掲載をご希望の企業様はこちら

陸送の仕事は儲かるの?キャリアカー・自走ドライバーの仕事内容と給料を調べました

陸送とは陸上の経路のみを使って車自体を運搬することを意味しています。

キャリアカー(積載車)を使って運搬する場合も、自走できる車を運転して移動させる仕事も陸送といいます。

ここではそういった陸送ドライバーの給料や仕事内容などについて紹介していきたいと思います。

陸送の仕事とは

陸送とは

「輸送」とは「陸送」だけでなく「空送」「船送」なども含めて自動車を運ぶことを意味しています。

空送とは飛行機を使用して自動車を輸送することで、早く遠方まで運ぶことはできますが高額になるというデメリットがあります。

船送は船で自動車を輸送することで、大量に運べる、安価で運べるというメリットがありますが、時間がかかるというデメリットがあります。

そして陸送はキャリアカーなどの輸送車で自動車を運ぶ、もしくは自走して運ぶというものです。つまり陸送は輸送の中の一つの方法ということになります。

陸送と自走(回送)

「陸送」というのはその名前の通りに「陸上を使って運ぶ」というものです。車を、陸路を使って運ぶ陸送2つの方法があります。

1つはキャリアカーなどを使って自動車で自動車を運ぶというものです。何台も同時に運ぶ時などに使われる方法で、運ぶ車を荷物のようにして運ぶことができます。

もう1つが運ぶ車を人が運転して目的地まで運ぶ「自走」という方法です。

この方法はキャリアカーなどを必要としない方法ですが、目的地まで実際にその車で運転するためにさまざまな危険を伴う方法でもあります。

当然一人の運転手が一度に運ぶのは運転している一台となります。

陸送のメリット

陸送は新車の購入時の納車、事故車や故障車の運搬、車検切れの車の運搬などに利用されるものです。

キャリアカーなどは普通の状態の車を運搬するように設計されていますので改造している車などは運ぶことができない場合があります。

陸送をするメリットとしては早く車を目的地に届けることができるということと、キャリアカーなどで運搬することで事故や車上荒らしなどの被害を防ぐということがあります。

また空送や船送では空港や港までしか運ぶことはできず、最終的に目的地まで届けるのは陸送ということになります。

陸送(キャリアカードライバー)の仕事

キャリアカードライバーの仕事

キャリアカーは荷台部分に車を複数台載せて運ぶことができるトラックです。故障車の運搬、新車の納品、中古車をオークション会場まで運ぶなどさまざまな目的があります。

また、事故などによって自走できない車、法令上違反となってしまう状態の車はキャリアカーで運ぶことになります。

キャリアカードライバーの給料と待遇

キャリアカーは積み込む際、運搬中、降ろす際などにキャリアカーに運搬中の車をぶつけてしまう、といった危険性があります。

そのため、アルバイトなどがこの仕事に就くことは少なく、正社員として雇用されることが多くなっています。

自動車販売会社、ディーラー、整備会社など雇用する企業はそれぞれで、その会社によって待遇は大きく違ってくることになります。

だいたいの給与は25~35万程度になることが多くなっています。

陸送(自走ドライバー)の仕事

自走ドライバーの仕事

  • ・乗り捨てレンタカーの回送
    乗り捨てられたレンタカーを回収するドライバーは電車などの交通機関を使ってレンタカーの場所まで行き、自走して事業所などまで回送してきます。レンタカーが多く利用される観光地などでは仕事の数も多く、観光シーズンになるとさらに仕事量が増え安定しています。
  • ・新車などの納入
    新車をキャリアカーなどではなく自走で運ぶという方法です。この中にも二通りがあり、一つは港や自動車工場などから販売店まで陸送するというもので、もう一つは販売店から購入した客の所まで陸送するという場合です。
  • ・整備車両の回送
    車検や車両の整備点検などのために指定された車を車検工場、整備工場、ディーラーなどのところまで運ぶのが仕事となります。もちろんすでに故障している車は運ぶことはできませんが、これから点検という車の場合は自走して持ちこむことが多くなっています。

自走ドライバーの給料と待遇

自走ドライバーは「正社員」「契約社員」「フリーでの業務請負」「アルバイト」などさまざまな雇用形態があります。

それぞれでの給料は違いますし、ディーラーや自走回送専門業者、レンタカー会社などどこに雇われているのかによっても大きく待遇は違っています。

また、観光シーズンなど時期によっても給料は違ってきますので、色々と求人を見比べるのが良いかもしれません。

一般的には正社員であれば月給20~25万円程度、日給1万円前後、時給は1000~1200円ほどのことが多いのですが、業務請負の場合は保険代などを自分で支払うことになりますので、報酬と経費のバランスを考える必要があります。

陸送仕事のメリットとデメリット

車が好きな人にはおすすめの仕事

陸送の仕事に向いているのは、

  • ・とにかく車の運転が好きという人
    ということがあります。荷物ではなく、「車」を運ぶ仕事のためにとにかく色々な種類の車を運転することができます。多くの車を運転することができる仕事は意外とあまりないため、そういった人には陸送は向いていると言えます。
  • ・一人で仕事をするのが好きな人
    これはトラックドライバーなどにも当てはまりますが、陸送の場合は荷物の積み降ろしなどがないだけに、さらに人と関わることが少なくなっています。一人で仕事をするのが好き、一人の運転を楽しみながら仕事をしたいという人に向いている仕事だと言えます。

安全運転、時間厳守

当然ですが、運んでいるのは他人の車です。キズをつけたり、事故を起こしたりなどは絶対に許されません。

また、新車の納車、整備点検に出す車などは時間が決まっていることがあります。そういった時間は守らなければいけません。

陸送の仕事に必要な免許・資格

普通免許

一般的な普通免許です。18歳以上になると取得することができるようになっており、この免許を持っていれば、観光地でのレンタカーの回収など普通車の陸送業務を行うことができます。

中型免許

最大積載量6.5トン未満の中型車両を運転するために必要となる免許です。

ただし、免許改正前に普通免許を取得している人の場合は、中型も普通免許に含まれる場合があります。必ず事前に免許を確認しておきましょう。

大型免許

最大積載量6.5トン以上の大型車両を運転するために必要となる免許です。

年齢21歳以上、3年以上の運転経験などの条件があります。こちらの免許を取得していれば大型トラックなどの陸送も行えるようになります。

牽引免許

牽引する車両の総重量が750kgを超える場合は牽引免許が必要となります。トレーラータイプのキャリアカーを使って陸送の仕事をするためにはこちらを取得する必要が出てきます。

まとめ

陸送の仕事は「乗り捨てレンタカーの増加」「オークションサイトなどでの車両売買の増加」などによって安定して需要が発生しています。

運ぶ車両に対応した運転免許を持っていれば始めることができる仕事ですので、興味がある場合はぜひ行ってみましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • ミキサー車に必要な運転免許とは?ミキサー車の特徴や資格、仕事内容を解説

    ミキサー車や生コンを扱う仕事に興味があ...
  • 10tトラックの寸法は?レンタルするなら知っておきたい車体とクレーンのサイズ・特徴

    ユニック車の中でも10tトラックはよく...
  • フォークリフト免許、更新は必要?紛失の際の再発行手続きのやり方

    フォークリフトに関する免許は多くの業種...
  • トラックロープの種類と選び方 - ドライバーにおすすめのロープワークもご紹介

    トラックの荷台に荷物を積んだ時に、荷物...
  • ドラム缶運搬のコツを知りたい!ドラム缶の転がし方・傾け方を身に着けるにはどうすればよいか

    ドラム缶は200kgの重さにもなること...