掲載をご希望の企業様はこちら

トラック運転手は飲酒とどう付き合うべき?飲酒運転の罰則とリスクをご解説!

トラック運転手にとってはお酒との付き合い方はとても重要な問題ですよね。飲酒運転が原因の交通死亡事故が度々ニュースで報道されていますが、運転を生業とするトラック運転手にとっては全く他人事ではありません。

昨今では飲酒運転に対する風当たりはとても厳しいものがあって、行政、警察のみならず企業も飲酒運転に対して断固たる処置を行うところがほとんどです。

今回の記事ではトラック運転手のお酒との付き合い方、向き合い方について記事にしていきたいと思います。

トラック運転手が飲酒運転をしてしまったら?

トラック運転手本人への罰則

まず前提として、飲酒運転をトラック運転手がしてしまうという事はプロとして失格だという事になります。

厳しい言い方になりますが、恐らくそんな心構えではこの業界でやっていく事は難しいでしょう。飲酒の管理を含めてのプロという意識をもちましょう。

飲酒運転の罰則は大変厳しいものがあり、0.15mg以上0.25未満の酒気帯び運転で違反点数は13点となり免停90日、0.25以上で違反点数は25点で免許取り消し(欠格期間2年)になります。

また、酒酔い運転に至っては違反点数が35点となり、免許取り消し(欠格期間3年)となります。罰金も大変高額で、酒気帯び運転が初犯で30万〜40万、酒酔い運転は60万〜70万と言われています。

トラック運転手を雇っている会社側への影響

トラック運転手が飲酒運転をしてしまうと、会社も大きな影響を受ける事になります。運送会社は法令で点呼時にアルコールチェックが義務付けられていますが、

もしアルコールチェックに運転手が引っかかった場合、トラックを止めなければなりません。当然会社からお叱りを受けて、何らかの処分が下される事になるでしょう。

また、飲酒運転で事故を起こしてしまえば、会社の看板にキズがつき、事故の相手方に会社も損害賠償責任を負う事になります。当然会社に多大な迷惑をかける事になります。

飲酒運転が原因で死亡事故を起こしてしまったら

絶対あってはならない事ですが、もし飲酒運転で死亡事故を起こしてしまったら、加害者には大変厳しい処分が下される事になります。まず以下の2つの罪状(刑事罰)のどちらかになる場合があります。

  • 危険運転過失致死傷罪(7年以下の懲役もしくは禁錮、または100万円以下罰金)
  • 危険運転致死傷罪(1年以上の有期懲役)

これに加えて行政処分(免許取り消しや停止)と民事上の請求(慰謝料や損害賠償)も受ける事になり、その後の人生に暗い影を落とす事になります。

免許が何よりも「安全」の証明

ここまで、少し脅かす様な事を書いてきましたが、決して大げさな事ではありません。我々トラック運転手にとって運転免許は絶対必要なもので、免停や取り消しになってしまえば仕事をする事が出来ません。

会社も部署移動を考えなければならず、迷惑を掛ける事になります。収入も少なくなり家族にも大きな負担をかけてしまう事になります。なによりトラック運転手にとってトラックに乗れない事ほど辛いことはありません。

飲酒運転を防止するために気をつけるべきこと

お酒が好きな人にとって、仕事が終わって家での晩酌がどれほど楽しみなのかはとても分かります。ですがトラック運転手の仕事は、時間が不規則で、朝も早い事が多いので、平日にお酒を飲むのはお勧めできません。

飲酒運転を防止するために、例えばお酒を飲むのは休みの前日にするなど、飲酒日を作る事を考えてみてはどうでしょうか?

そもそもお酒を我慢できない人は運転手の仕事をやるべきではありません。あなたの周りには家族や会社の仲間がいる事を忘れないようにしてください。

それでも飲んでしまった場合の対処法

もし万が一アルコールが抜けていない状態で仕事に行かなければいけない場合は、まず会社に連絡して出発時間を遅らせてもらい、アルコールが抜けてから会社に行く様にしましょう。

個人差はありますが、ビール(500ml)1本分のアルコールが抜けるのに体重60kgの人で大体3時間以上と言われています。間違ってもアルコールの抜けていない状態で会社に向かう事だけは絶対にしないで下さい。

まとめ

ここまでは、トラック運転手にとっての飲酒運転のリスクと罰則について紹介してきました。もちろんお酒が好きな人でも立派にトラック運転手として活躍されている方はたくさんいます。

ただ、飲酒の管理がしっかりできないのであればトラック運転手には向いていないと言わざるおえません。昔から言われている事ですが、飲んだら乗るな、飲むなら乗るな、の精神で飲酒運転の防止に励んでいってほしいと思います。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • 2tトラックの走行距離の寿命はどのくらい?寿命が近いサインの見分け方

    自動車に長く乗っていると、月日が経つに...
  • 物流業や倉庫業の荷降ろしはきつい?荷物の積み下ろしを楽にする為の方法とは

    物流業界で働くことを検討されている方は...
  • セミトレーラーの寸法/サイズ - 長さ/高さ/幅/総重量など寸法に関する全てをまとめ!

    セミトレーラーというのは牽引車の一種で...
  • ダブルキャブトラックのおすすめ5選!ダブルキャブのメリットとデメリットも

    トラックというと多くの場合は運転手と助...
  • 高圧ガス移動監視者になるには資格が必要!講習にかかる費用と検定に合格するための勉強法

    高圧ガス移動監視者という資格は高圧ガス...