掲載をご希望の企業様はこちら

2tトラックの燃料タンクの容量はどのくらい?有名メーカーの車種別に比較してみた

2tトラックは事業者だけではなく個人での所有やレンタルなど、活躍の場は多いですよね。

そんな2tトッラクはどれほどの距離を走行することができるのでしょうか。走行可能距離は燃料タンクの容量と車両の燃費で変わってきます。

そこで今回は、2tトラックの燃料タンクの容量と燃費について詳しくご紹介していきたいと思います。

レンタルすることも多い2tトラック

トラックにはその用途に合わせて2t、4t、10tなどさまざまな大きさがあります。そのなかでも2tや4tは使いやすさ、汎用性の高さなどからもっとも多く利用されているサイズとなっています。

2tトラックは街中での配送の中心となっているトラックで、営業用、個人用を問わず非常に多く利用されています。

単身赴任者、一人暮らしの人などは2tトラックをレンタルして自分で引っ越しをするという人もおり、その汎用性の高さがうかがえます。

2tトラックの標準的な燃料タンクの容量は?

2tトラックの燃料タンクの容量はメーカーや車種、年式などによっても違いは出てきます。

多いタイプは

  • 「80L」
  • 「75L」
  • 「70L」
  • 「65L」

とありますが、基本的には「70L」が標準的となっています。

どのような用途に使用するかによって選ぶ基準は変わってくるのですが、メーカーが発表している基準では1Lあたり9~10kmほどですので、70Lあれば街中の配送などで使用する分としては充分と言えるでしょう。

2tトラック人気車種の燃料タンクの容量と燃費を紹介!

日野自動車 デュトロ

小型から大型までトラックを数多く製造している日野自動車の人気トラック「デュトロ」では街中を走行する際の燃費は7.72km/Lほどです。高速走行中は13.2km/Lとかなり高い性能を誇っていることがわかります。

その安定した燃費の良さからクロネコヤマトなどの運送業でも幅広く採用されており、信頼の高さを証明しています。

いすゞ自動車 エルフ

一般乗用車だけでなく、トラックやバスなどの大型まで幅広く生産しているのがいすゞ自動車です。

こちらの人気トラックであるエルフシリーズでは平均実燃費が7.4km/Lほどで高速走行なども含めた平均燃費は10.6km/Lほどとこちらも優秀な数字が出ています。

中には4WDに切り替えることができるタイプのものや、ターボが搭載されているものもあるのですが、それらを使用すると燃費は格段に悪くなるため注意が必要です。

三菱ふそう キャンター

三菱ふそうの2tトラックで人気トラックである「キャンター」は平均して7.92km/Lの燃費を誇ります。

高速走行時には最大14.92km/Lを記録するなど非常に優秀な燃費となっており、高速道路を利用することを含めれば平均燃費は軽く10km/Lを超えるという燃費の良いトラックです。

UDトラックス カゼット

UDトラックスの「カゼット」は街中で配送に使われるよりも現場で使用されることが多いトラックです。燃費も平均して10.2km/Lほどと優秀で、安定した人気を誇っている車種でもあります。

2tトラックが満タンで実際に走行可能な距離は?

2tトラックは平均して燃費が良い実用的なものが多いという特徴があります。

人気車種はどれも平均燃費が10km/Lを超えてきていますので、70Lの容量の燃料タンクであれば単純計算で10km×70Lで700kmは走れるということになります。

もちろん街中で配送に利用する場合と高速道路などを使って中長距離を走る場合ではかなり燃費は変わってきます。あくまでも700kmというのは目安ということになります。

ちなみに2tトラックでも燃料タンクの容量が100Lほどあるタイプのものもあります。これらは主に長距離などを想定しており、ある程度の距離を走る前提で備え付けられているものとなります。

走行距離を延ばすためには?

アイドリングストップ

待機時や休憩時に適度にアイドリング運転をすることで省エネを行うことができます。省エネの基本

  • トラックに負担をかけない
  • エンジンに無理をさせない

ということです。

急のつく運転防止

燃料を多く使う動作に

  • 「急発進」
  • 「急ブレーキ」
  • 「急加速」

などがあります。アクセルを全力で踏んで急に発進したり加速したりすると通常安定してアクセルを踏んでいるときの3倍の燃料を使用することになります。

省エネのことを考えるのであれば「急」がつくような運転は避けましょう。

エンジンブレーキを使用する

急ブレーキはブレーキ周りの部品を傷めるだけでなくタイヤも傷めることになります。これらが傷んでくると燃費が悪くなっていくためにエンジンブレーキの利用も省エネにつながっていきます。

長距離輸送には向かない2tトラック

2tトラックは近距離輸送や狭い場所での走行に非常に適している反面、長距離輸送にはあまり向いていません。

やはり燃料タンクの容量が小さいということもありますし、トラック自体が10tトラックなどと比べると圧倒的に小さく、運転席の狭さ、十分な休憩や睡眠がとれないスペースのことを考えると長距離輸送にはやはり適していないと考えるのが普通です。

まとめ

2tトラックは小回りの良さや燃費の良さから街中での配送、近距離輸送にきわめて優秀なトラックです。その利点を活かした使い方をしていきましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • 中型免許で乗れるトラックの車種は?中型限定・準中型との違いは何か?

    中型免許で運転する事ができるのは7.5...
  • 2tトラックのオイル量はどれくらい?エンジンオイルの重要性とは

    普通車でもトラックでもエンジンオイルは...
  • 運行管理者の資格更新は必要?紛失した場合の再交付についても解説!

    運行管理者の資格の取得をしたからもう安...
  • 直積みとはどういう意味?トラックへの積み込み方法について紹介!

    直積みという言葉を聞いたことはあるでし...
  • 大型トラックのクラッチ調整のやり方とは?クラッチ調整が必要なケースと理由について

    大型トラックはマニュアル車が多くを占め...