドライバーの走行アシストがあり、安全性の高さで定評がある車種ですね。

UDトラックス クオンの寸法は15.7t(最大積載量)の寸法は、全長11,990mm×全幅2,490mm×全高3,035mmとなっています。

いすゞ自動車 ギガ

いすゞ自動車の大型トラックと言えば『ギガ』です。安全性能が高く低燃費を実現しているトラックで、豊富なラインナップなので最適なタイプのトラックを手に入れる事ができます。

企業としても導入しやすいのも特徴かもしれません。いすゞ自動車のギガの寸法は『Gカーゴ』の場合だと、全長11,910mm×全幅2,495mm×全高3,790mmとなっています。

大型トラックの寸法把握が輸送効率向上につながる!

輸送する荷物の形状や量、大きさなどを考慮して導入する大型トラックを決める事によって、輸送効率が飛躍的に向上しますが、そのためにはまず使用する大型トラックの形状だけではなく、

寸法についてもしっかりと配慮して購入する必要があるでしょう。特にトラックの寸法を把握する事によって、積み込みや荷下ろしの無駄を省き効率よく荷物の輸送を行う事ができるようになります。

作業効率が上がるという事は利益率の向上にもつながっていきます。昨今は年々燃料にかかる費用が上がっていっています。

こんな時代だからこそ燃料費の高騰や維持費の高さにも負けない、利益を少しでも出し続ける企業になるためにも、最適な形や寸法をよく考慮してトラックの購入を検討していくと良いでしょう。

まとめ

今回は、大型トラックの寸法、各メーカーのそれぞれの大型トラックの特徴や寸法、輸送に適している荷物の形状や性質などについてをご紹介いたしました。

用途に合った大型トラックを選ぶ事は作業効率の向上と利益につながり、会社全体の活性化につながっていくでしょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • ダンプカーで必要な免許/資格はコレ!取得の条件や費用、期間はどのくらい?

    ダンプ運転手になろうとしている人にとっ...
  • タンクローリーの積み込み荷降ろし手順を紹介!手順を守る事が安全につながります

    私たちの生活に欠かせないガソリンなどを...
  • 大型トラックの運転席の高さは一般車の2倍!運転席が高いメリット・デメリットとは?

    大型トラックの運転席は高いから、なかな...
  • ダンプカーの構造/仕組みはどうなってる?知っておきたい名称や種類を解説

    ダンプカーは、積荷を降ろしやすいように...
  • 8ナンバーのトラックは税金がお得?8メリットと注意点について解説します

    個人で運送業を行っていると、少しでも維...