掲載をご希望の企業様はこちら

バキュームカーの構造/仕組みとは?気になる臭い対策についても紹介!

私たちの生活に欠かせない存在のバキュームカー。

ドライバーの仕事の中でも実入りが良い部類と言われているため就職や転職を検討している方も少なくないと思われますが、そのためにはバキュームカーの構造や仕組みについて知っておくことが望ましいですよね。

そこで今回は、バキュームカーの概要や臭い対策の仕組みについて解説していきます。

バキュームカーってどんな車?

バキュームカーという名前はあくまでも通称。公式には吸上車と呼称されており、吸引器とタンクを備えた自動車のことと定義されています。いわゆる特殊用途自動車、8ナンバーのひとつですね。

一般にバキュームカーという場合、屎尿運搬用の車両を指すことがほとんどでしょう。簡易水洗便所や汲み取り式便所、列車便所などでの糞尿や、浄化槽に貯まった汚泥の回収を行う車です。

衛生車、糞尿収集車、汲み取り車、屎尿収集車といった別名もあります。汲み取り地域には中継タンクがあり、最終処理を行うのは衛生センターの役割となっています。

バキュームカーの収集先は?

現代の都市では下水道が整備され、水洗式のトイレが一般的になったこともあって、バキュームカーの活躍する場所は年々減少していると思われがちです。

実際、その認識はあながち間違いではないでしょう。しかし、町村部はその限りではありません。

また都市においても、起伏などの地形的制約によって下水道を敷設できず、汲み取り式や簡易水洗式のトイレを設置せざるを得ない場所も存在します。

そのようなところは現在でもバキュームカーの収集先となり得るのです。

バキュームカーの構造と仕組みについて

バキュームカーの役割が理解できたところで、今度はバキュームカーそのものの構造について見ていきましょう。

吸引ホース

糞尿や汚泥を吸引するための通り道となるホースです。吸引ホースはタンク下部に設置された吸引バルブへと接続されています。

吸引機で内圧を低下させ、その最中にバルブを解放することによって吸引が始まるというシステムです。

運搬用タンク

吸引した糞尿や汚泥を溜めておくためのタンクです。先述のとおり、この運搬用タンク内を負圧にすることによって吸引力を生み出します。

PTO式

PTOとは「パワーテイクオフ」の略。トラックが走行するためのエンジンの動力を架装の動力として伝えるためのシステムです。

PTOにはトランスミッションPTO、フライホイールPTO、フルパワーPTOといくつかのバリエーションがあり、それぞれ動力の伝え方が違います。

このうちバキュームカーに採用されていることが多いのはトランスミッションPTOという仕組みです。

トランスミッションPTOは停車時に使用されるシステムで、PTOスイッチによってONとOFFとを切り替えて使用することができます。

トランスミッションの横に動力取出しフランジとPTOシャフトが取りつけられていて、そこから動力を取り出して架装へと伝えます。

バキュームカーの臭い対策は?

ところで、バキュームカーと聞いて悪臭を連想してしまっていないでしょうか。運搬するものの性質上、どうしてもそのようなイメージがつきまとうのは仕方のないことかもしれません。

しかし、バキュームカーも時代とともに進歩しています。現代のバキュームカーには臭い対策が施されていて、外部に臭いが漏れることはありません。

燃焼式消臭器

バキュームカーには車載の脱臭機が備え付けられています。脱臭機のメカニズムにはいくつかのバリエーションがあるのですが、代表的なものの一つが燃焼式消臭器。

読んで字のごとく、悪臭の成分を高温で燃やしてしまうことによってほぼ無臭の状態まで持っていくという仕組みです。

消臭効果が高い一方で、燃料を使用するためにランニングコストがかかるというデメリットもあります。

潤滑油

オイルによって悪臭を良い香りに変えてしまうという画期的な製品も販売されており、現在バキュームカーへの導入が進められています。

ここで使われるオイルからは糞便臭に含まれる成分があらかじめ除去されており、そこに汚物が加わることで、化学反応が起こって悪臭が良い香りに変わるという仕組み。

なお、オイルはバキュームカーの真空ポンプ用の潤滑油に混ぜて使われます。こうすることで真空ポンプと配管を通してオイルがバキュームカー内を循環し、不快な臭いを取り除いてくれるわけです。

まだまだ活躍するバキュームカー

先述のとおり、近年では都市部など下水道が普及しているため、バキュームカーを見かける機会も減ってきています。

しかし、地方の町村部や山間部にはまだまだ下水道が整っていない場所も残っています。

特に地形的要因によって下水道を設置できないところでは、周辺の発展とは無関係に汲み取り式トイレを使わざるを得ないのですから、今後においてもバキュームカーの需要がなくならないと考えられます。

まとめ

 

バキュームカーは人々の生活に密着した存在であり、地域の衛生環境を支える「はたらく車」であると言えます。

ここまで見てきたとおり、バキュームカーを必要としている地域は依然として存在します。

また便所だけではなく、浄化槽も詰まりを防ぐために定期的な汲み取りを行う必要があるため、やはりバキュームカーの出番はなくなりません。

ドライバー職の中では好待遇で迎えられる仕事でもありますので、興味がある方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • トレーラーの運転手は運転が上手くてかっこいい!高い運転技術が求められるトレーラーの運転

    トレーラー運転手は花形とも言われる人気...
  • 大型トラックで雪道を安全に運転するための7つの注意点!おすすめアイテムもご紹介

    雪道を走行するのは非常に危険が伴います...
  • フォークリフト免許、更新は必要?紛失の際の再発行手続きのやり方

    フォークリフトに関する免許は多くの業種...
  • no image

    大型免許の取得は難しい?ドライバーを目指すなら持っておきたい大型免許!

    大型免許はトラックドライバーを目指す方...
  • ケミカルローリーを運転するのに必要な資格/免許は?危険物乙種について解説

    ケミカルローリーのドライバーは人気があ...