掲載をご希望の企業様はこちら

フルトレーラーの寸法/サイズを知りたい!高さ/幅/長さなどを徹底解説!

フルトレーラーの寸法は年を追うごとに大型化してきています。元々は最長19mと定められていた最長寸法ですが、2013年に21mまで、2016年には25mまでに伸ばされてきています。

そこでここではダブル連結トラックとも呼ばれる大型フルトレーラーのサイズ、寸法について紹介していきたいと思います。

フルトレーラーの寸法/サイズ

フルトレーラーの構造

フルトレーラーとは荷重の多くがトレーラー自身に掛かる構造のトレーラーのことを指しています。

ドリー式もしくはセンターアクスル式の大きなフルトレーラー(大型トラックなどに連結する、エアブレーキが備えられているもの)と、センターアクスル式の軽いフルトレーラー(乗用車などに連結する、キャンピングトレーラー等)とに分類されています。

また、セミトレーラーとはトラクター部分に荷台が無いものを指しており、フルトレーラーとはトラックを2台連結したようなものだと考えることができます。

フルトレーラーの寸法

2013年に改正されるまでは「19m」というのが最大寸法でした。

それが2013年の改正で「21m」、2016年の改正で「25m」へと伸ばされています。

ただし、急に車両のすべてを入れ替えることはできませんので、実際に走行しているのは16~18mほどの寸法のものが多くなっています。

また、運転に慣れたドライバーでも25mもの長さになるとかなりの技術が求められるため、誰でも運転できるというわけではありません。

フルトレーラーの寸法が大型化している

フルトレーラーの寸法が大型化する背景

運送業界ではネットショッピングの増加、ドライバーの高齢化などによってドライバー不足が起こり、そのことがドライバーの労働環境を悪化させるという問題が起こっていました。

そこで一度に運べる荷物の量を増やすことでそれらの問題を解決するという方法が考えられたのです。それがフルトレーラーの寸法の大型化につながっていると言えます。

ダブル連結トラックによる共同輸送

国土交通省は2016年4月、「ダブル連結トラック」と呼ばれるフルトレーラーの連結を従来の21メートルから、25メートルに緩和する方針を決定しました。

これはドライバー不足の対策を目的としたもので、10トントラック2台を連結させて1台の車両とすることで1人で運航できることがメリットとなっています。

輸送先で連結を切り離せば、それぞれ別に動かすことができます。

ダブル連結トラックとフルトレーラーはどう違う?

特に定義としての違いはありませんが、現在のところは21m以上のトレーラーをダブル連結トラックと呼んでいる現状があります。

フルトレーラー大型化の課題

フルトレーラーは年々大型化していると言われていますが、それに伴って問題も発生してきています。

まず重量が大きくなるため、道路への負担も大きくなります。また、25mもの長さになると運転するにはかなりの技術が求められます。

大型トラックのドライバーの中でも限られた人間しか運転することができません。さらに、ここまでの長さになると、停めることができる駐車場はかなり限られることとなります。

フルトレーラーに乗るには

フルトレーラーを運転するのに必要な免許

まずはトレーラーの大きさに合わせた運転免許が必要となります。

ただ、トレーラーの場合は多くが大型免許となります。中型のトレーラーなどもありますが、仕事の幅を広げるためには大型免許を取得しておくのが良いでしょう。

また、牽引免許が必要となります。これは750kg以上を牽引する際に必要なもので、フルトレーラーのドライバーであれば間違いなく必要となります。

フルトレーラーの運転は何が難しいのか

完全に荷台部分と一体化しているのではなく、途中で連結している構造のため、連結部分で車体が「く」の字になってしまうジャックナイフ現象や、荷台部分が横揺れする現象などが起こりやすくなっています。

また、バックの際には荷台部分が思うようにまっすぐ下がらないということもありますし、車体が大きいために死角が多くなるというデメリットもあります。

フルトレーラードライバーの将来性

フルトレーラーはとにかく運転が難しいということがあります。そのため大型トラックのドライバーでも誰もが運転をできるというわけではありません。

しかし、仕事量は安定してあるだけでなく、車両の大型化によって運転技術のあるトレーラーのドライバーはますます需要が高まっていくことが予想されています。

そう考えると将来性は非常に高いと言えるでしょう。

まとめ

フルトレーラーは近年急激に大型化が進んでいます。その分だけ、高い運転技術を持つドライバーも必要とされており、その需要はますます高まっています。

もし興味がある人はぜひトレーラードライバーを目指してみるのも良いかもしれません。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

【必見】年収をあげて、待遇のよい職場に転職したい!という方へ

  • 今より年収をUPさせたい…
  • 夜勤が辛くなってきた…
  • 手積み/手降ろしが辛い…

などを感じている方に、おすすめのサービス「プレックスジョブ」


「プレックスジョブ」は、大手企業から地元の優良企業まで、幅広い企業の求人を掲載中です!

  1. 簡単1分で正社員雇用の求人を検索できる
  2. 今より年収が高く、労働条件が良い会社が見つかる
  3. 会員登録したら、スカウトも受けられる

\新着求人も続々更新中!/

プレックスジョブで求人検索する >

企業からスカウトが受けられる
【会員登録】はこちら

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • タンクローリーの積み込み荷降ろし手順を紹介!手順を守る事が安全につながります

    私たちの生活に欠かせないガソリンなどを...
  • 牽引免許取得はコツをつかめば難しくない!牽引車の運転について解説!

    牽引免許の取得は難しいというイメージが...
  • 4tトラック人気5車種の新車価格を調査!新車・リース・中古のメリットとデメリットも紹介

    4tトラックとは、最大積載量が4tから...
  • 大型トラックの積載量はどのくらい?「増トン」「減トン」の違いや車両総重量との違いも解説

    大型トラックの積載量は気になるポイント...
  • フォークリフトの安全対策の重要性について!安全対策が事故を減らす!

    フォークリフトはあらゆる場所で活躍して...
【ドライバー採用ご担当者様へ】ドライバー特化の人材紹介サービス「プレックスジョブ」
掲載のお問い合わせはこちら
プレックスジョブは高年収のドライバー求人が豊富!
最新求人を探す