掲載をご希望の企業様はこちら

運送会社の退職理由に多い原因とは?離職率を下げるために改善するべき項目

せっかく就職したとしても何等かの事情で退職を選択する方もいらっしゃいます。例えば運送会社で働いている方の中にも退職を決めた方もいらっしゃいます。

今回はどうして運送会社で働く人が退職を考えるのか、退職理由について調べてみました。

運送会社の退職理由トップ5

まずは運送会社で勤める方の退職理由を5つほどあげてみたいと思います。

労働時間が長すぎる

一般的な運送会社での平均労働時間はおよそ210時間ほどあるようです。一般的な企業の労働時間よりも若干長い程度かもしれませんが、実際にはこれよりも多く仕事をしている方もたくさんいらっしゃいます。

もちろん休憩時間もありますけれど、拘束時間が長いというのは運送会社の特徴の一つでもあります。

さらに短距離の場合だったら拘束時間も短くて良いと思いますが、長距離運送の場合には家に戻れないから家庭不和の原因になる事も考えられます。

その割に給料が安い

給与の面ですが、運送会社でお勤めの方の平均年収はおよそ400万円ですからそんなに悪いお給料ではありませんが、労働時間が長い事を考えると年収およそ400万円は安いと感じるのかもしれません。

他にも給与の体形が月給制の事もあれば歩合制のところもあるので、特に頑張っている割に歩合制だとどうしても安く感じてしまう事もあるようです。

また、残業代が支払われず悩んでいる方もいるようですが、これについては企業の大きさにもよるようです。

会社がブラック

現代の運送会社は労働基準に則った経営をしているところもあるのですが、いまだにブラック企業の条件を満たしている企業が存在するのも事実です。

例えば給料が未払いになってしまったり、支払われるけど遅延が多いというのもあるようです。他にも人手不足の運送会社だった場合だと休みをもらえないなども問題が起こる事もあるようです。

労働環境が悪いと仕事をしていてもただキツイだけなので、結果的に仕事を辞めようと思ってしまうのです。

体力が続かない

トラックの運転手をしていると生活が不規則になりがちです。一般的な会社員のように朝決まった時間から夕方決まった時間まで仕事をすれば良いという事でもないので、生活習慣が乱れてしまう事もあるようです。

また、ドライバーの仕事の中には手積み手おろししなくてはならないケースもあります。

そのため腰痛や肩の痛みや背中の痛みなど、慢性的な職業病で悩む方も多いのです。そのため退職しようと決意する例も多くあるわけです。

向いていないと思う

運転手の仕事は誰にでもできる仕事だと思われがちですが、他の仕事と同じように才能もある程度関係しています。

例えばどうしても運転すると事故を起こしてしまうとか、運転しているとどうしても眠くてたまらないなどもあるようです。

また、ルート配送などの場合だと延々と同じ場所へ配送をしなくてならないので、マンネリ化してしまい仕事に飽きてしまう事だってあるのです。

またほとんどは一人での作業になるので寂しくて向いていないと感じる方もいらっしゃるようです。

運送会社を退職できない理由とは

ここでは運送会社を辞めたいのに退職できない人に多い理由をご紹介いたします。

ほかの仕事をする自信がない

初めての就職が運送会社だったという方の場合、運転手の仕事に慣れてしまっているせいなのか、なかなか他の職種にお勤めしようと思う気持ちが浮かんでこないという方もいらっしゃるようです。

確かにドライバーとしてしか仕事をしていなければ、他の仕事に対しての自信も出てこないでしょう。そのため運転手の仕事から運転手の仕事へとただ会社を変えただけという例も数多くあるのも事実です。

借金

あまり多くはないかもしれませんが、勤めている運送会社にお給料の前借などをしていたりする方がいたり、仕事の時に起こしてしまった事故などの費用を立て替えてもらって、それが会社の借金となっているケースがあります。

