掲載をご希望の企業様はこちら

チップ車の荷卸しはどうしてるの?気になる積み降ろし作業について紹介!

チップ車はチップの積み降ろしに特徴があります。そこでここではチップ車とは何なのか、どのような方法で積み荷の積み降ろしをしているのか、運転するのに必要な免許はどういったものなのかについて紹介していきたいと思います。

チップ車とは?

チップとは紙の原料となる木材のかけらです。このかけらを「ホッパー」と呼ばれている大きな箱状の荷台に大量に積んで運搬するのがチップ車です。

海外から船で運ばれてきたチップを港から製紙工場まで運搬するのが主な仕事となります。基本的には屋根がなく、飛散しないようにネットがついているものが多くなっています。

一部には開閉式の屋根があるタイプの車両もあります。大型トラックや大型トレーラーが主な車両となります。

気になる積み降ろしについて

積み込み方法

チップを荷台に積みこむのは重機を使用します。

  • 「ホイルローダー」
  • 「パワーショベル」

がメインの重機となります。

ホイルローダーは「タイヤショベル」とも呼ばれる巨大な重機で、大量のチップを一度に救うことができるショベルがついており、大きいものであれば一回でかなりの量を積めるためにそれほど時間をかけずに積み込みができるというメリットがあります。

パワーショベルは「油圧ショベル」とも呼ばれるもので、こちらはタイヤではなくキャタピラーで走行します。

ホイルローダーよりは小さいものが多く、その分狭い場所でも作業できるというメリットがあります。大型トラックであれば30分ほどで積み込むことができます。

荷降ろし方法

チップ車からチップを降ろすのには大きく3つの方法があります。

「スライドデッキ」はトラックの荷台部分にいくつもレールが備えられており、それを使って積み荷を降ろすことが可能です。

重すぎるものの移動には向いていませんが、軽いもの、大量にあるものに向いています。そのためチップの運搬には適しています。

「トラックダンパー」はトラックダンパーと呼ばれる荷台にチップを載せたまま角度をつけてトラックの後方部分からダンプカーと同じようにチップを降ろすという方法です。

時間をかけることなく一気に荷降ろしが可能となっており、効率的に作業をすることができます。

「重機を使用する」という方法もあります。こちらは積んだときの反対の作業を行うことになります。チップをショベルですくって降ろしていくことになります。

チップ車に必要な免許と資格

大型免許

チップ車には2t、4t、10t、トレーラーなど色々な種類があります。

運転するトラックによって必要となる免許が違いますが、チップ車は大量のチップを輸送をしなければいけないためにほとんどが大型車両となります。

そのために大型免許はとっておきたいところです。大型免許を持っているとどのサイズのものでも運転できるので、仕事の幅が広がります。

けん引免許

チップ車には大型トラックと大型トレーラーがメインとなります。トレーラーを運転することも多いために、けん引免許を持っているとさらに仕事の幅が広まります

けん引免許を持っているとチップ車以外でもトレーラーを運転することができるために持っていて損はない免許です。

車両系建設機械

チップ車では積み場でドライバーが自分で積み降ろしをすることはあまりないのですが、場所やその時のタイミングによっては自分で積み降ろしをするということもあります

そういった時に車両系建設機械の免許を持っていると非常に重宝されます。作業がスムーズに進むだけでなく、相手先からも感謝されるでしょう。

小型車両系建設機械

車両系建設機械と同じ理由で持っていると色々と都合の良いことが多い免許です。

また、会社によってはこういった資格を持っていると「資格手当」が発生することがありますし、就職や転職も大きく有利になります。関連する資格は取れるのであれば取っておくと良いでしょう。

チップ車で手作業はほぼない!

小型トラックなどでは荷物は手作業で積み降ろしをすることが多いのですが、チップ車のような大型車両で積み荷がチップのようなものの場合は手作業で積み降ろしをすることはほとんどありません

大型車両の運転、重機の操作はそこまで力仕事というわけではないので体力的な負担はイメージほどはないでしょう。ただし、チップを降ろすときにスコップなどを使用して細かい部分をさらえるということはあります。

まとめ

チップ車は大型車両のなかでも特殊なものです。積み降ろしには他の荷物とは違うやり方を行うこともあります。

ただ、手作業で積み降ろしをすることはほとんどありませんので体力的な負担はそれほど大きいものにはなりません

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • 大型トラック(10tトラック)の寸法/サイズをご紹介!高さ・長さ・重さ・幅についてわかりやすく解説

    大型トラックを選ぶ時の基準として積載量...
  • 塵芥車(パッカー車)の耐用年数の計算方法を解説!耐用年数・減価償却率とは?

    トラックを購入する際に気になるのが耐用...
  • フォークリフトの構造や仕組みについて解説!フォークリフトの各部名所や役割、種類

    フォークリフト技能講習を修了することで...
  • 乙種4類の正式名称について!需要の高い乙種4類資格の履歴書の書き方

    危険物を取り扱う企業に就職するには乙4...
  • トラック運転手の天敵「腰痛」の対策方法や対策グッズをご紹介!体を大事に仕事に取り組みましょう

    腰痛は、トラックを長時間運転するドライ...