掲載をご希望の企業様はこちら

運転記録証明書とは?申請方法・入手までの日数・貰える場所をご紹介

運転記録証明書とは、過去1年から5年の間の交通違反歴等を証明する書類です。

ドライバーとして仕事をしていると耳にする機会もあるかと思いますが、この書類、実際のところいったいどのような局面で必要になるのでしょうか。

今回は運転記録証明書に関して、どのような場合に必要となるのか、また発行に必要な日数や費用、申請方法についてわかりやすく説明していきます。

「運転記録証明書を提出」といわれたら

まずは運転記録証明書の概要について押さえておきましょう。

運転記録証明書とは

運転記録証明書は、ドライバーの取得している運転免許に対して1年前、3年前、5年前まで遡って、交通違反や交通事故による行政処分を受けているかどうかの履歴を証明してくれる書類です。

自動車安全運転センターが発行している公的な書類ですので信用力があり、ドライバーとして就職する際や個人タクシーの免許更新の際など、様々な手続きで使用されます。

どこで発行してもらえるのか

先述のとおり運転記録証明書を発行しているのは自動車安全運転センターなのですが、発行の手続き自体は免許センターで行うことになります。また、郵便局でも手続きが可能です。

運転記録証明書を発行するには

次に、具体的な手続きの流れを確認していきましょう。

郵便局で手続き

郵便局は全国どこの市町村にもあるため、少なからぬ人にとって免許センターより身近な存在と言えます。したがって、運転記録証明書の発行も郵便局で手続きを行いたいという人が多いでしょう。

重要なことは、郵便局で手続きができるというのは、郵便局に申込書があるという意味ではないということです。

運転記録証明書の発行申込書は郵便局では交付されていません。事前に最寄りの警察署や交番に赴き、そちらで申込書をもらう必要があります。

申込書の必要事項を書き込んだら、郵便局の窓口に行きましょう。通常払込で申し込むことで手続きが完了します。

免許センターで手続き

郵便局と違い、免許センターには申込書が置かれている場合もあります。ただし、必ずというわけではありません。

免許センターによっては申込書がないことも考えられるため、事前に電話などで確認しておくことをおすすめします。もしもなかった場合は、やはり警察署か交番で入手する必要があります。

運転記録証明書の発行にかかる費用と日数

申込書を提出してから実際に証明書が発行されるまでにはタイムラグがあります。申し込みにかかる費用とあわせて紹介させていただきます。

運転記録証明書の発行にかかる費用

郵便局で手続きする場合も免許センターで手続きを行う場合も、申し込みの手数料は一律630円で変わりません。また、申請する年数によって料金が変わることもありません。

運転記録証明書にかかる日数

郵便局で申請した場合、運転記録証明書の受け取り方法は郵送になります。申し込んでから10日ほどで自宅に届くでしょう。

免許センターで申請した場合は、郵送してもらうか直接受け取るかを選択することができます。

  • 郵送・・・3~7日
  • 直接の受け取り・・・当日~3日

で運転記録証明書を入手できます。

運転記録証明書に関するQ&A

申し込みにあたって気になるであろう事項をいくつか説明させていただきます。

手続きを人に頼んでもいい?

仕事が忙しいなどの理由で免許センターや郵便局に足を運ぶことが難しい方もいらっしゃるでしょう。そのような場合に気になるのは、本人でなくても申請ができるかどうかですよね。

結論から言えば、手続きを委任することは可能です。自動車安全運転センターのWebサイトに委任状の書式がありますので、ダウンロードして使用しましょう。

なお、代理人が申し込みを行う際は委任状のほか、本人の免許証番号や代理人の身分証明書が必要です。

1年、3年、5年、どれがいい?

先述のとおり、申請する年数によって手数料の額が変わることはありません

運転記録証明書が届くまでの日数も大きく変化するものではないので、せっかく申し込むのであれば5年を選択しておくのが最も無難でしょう。

手続きの際の持ち物は?

印鑑と手数料が必要です。また、郵便局で手続きをする場合は振込手数料が必要になることもありますので、お金は多めに準備しておくとよいでしょう。

まとめ

今回は運転記録証明書の入手方法や届くまでの日数、申し込みにかかる費用などについて紹介させていただきました。

運送業界で転職する際など、ドライバーとして働くのであれば運転記録証明書を求められるシチュエーションは意外とあるものです。

必要になったときに慌てずに済むよう、しっかりと手続きの流れを頭に入れておきましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • ルート配送ドライバーの給料/平均年収が知りたい!月給やボーナスは相場でどのくらい?

    ルート配送ドライバーの給料はどれほどな...
  • no image

    チップ車の荷卸しはどうしてるの?気になる積み降ろし作業について紹介!

    チップ車はチップの積み降ろしに特徴があ...
  • フォークリフトで公道を走るのは違法?必要な免許や資格についてお答えします!

    倉庫間が離れているなどフォークリフトを...
  • フォークリフトの無免許運転は違法!敷地内でも違法になるので要注意!

    自動車は私有地であれば無免許運転も可能...