掲載をご希望の企業様はこちら

パッカー車の安全対策で気をつけるポイントとは?具体的な安全管理の方法もご紹介

パッカー車でのゴミ収集は実は非常に危険を伴っています。圧縮板に巻き込まれる、集めたゴミによってケガをする、スプレー缶などが爆発するなどトラブルはさまざまです。

この中には点検や注意を払うことで防げるものもあります。

そこでここではパッカー車の事故にはどういったものがあるのかどうすれば防ぐことができるのかについて紹介していきたいと思います。

パッカー車における安全対策の重要性

パッカー車は一般的な普通車やトラックと形状や構造が違っているために想像できないような事故が起こることがあります

中に可燃物が残っている空き缶を収集した際に爆発・火災が起こって運転手が死亡、周囲にいた子どもたちが大けがをするというような事故も起きています。

パッカー車でゴミを集める際には安全を最優先させて作業を行う必要があるのです。

パッカー車にはどんな危険が考えられるのか?

運転者の巻き込まれ事故

パッカー車の事故で多いのが巻き込まれ事故です。ゴミはそのままの大きさだとあまり収納できないために圧縮板でプレスして収納されます。しかしこの圧縮板に作業員が巻き込まれる事故が多発しているのです。

実際にあった事故では本来収集してはいけないものを投入してしまった作業員が慌てて取ろうと手を突っ込んだところ巻き込まれるという事故が起きました。

また、基本は2人以上で行うべき作業を1人でしていたために緊急停止スイッチをすぐに押すことができないということにもつながりました。

収集物排出時の事故

圧縮して収集したゴミは専用の処理場でパッカー車から排出していきます。その際に正常に排出が行われないと火災や爆発、作業員への鋭利なものによるケガ、などが起こる場合があります。

火災・爆発事故

カセットコンロやカセットボンベ、ヘアスプレーの空き缶などが完全にカラになっておらず、ガス抜きもされていない場合に収集してしまうと爆発、火災が起こることがあります。実際にあったのは収集して清掃工場に戻ったあとに爆発を起こし、運転手が怪我、車両は廃車になるという事故でした。

事故を防ぐための安全対策とは?

定期的な点検の実施

どのような車両でもそうですが部品が故障している、不具合があると大きなトラブルにつながります。

特にパッカー車のような構造で、特殊な用途のものは故障している部品があると大きな事故につながりやすくなります。定期的な点検に加えて、始業前の点検を確実に行うことが重要です。

運転者の安全意識の向上

どうしても慣れてくると安全意識よりも効率の良さを求めたり、要領よく動くことを優先させてしまったりすることがあります。しかし、作業員の不注意による事故は安全意識を高く持っていれば防げたものも多くあります。

危険な作業を行っているということを認識して安全意識を高く持って作業を行いましょう。

 

作業手順の遵守

収集するときには何も考えずにパッカー車に投入すれば良いというものではありません。

危険なもの、圧縮した際に破裂したり破片が飛び散ったりするものが含まれていないかどうかの確認、空き缶は本当に残量が残っていないかどうかの確認など、作業手順は正しく決まっています。

その順序を遵守することで防げる事故は多いのです。面倒ではありますが作業手順をもう一度確認して守っていきましょう。

作業中の周囲確認

作業員が安全意識を持って作業手順の通りに作業を行っていたとしても第三者からのトラブルが起こることがあります。

  • 作業中に他の車が来る
  • スマホなどを操作しながら自転車に乗っている人が来る
  • 子どもが飛び出してくる

ということも起こるのです。作業中は周囲にも注意を払い、安全確認をした上で作業を行いましょう。

余裕を持った作業

時間に追われてくるとどうしても安全よりも早さを意識したり、いつもは行っている確認を飛ばしたりするようになります。そうして焦って作業を行うと普段であれば起こらないアクシデントが起こることがあるのです。

時間を意識する気持ちはわかりますが、作業は余裕を持って落ち着いて行うことが重要です。

運転者の注意で防げる事故がほとんど

パッカー車で起こる事故は他からの原因のものもありますが、やはりもっとも多いのは運転手や作業員の不注意によるものです。

  • 車を止める位置
  • 作業の手順
  • 周囲の確認

などに常に注意を払って作業を行っていれば事故の多くは防ぐことができます。

特に以前起こった、

  • ギアがニュートラルのまま
  • ハンドブレーキもかけずにゴミ収集を行っていた

などの事故は典型的です。車が勝手に動き出して大きな事故に発展しました。これなども

  • ギアをパーキングにする
  • ハンドブレーキをかける
  • 輪止めを使用する

という当たり前のことを行っていれば起こるはずのなかった事故です。

まとめ

パッカー車は人々が生活をしていく上で必要不可欠な仕事を行っている車両です。しかしその構造から危険が常につきまとう車両でもあります。

安全意識を高く持って作業に当たることがもっとも重要だと言えるでしょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • タンクローリー運転手の平均年収/給料はいくらぐらい?気になる月給/手取り/ボーナス/賞与

    タンクローリー運転手への転職を考えてい...
  • ユニック車とはどんな車?ユニック車の特徴や、必要な資格について

    トラックにはたくさんの種類がありますが...
  • 大型トラックの積載量はどのくらい?「増トン」「減トン」の違いや車両総重量との違いも解説

    大型トラックの積載量は気になるポイント...
  • 1.5トントラックのサイズ/寸法はどれぐらい?高さ/長さ/重さ/幅について

    トラックの大きさは意外と細かく設定され...
  • 10tトラックの排気量は普通車の数倍!燃費を良くするコツとテクニックを紹介

    大型トラックは、重量10トンほどの大量...