掲載をご希望の企業様はこちら

ドライバーの採用単価はどれくらいが一般的?求人にかかる平均採用コストについて解説!

ドライバー不足が続く運送業界では人材の確保のために採用単価が上がり続けています。そこで企業側としては採用単価をある程度抑えることで、コストを下げていきたいという悩みが発生しています。

ではドライバーの採用単価はどのように決まっているのでしょうか。また、これを抑えるにはどうすればよいのでしょうか。ここではそれらについて紹介していきたいと思います。

そもそもドライバーの採用単価とは?

人材を一人採用しようとすると平均コストとして30~50万円がかかると言われています。これは求人広告費や人材紹介会社を利用した際の支払いなどのことをさしており求人採用に対して自社の社員が働いた分や経費については含まれていません。

広告宣伝などは最近ではネットで行うことが多いのですが、2週間などの決まった期間求人内容を掲載するのに費用が発生します。もちろん掲載したから必ず応募があるというわけではなく、1人も応募がないということもあります。

人材紹介サービスについては人材を紹介してもらって雇用が決定すると、その人の理論的な年収の20~30%前後を報酬として支払うというものです。この場合はさらに高額な費用がかかることになります。

あくまでも平均の金額は知り合いの紹介などで採用に費用がかからなかった場合なども含めての平均なのです。

採用単価はドライバーの採用方法によって変わる

ハローワーク

ハローワークに求人を出していて、それを見て応募してきた人を採用した場合には実質的には費用は発生しません。その求人採用に関わった自社の社員の労力、人件費がかかるのみとなります。

民間の求人広告

最近では仕事を探す際にハローワークではなく、まずは「求人サイト」から探すという人が増えています。そういった民間の求人サイトに募集広告を出すためには数週間~数ヶ月という単位で掲載料を支払うことになります。

また、検索の上位に表示されるようにしたり、大きな広告を掲載するためには追加でオプション費用を支払うことになります。

ドライバーに特化した人材紹介会社

近年増加しているドライバー専門の人材紹介会社を利用するという方法もあります。これはドライバーを必要としている企業が紹介会社にどういった人材を求めているのかなど告げて依頼することで、その条件に合ったドライバーを紹介してもらうというものです。

雇用が決定すると、そのドライバーの理論年収の30%前後、もしくは50~100万円ほどのお金を紹介会社に支払うことになります。

採用後にもかかる必須費用についても把握しておこう!

定着費用

採用時にかかった費用のことを採用費用だと思うことがありますが、実際には採用後にも費用がかかることになります。まずその採用者を教育する人間の人件費がかかります。

また、なかにはせっかく採用したもののすぐに辞めてしまうという人もいます。その場合には新たに人を雇う必要が出てきます。さらに時間とお金がかかることになります。

つまり本来の採用単価はこれらの採用した人が会社にしっかりと定着するまでのトータル費用(定着費用)も含めて考えなければならないのです。

教育費

まるっきりの新人を雇用した場合は、その人が満足に1人で仕事ができるようになるまでは教育期間となります。その間は大きな利益をもたらすことはできないどころか個人だけ見れば赤字になるかもしれません。

もちろんその人を教育する人の人件費も考える必要があります。こういった教育費も費用として考えなければならないのです。

採用ドライバーの離職で採用単価は膨らむ!

採用費用をかけて採用したドライバーが会社になじめなかったりしてすぐに離職してしまうと、それまでその人に対してかけた費用が無駄になってしまいます。

さらに新しく人を採用しようとするとあらためて費用が発生することになり、採用単価は膨らむ一方となります。採用することも重要ですが、その人がしっかりと会社に定着するまでしっかりと関わっていくということが何よりも重要となります。

採用ドライバーの定着率向上のために出来ること

就職希望者の不安取り除く

ドライバーが安心して勤務をし、会社に定着していくためにはドライバーの不安に思っていること、不満を感じていることを除いていかなければいけません。給与、残業手当、休日や休暇、ボーナスなどをはっきりとさせていくことで不安を取り除いていきましょう。

ありがちなこととして、採用するまでに給与や残業について良いことばかりを言っておいて、実際に働きだしたらその話と違うということがあります。こういったときはドライバーは大きな不満とともに会社をすぐに辞めてしまうことがあります。

採用時に良いことばかりを伝えるのは考えたほうがよいでしょう。

自社の魅力を伝える

採用したドライバーにはその会社の良いところをうまく伝えていきましょう。

  • 給与が確実に上がっていく
  • ボーナスが良い
  • 残業がない

という実際に達成できる会社の魅力を伝えていくことで長く勤務するというイメージを持ってもらうことが重要です。 

採用単価を削減できる人材紹介会社について

人材紹介会社とは?

「人材紹介会社」は人材を必要としている企業から求人の依頼を受け、その内容にあった人材を紹介する会社です

まず就職や転職、派遣を希望しているドライバーが人材紹介会社に登録をしておきます。そしてドライバーを必要としている企業から募集がかかると、その募集内容に合った人材を紹介するというサービスです。

紹介によって採用が決定した場合に費用が発生します。人材紹介でもっとも多い形式となります。

メリットとデメリットについて

メリット

ドライバーを正社員として常に雇用していれば問題ないのですが、そうすると常に人的コストがかかるということになります。運送業界にも繁忙期があり、そこにドライバーの人数を合わせていると、他の時期に大きく人件費だけがかかってしまうことになるのです。

しかし人材紹介会社を使って必要な時期に人材を紹介してもらうようにすれば余計なコストが削減できます。また、自分の会社で求人を出して採用する場合よりもコスト削減できることもあります。

また、人材紹介会社に登録する際に

  • 経験
  • 免許
  • 資格

などについて確認がされます。企業としてはその人材紹介会社に希望する条件の人を依頼すれば、その条件を満たした人が紹介されますので、有能なドライバーを簡単に確保できるという強みがあります。

自社で採用してから期待通りの才能を発揮してもらえるかどうかわからないということを考えるとリスクも少なくなると言えます。

デメリット

基本的には人材紹介会社に希望するような人材を依頼して紹介をしてもらうことになるのですが、すべての人材紹介会社が希望通りの人材を紹介してくれるとは限りません。

中には希望する能力に遠く及んでいないドライバーを紹介されることもあります。 

まとめ

ドライバー不足が続いている運送業界では採用単価が高くなっている傾向があります。

採用に関する費用がどのように発生していて、どうすれば効率的に採用が行えるのかを知った上で採用活動を行えば、採用単価を低下させることにつながっていくでしょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • ルート配送の効率化はどうして難しい?3つのポイントと無料アプリ/ソフトについて

    ルート配送の業務を効率化させるために何...
  • タコメーターの見方を知って効率運転に役立てよう!

    タコメーターという装置をご存知でしょう...
  • トラック運転手の将来性について ~ 物流業界の過去・現在・未来の市場の傾向など

    トラック運転手の仕事がしたいけど、この...
  • 運送会社の給料っていいの?サラリーマンとは違う運送会社の給料の仕組みを解説します!

    給料は、仕事をする上で最も重要な要素の...
  • 4tトラックの維持費はどれぐらいかかるの?税金やコストについて徹底解説!

    4tトラックは現在、一番需要の高いトラ...