掲載をご希望の企業様はこちら

ダブルキャブトラックのおすすめ5選!ダブルキャブのメリットとデメリットも

トラックというと多くの場合は運転手と助手席に一人、つまり乗員は2名である事が多く、シートも1列ですが、中にはシートが2列になっているダブルキャブというトラックがあります。

今回はおすすめのダブルキャブの車種などをご紹介いたします。

ダブルキャブの特徴

ダブルキャブの特徴の一つはシートが2列である事です。また乗用車のように前後左右にドアが付いている4ドアである事も特徴でしょう。なので普通のトラックよりも運転席が長く見えます。

一般的なトラックと違って4名~5名ほど乗る事ができます。その代わりと言ってはなんですがキャビンが2列なので当然荷台は短くなっているからです。

また、小型トラックに多くディーゼル車がほとんどなので、燃料は軽油という事になります。

おすすめのダブルキャブトラック5選

ここではおすすめのダブルキャブトラックを5種類ご紹介いたします。

日野・デュトロ

日野デュトロはとても人気がある車種です。超低床なので荷物の上げ下ろしが非常に楽な造りになっています。

ドライバーが運転に集中しやすい内装になっているのも人気です。それだけではなく安全性能も非常に高く人や物を検知する機能を搭載しています。

この機能は夜間の運転や悪天候の時の運転をする時にも役立ちます。さらにリッター13.6kmの低燃費なので、燃料費の節約をしたいという方には最適の車種でしょう。

荷台については超低床だけではなく最適な高さが選べるのも人気の秘密です。

いすゞ・エルフ

いすゞのエルフは小~大型のトラックまでサイズが非常に豊富です。操作性が良いので運転しやすいという特徴があります。

運転していて疲れないというのもいすゞエルフの良い点かもしれません。さらにクラストップレベルの低燃費を誇っています。環境にも非常に配慮した車種でもあります。

プリクラッシュブレーキなど安全装置を標準装備しており、荷台が長いタイプを選べるなど用途に合わせたサイズの販売をしているのもエルフの良い点でしょう。

トヨタ・ダイナカーゴ

トヨタのダイナカーゴはリッター13.60kmと燃費率も良く、見た目も非常にスッキリとしているのが特徴です。

低床タイプは荷台への荷物の上げ下ろしが楽で、作業者の身体への負担が少なくおすすめです。リアシートを折りたたんで荷物を入れる事も可能です。

リア席にもヘッドレストが付いているタイプもあるので、後ろの席に座る方にも配慮がされています。リアクーラーやカップホルダーなどもオプションで選べます。

三菱ふそう・キャンター

三菱のキャンターも昔からある有名なトラックです。キャンターは低燃費性能が非常に優れています。

ビジネスで使うものなので経費を節約したい方には最適です。運転がしやすくシンプルなので飽きが来ないのも特徴でしょう。

環境に配慮した排気後処理装備、衝突被害軽減ブレーキなど安全面でも配慮されています。

もちろん歩行者や障害物も検知し警告をしてくれるので、事故や衝突などの危険を回避する能力に長けています。

日産・アトラス

日産のアトラスもよく見かけるダブルキャブトラックです。前方検知性能に長けていて早めに警告や警報を鳴らしてくれるので、危険回避しやすいという特徴があります。

最大6人が乗車できるので快適な広々とした空間です。運転しやすく操作性に優れているので長時間の運転をする時にも疲れず、ドライバーに配慮したシートもおすすめです。

日産という乗用車のメーカーだけに乗り心地はぴか一かもしれません。もちろん好みにもよります。

ダブルキャブのメリットとデメリット

ここではダブルキャブのメリットとデメリットについてご紹介いたします。

ダブルキャブのメリット

ダブルキャブは1台のトラックに2名以上(最大5名~6名)ほど乗る事ができます。

2列シートのトラックだと最大で3名しか乗れないので、作業員が3名以上必要な現場に一度に向かう事ができるのが最大のメリットです。