この場合、借金の額にもよりますが足枷になってしまう事もあるのです。

ただこの会社からの借金の場合は退職をした後で、お支払いは続けるという工夫をしておく事で、他の業種や会社に転職する事ができるようになるのですね。

損害賠償

運転の仕事をしていると事故を起こしてしまう事だってあるでしょう。

運送会社の中には「辞めるならトラックの修理代を払え」などと言い、トラックの修理代などを請求されてしまったため辞めるに辞められないという例もあるようです。

でも普通は保険に加入しているので損害賠償を個人が支払う義務はありません。まれに入っていないとしても故意や重過失じゃなければ支払う必要はありません。

もし故意や重過失だったとしても全ての損害賠償をする必要はありません。

運送会社を円満退職するには

ここでは運送会社を円満に退職するためにどんな理由が必要なのかをいくつかご紹介いたします。

家庭の事情

人はそれぞれ家庭の事情というものがあるものです。若いご夫婦なら赤ちゃんが産まれて奥さんが一人で育児をするのに不安があるとか、親の介護をしなくてはならず家族に負担をかけてしまっているなどもあるでしょう。

この場合は一人だけに負担をかけるわけにはいきませんから、しっかりと話し合って家庭の事情を会社の方に伝え、円満に退職ができるようにしなくてはならないでしょう。

会社もそういう事情があれば致し方ないと考えてくれるでしょう。

健康状態

長い間ドライバーの仕事をしていると、体調を崩してしまう方も多くなります。

例えば慢性的な腰痛に悩まされてしまったという方の場合、ヘルニアを発症している事もあるようですので、続けていくのは健康上の理由で難しいです。

また、肘や肩を負傷してしまい慢性的な痛みがあって、どうしても仕事に支障が来るといった場合も同様です。

もちろん内蔵系の病気を発症する例もあるので、この場合も会社としては引き止める事は難しくなるでしょう。

仕事を変えようと考えている

ドライバーの仕事は楽しいと感じていたり慣れているからと感じていても、そのまま一生をドライバーで終わらせる気は無いという方もいらっしゃるでしょう。

例えば資格を取得して他の仕事をしてみたいと思う事もあるかもしれません。

自分の人生なのでステップアップできたら良いなと感じている方の場合も同様に、会社に事情を説明して転職のために今の会社を辞められるよう努めてみても良いでしょう。

ただしこの場合は話し合う時には言葉を選ぶと良いでしょう。

運送会社で働く人におすすめの転職先

ここでは運送会社で働いている人に比較的合うおすすめの転職先をいくつかご紹介いたします。

営業マン

ドライバーの仕事は半分は営業の要素があるお仕事です。配送先の方と仲良く話をしたりする事だってありますよね。これは実は営業の仕事も同じなのです。

特に人との関りが苦ではないという方は、営業職の仕事に就くと能力を発揮する事ができるでしょう。

人と接する仕事ではありますが営業する時は一人で行動するので、比較的自由度が高い仕事でもあるからです。

ビルメンテナンス

ビルメンテナンスの仕事は基本的には一人で作業をする事が多いので、人と一緒に行動するのが苦手という方でも気兼ねなくすることができるでしょう。

またビルメンテナンスの仕事というのは意外と高齢になるまで仕事が切れません。さらにビルはどこにでもあるので仕事がなくなる事が無いのです。

昔とは違って小さなビルばかりではなく巨大なビルが増えつつあるので安定した仕事と収入が得られるのです。

運送会社

今の会社だから嫌だという方の場合だったら、もっと条件の良い運送会社に転職しても良いでしょう。肉体労働ばかりで辛かった(手積み手おろしなど)としても、別の会社ではフォークで載せてくれる事もあるからです。

この場合はどんな形で仕事をするのかをしっかりとチェックして条件に合ったところに勤められるよう努力しましょう。

まとめ

今回は運送会社に勤めている方の退職理由、そして退職する時にどうすれば円満に退職できるのか?

さらに運送会社からの転職先としておすすめの職業についてをご紹介いたしました。この記事が運送会社を辞めたいと思っている方の参考になれば幸いです。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • 運送会社の給料っていいの?サラリーマンとは違う運送会社の給料の仕組みを解説します!

    給料は、仕事をする上で最も重要な要素の...
  • 軽トラック荷台寸法/サイズはすべて同じ?気になるサイズをメーカー別で紹介!

    日本の軽トラックは日本だけではなく世界...
  • ケミカルローリーを運転するのに必要な資格/免許は?危険物乙種について解説

    ケミカルローリーのドライバーは人気があ...
  • 【面接や自己PRの参考に】ゴミ収集車(パッカー車)の志望動機をこう伝えるのがおすすめ!

    ゴミ収集車の仕事は、人気の高いお仕事で...
  • トラックを運転する場合の心構え - プロドライバーの使命・心得とは?

    トラックドライバーはプロのドライバーで...