掲載をご希望の企業様はこちら

大型トラックAT車の特徴とは?AT免許でも大型トラックの仕事は出来るのか

最近では、大型トラックのAT車が増えていることご存知でしょうか?

技術の進歩により、燃費や操作性が向上したAT車もたくさん普及しており、運送会社でも大型AT車を導入するところも増えております。

この記事では、AT免許でのメリット・デメリットや、なぜ人気なのかを解説!

AT免許でも運送業界で働ける?

運送業界で人気の大型トラックAT車

AT車とはオートマチックトランスミッション車のことで、その名前の通りに複雑な操作をしなくても車を運転することができるという車です。

最大のメリットは「クラッチ」を使ってギアチェンジをしなくても良いということで、運送業界でも人気になりつつあります。

セミオートマならAT免許で大型トラックに乗れる

完全なAT車ではなくセミオートマ車と呼ばれる車があります。これは構造自体はマニュアル車がベースとなっているものの「クラッチペダル」がなく、操作をする必要がありません。

足で踏むペダルは「アクセル」と「ブレーキ」のみです。このセミオートマ車であればAT免許で運転することができるようになっているのです。

なぜ大型ATトラックが人気なのか

ドライバーを確保しやすい

現在、運送業界ではドライバー不足、ドライバーの高齢化が深刻化してきています。その中で、AT限定の免許しか持っていない人でもトラックの運転をできるとなればドライバーの確保をしやすい環境をつくることができます。

運転が簡単

クラッチによるギアチェンジをしなくても良いというのはそれだけ運転が簡単ということです。特に大型のトラックは運転が難しいものです。クラッチによるギアチェンジがないだけでもかなり運転は楽で簡単になるのです。

ドライバーの疲労が少ない

高速道路を一定の速度で走っている時にはそれほど感じないかもしれませんが、街中を走行することが多いドライバーは信号や渋滞などによって頻繁にギアチェンジをしなければいけません。

それだけ疲労が重なってしまうのですがAT車であれば、その疲労は削減することができます。

大型トラックAT車の問題はコスト

車体、修理費ともに割高

まずほとんど同じ性能の車体であればミッション車よりもAT車の方が3割前後高くなっています。それにAT車の方が構造が複雑になっているために故障した際にかかる修理費も高くなります。

どうしても費用が高くなるために会社側としてもコストを考えると大量導入できないという現状があります。そのため一部だけAT車にするという会社もあります。

AT車は燃費が悪い?

あまり運転をしない人の場合はそれほど変わらないかもしれませんが、運転技術が高い人が運転するとミッション車のトラックの方が燃費が良く運転することができます。

それぞれのトラックの燃費もまとまればかなり大きなものになるために運用コスト面でミッション車が多くなっているという現状もあります。

ただし、近年はAT車の燃費も向上してきているためにそれほど変わらないようにはなってきています。

大型トラックAT車運転のコツ

ミッションの大型トラックに慣れているドライバーがいきなりAT車の大型トラックを運転すると「運転しづらい」と感じることが多いようです。

これは乗用車と大型トラックでは同じAT車でもかなり感覚が違っていることが原因です。ギアチェンジも自分で行うよりもワンテンポ遅いように感じたりします。これがベテランドライバーがAT車を避ける理由となっています。

ただそういった人でもセミオートマであれば問題なく運転できるということがありますし、AT車にも慣れれば問題ないということがあります。慣れてさえしまえばAT車の方が楽ですので、慣れるのが一番のコツと言えます。

まとめ

最近、少しずつではありますがAT車の大型トラックが出てきています。慣れるまでは運転が難しいということもありますが、慣れてしまえば楽ということもあってこれからさらに普及していくことが考えられます。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • ユニック車とはどんな車?ユニック車の特徴や、必要な資格について

    トラックにはたくさんの種類がありますが...
  • ダンプ運転手の仕事内容/業務内容をご紹介!ダンプカー運転手ってなにをするの?

    建築現場などを見ていると、ダンプカーを...
  • 国内メーカー運転支援システム徹底比較!各社システムの特徴をご紹介!

    運転支援システムとは、事故の被害を軽減...
  • 高速道路に高さ制限はある?意外と知らない高速道路の高さ制限について解説

    高速道路に高さ制限があることをご存じで...
  • 運送業の仕事に必要な資格12選!転職・就職・独立開業におすすめの資格と免許

    運送業界で仕事がしたいと思うなら、車の...