1列シートだと別々の車に乗って現場に向かわなくてはならないので、燃料費などがかかってしまうなどの問題がありましたが、

ダブルキャブトラックを活用する事で燃料費の節約ができるというのもメリットだと言えるでしょう。

ダブルキャブのデメリット

とても便利なトラックなのでメリットばかりだと思われがちですが、ダブルキャブにもデメリットは存在しています。

例えば2列シートなのでその分キャビンの長さがなくてはなりませんので、当然なのですが荷台が短くなってしまいます。

すると荷物をたくさん積み込めないというデメリットがあるのです。ただしこのデメリットについてはロングタイプを選択すれば問題は解決するかもしれません。

一般的なダブルキャブよりも荷台が長いのでおすすめです。ただし中型免許が必要になる事もあるので、これもデメリットと考える事はできるかもしれません。

ダブルキャブがおすすめなのはこんな人

ダブルキャブがおすすめなのは、2名以上で現場に向かって作業をしなくてはならないという方です。

例えば建築現場で作業をする業種の方に向いているでしょう。もちろん運ぶ荷物の量にもよります。

例えば複数名で移動するけれど荷物が少ない場合にはショートキャブを選び、複数名で現場へ移動しなくてはならず、運ぶ荷物も多めという業種の方の場合にはロングボディのダブルキャブトラックを選ぶと良いでしょう。

ダブルキャブについてのQ&A

ここではダブルキャブについてのよくあるQ&Aについてわかりやすく説明いたします。

ダブルキャブは税金が高い?

ダブルキャブは乗れる人数が多いので税金も高いのでは?と思われるかもしれませんが、自動車税は一般的なトラックと同じです。

もちろん自家用と営業用では若干税額が変わります。他にもトラックのサイズでも自動車税は変わります。

自動車重量税についてですが、こちらについても一般のトラックと変わりはありません。ただし新車登録から13年が過ぎると高くなります。

ダブルキャブは運転がしにくい?

運転席が長いので普通のトラックと比べると運転しにくいと思われるかもしれませんが、運転席が2列になったといってもトラックの全長は変わりません。

なので運転しにくいという事はあまり感じないかもしれません。

操作性は普通のトラックと変わらず5名~6名ほど乗れるので、ダブルキャブを選ぶ方や企業が多くなっているのもうなずけます。

2WDと4WD、どっちを選ぶべき?

ダブルキャブには2WDと4WDの二つのタイプがあります。

どちらの方が良いのかについてですが、舗装道路を走行して作業も舗装道路で行うのであれば、特別に4WDの必要は無いかもしれませんので2WDがおすすめです。

一方四輪駆動は小回りが利くので舗装していない道路を走ったり、山林などで作業を行うのであれば4WDを選択した方が間違いないでしょう。

まとめ

今回はダブルキャブとは何か?ダブルキャブの特徴やメリット、デメリットについて、そしてよくある質問に答えてみました。

この記事がダブルキャブの特徴などについてを知りたいという方の参考になれば幸いです。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • ドライバー派遣の料金相場は?メリットの多いドライバー派遣について解説します

    運送業界ではドライバーの高齢化やドライ...
  • 玉掛けとは?クレーン作業には必須の資格、玉掛け免許の取得方法まで詳しく紹介!

    玉掛けはクレーン作業を行う際に必要にな...
  • 大型トラックの寿命は何万キロ?走行距離の寿命を伸ばすための定期メンテナンスとは

    大型トラックの寿命はどれぐらいあると思...
  • 運送業界特有の無事故手当とは?事故をしない場合に貰える手当はどのくらいが相場?

    ドライバーの給料には「無事故手当」と言...
  • 荷姿の種類はどういうものがある?輸出用の梱包の英語の読み方も解説

    荷物の荷姿にはいろいろな種類があり、そ...