掲載をご希望の企業様はこちら

トラック運転手の人間関係は良い?悪い?運送会社の職場の人間関係について

皆さんはトラック運転手と言うと、どんなイメージをお持ちでしょうか?少しコワモテなお兄さんが大きなトラックを運転して、怖いとか荒っぽい、マナーが悪い等、マイナスのイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?

そんなイメージのあるトラックドライバーですので、「人間関係も一筋縄ではいかないな...」なんて思っていませんか?

ですが実際の所はどうなのでしょうか?業界の外からだとわからない事もあると思います。

今回の記事では現役のドライバーである著者がトラックドライバーの人間関係について、自身の経験も交えながら紹介したいと思います。

職場の人間関係は大事

皆さんは仕事を続けていく上で重視しているものはなんでしょうか?自分にあった業務内容だったり給料の額であったり、様々あると思いますが、

その中でも職場の雰囲気や人間関係は仕事を続けていく上で、とても重要な要素になると思います。

いくら仕事の内容が自分にあっていて、高収入だったとしても、人間関係が悪ければ仕事を続けていく事は難しいかもしれません。

逆に人間関係が良ければ、少しばかり給料が安くて仕事内容に不満があったとしても、案外と勤まるものです。

トラック運転手の人間関係は良い?

それではトラックドライバーの人間関係はどうなのでしょうか?著者は運送業界で20年程働いてきて、トラック運転手として様々な現場や運送会社を見てきました。

その経験から言わせてもらいますと、トラック運転手の人間関係はとても良いものです。まずトラック運転手はサラリーマンと違って皆ほぼ同じ立場で仕事をしています。

サラリーマンの様な出世争いもありませんので、足の引っ張り合い等も余り無く、上司の顔色を伺う様な事もありません。ですので、職場の風通しも良く、皆言いたい事を言いあっている感じです。

また、トラック運転手はぶっきらぼうで怖そうな人が多いと思われるかも知れませんが、実際にはそんな事はなく、ほとんどのトラック運転手は優しく、親切な人が多いです。

そもそもトラック運転手は人と関わることが少ない職業

これは長所でもあり短所でもあるのですが、トラック運転手の仕事は荷物を積んで外に配達に出てしまえば一人で、一匹狼と言えるでしょう。それは気楽とも言えますし、ある意味孤独とも言えます。

特にトレーラーや大型トラックで長距離をやっているトラック運転手は一度会社を出ると2〜3日、長ければ一週間程帰って来れない場合もあるので、長時間一人で過ごす事になります。

それだけに運転手同士の仲間意識は強く、助け合いの精神が根付いています。それは社内の運転手だけでなく、他の運送会社の運転手同士にも言える事です。

荷下ろし先の倉庫等で異なる会社の運転手同士が仲良く喋っている光景はよく目にします。

1人だからこそ良いこともある

トラック運転手は一般的なサラリーマンと違って、時間にも人間関係にも縛られる事が少ない仕事です。コーヒーを飲みたければ買って飲むのも自由ですし、休憩時間も自分で好きな時に取る事ができます。

基本的には一人なので他の人に気を使う事もありません。もちろん納品時間の関係で休憩が取れない!なんて場合もありますが、一歩外に出てしまえば仕事の流れを自分で組み立てる事ができます。

もし職場の人間関係に疲れて転職を考えている、時間に縛られるのがどうしても嫌だ、という事であれば、トラック運転手を目指してみてはどうでしょうか?1人だからこそ良いこともある。それを実感できる仕事がトラック運転手です。

まとめ

ここまでは20年間運送会業界で仕事をしてきた著者が、トラック運転手の人間関係について紹介してきました。トラック運転手という仕事は気楽だし自由だと、良いことばかりを紹介してきましたが、

その一方で交通の安全には細心の注意を払い、お客様の荷物を納期に確実に届けるという、社会的にとても責任のある厳しい仕事という一面もトラック運転手は持ち合わせています。

だからこそやり甲斐がある仕事だと自信を持って言えます。そして私はこの仕事に誇りを持っています。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • レッカー車の種類とサイズ・レッカー車の仕組みや装備はどうなってるの?

    レッカー車は車両を運搬する時に必要不可...
  • トラック運転手の多くが抱えるストレスの原因とは?仕事におけるイライラしてしまうポイント

    車を運転したことがある人であればわかる...
  • ドライバーの採用単価はどれくらいが一般的?求人にかかる平均採用コストについて解説!

    ドライバー不足が続く運送業界では人材の...
  • 【転職検討者必見】プロパンガスの配送に必要な資格・免許とは?

    プロパンガス配送の仕事には、大きく分け...
  • フォークリフトの耐用年数は何年ぐらい?定期的なメンテナンスと点検で実用年数を延ばそう!

    フォークリフトは多くの業界で活躍するな...