掲載をご希望の企業様はこちら

大型トラックの自動車税はいくらくらいかかる?その内訳と計算方法

大型トラックの所有者、または使用者には納税の義務があります。

しかし、大型トラックの自動車税はいくつかの基準によって、少しずつ変わってくることをご存知でしょうか。どのような基準での税額が決まるのかを知っていれば、節税の手段も見えてきますよね。

そこで今回は、大型トラックの自動車税について、仕組みや節税方法、納めないとどうなるのかなどについて分かりやすく紹介していきたいと思います。

大型トラックにかかる税金とは?

大型トラックを所有することで納める必要の生じる税金には、大きく2つの種類があります。それぞれどのようなものかを見ていきましょう。

自動車税

まずは自動車税です。自動車税とは、公道を走行できる車、すなわちナンバープレートのついた車の所有者が支払う必要のある税金です。

自動車の所有そのものにかかる税なので、たとえ車庫に入れたまま走らせていない車であっても、ナンバープレートがついているのであれば自動車税を納めなくてはなりません。

  • 車種
  • 用途
  • 積載量

など、いくつかの基準にしたがって税額が決められます

自動車重量税

2つめは自動車重量税です。自動車検査証の交付を受ける者、または車両番号の指定を受ける者に支払義務が生じる税金です。

つまり、自動車を新規登録したり、車検を受けたりといったタイミングで支払うことになるわけですね。その性格から「車検税」と呼ばれることもあります。自動車の区分ごとに、車両総重量に応じて税額が決定されます。

大型トラックの自動車税の仕組み

上記で紹介した2種類の税金は全ての自動車が対象となるものです。当然、大型トラックと中型車や普通車とでは税額が変わってきます

どのような基準で税額が決まるのか、特に重要となる自動車税について、制度の仕組みを具体的に見ていきましょう。

最大積載量で変化する

トラックの自動車税がいくらになるのかに関してはいくつか基準があるのですが、その中で大きな割合を占めるのが最大積載量です。最大積載量が大きくなればなるほど、課税される額も大きくなっていきます。

たとえば、乗車定員3名以下の営業用トラックの税額は、最大積載量が

  • 10t超~11t以下・・・標準税率で43,600円
  • 15t超~16t以下・・・標準税率で67,100円

となります。

経過年数で増税

新車として新規登録してから一定年数以上を経過している車両については、自動車税が重課されます。

一定年数を経過している車は環境負荷が大きいため、より多くの税金を支払わなければならなくなるわけです。トラックの場合、重課率は概ね10%となっています。

たとえば

最大積載量10t超~11t以下の営業用トラックは標準税率なら43,600円と先程述べましたが、もしもこの車が新車登録から13年以上経過したものであれば10%重課の対象となるため、自動車税は47,700円となるのです。

用途によって税金が変わる

トラックが自家用なのか営業用なのかによっても税額は変わってきます。白ナンバーのトラックと緑ナンバーのトラックとでは、緑ナンバーのほうが自動車税は安いのです。

たとえば

先程から例に出しているとおり、最大積載量10t超~11t以下の営業用トラックの自動車税は、標準税率であれば43,600円です。一方、同じサイズの自家用トラックだと、標準税率で59,400円にもなるのです。

エコカー減税がある

エコカー減税という制度があります。読んで字のごとく、環境負荷の低い車種は自動車税が安くなるという優遇措置ですね。

大型トラックのような重量車の場合、対象となる

  • 電気自動車
  • 天然ガス自動車
  • ハイブリッド車

であれば概ね75%軽減となります。

大型トラックの節税について

自動車税についての概要が把握できたら、次に気になってくるのは節税できるかどうかですよね。大型トラックの自動車税を安く抑える方法を紹介致します。

減トン

節税を考える場合、まず視野に入れるべきは減トンでしょう。減トンとは、本来の積載量よりも少ない最大積載量でトラックを登録することです。

当然ながら積める荷物の量は少なくなってしまいますが、先述のとおり自動車税は最大積載量が多ければ多いほど高くなるわけですから、逆に減トンすれば税額を抑えることが可能なのです。

レンタル・リース

自分でトラックを所有するのではなく、レンタルやリースを活用するのも一つの手です。というのも、自動車税を支払うのはあくまでも当該自動車の所有者だからです。

レンタルやリースでは所有権が移転するわけではないので、自動車税を支払うのは借りた側ではなく、レンタル会社やリース会社なのです。

大型トラックの自動車税が未納だとどうなる?

ところで、自動車税を収めないとどういった措置が下されるのでしょうか。

延滞金

第一段階として、5月31日の納付期限を過ぎても納税を行っていない場合、最初に送付されてきた通知書では納税できなくなります。

期限の翌日から1ヶ月間は年率2.9%(毎年の加算率は変動するため一律この加算率でないことに注意してください)、それ以降は9.2%の延滞金が、当初の納税金額をもとに加算されます。

車検を受けれない

車検を受けるためには、自動車税納税証明書が必要になります。納税証明書ということは、当然ながら納税していない者に対しては発行されないわけです。

つまり、自動車税を納めていないと車検を受けることができません。このことはトラックだけではなく、普通自動車など他の車両でも同様です。

まとめ

大型トラックを所有するのであれば自動車税を納めることが義務となります。未納のままにしておくと不利益を被ることになりますから、毎年忘れずに払うようにしましょう。

節税できるところは節税して、賢くトラックを運用していってください。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • 【例文つき】ダンプ運転手の志望動機/履歴書/自己PRの書き方は?注意点や例文を紹介!

    企業の採用担当者は必ず志望動機に目を通...
  • フォークリフトに必要な3つの点検とは?点検に関する法律も解説

    フォークリフトには定期的な点検が必要に...
  • 玉掛けの吊り方解説!玉掛けを行う上で注意したいポイントと玉掛け不良の懸念点

    クレーン作業で必ず必要になるのが玉掛け...
  • トレーラー運転手の技術はすごい!なぜトレーラー運転手がすごいのかを解説します

    トレーラーの運転手はトラックドライバー...
  • 牽引免許取得は難しい?需要が高まる牽引免許の取得方法や難易度を解説!

    持っていると得をするとよく言われている...