掲載をご希望の企業様はこちら

エンジンオイルの油圧低下の症状は?オイルランプが点滅したときの対処法

エンジンオイルの油圧が低下したかどうかを確認するためにはオイルランプをこまめにチェックする必要があります。

ランプが点灯したら適切な対処を行わないと、エンジンの故障の原因につながるので普段から見逃さないよう確認する癖をつけましょう。

エンジンオイルの油圧が低下したときの症状

エンジンオイルが少なくなるとエンジントラブルを起こす原因となります。

代表的な症状といえばマフラーからの白煙でしょう。他にもカラカラとした音がするという症状が出ることも多いです。

加速しようとしても加速が以前よりも鈍いなと感じることもありますし、他にも以前よりも燃費が悪くなったなと感じることもあるようです。

そんな時にオイルランプが点灯するので迅速に対処しましょう。

ちなみにオイルポンプが破損している場合は車の下にオイルが漏れているのが見えるのですが、エンジンの内部で漏れている場合は眼で見るのは難しいので、修理工場などで見てもらうと良いでしょう。

エンジンオイルの油圧低下が起きる原因は?

ここではエンジンオイルの油圧の低下がどうして起こるのかについてをご紹介いたします。

エンジンオイルの減少

エンジンオイルはエンジンの中を潤滑してエンジンを守っています。

正常な状態で走行していてもエンジンオイルは減っていったり、粘度が低下してサラサラの状態になってしまったりしますが、これはオイルが劣化してしまうからなのです。

普段から補充したり交換したりしていれば問題はありませんが、交換も継ぎ足しも不足していると油圧が低下してオイルランプが点灯する原因となってしまい、そのままの場外で走行するのは大変危険なのでやめましょう。

オイルポンプの故障・破損

定期的にオイル交換したり継ぎ足しをしていない状態で走行を続けると、エンジン内部で出た不純物が増えてしまうことがあります。

この状態を改善しないとオイルポンプが不純物で詰まってしまいます。

たまにオイルを足そうとして見てみると、オイルは減っていないという症状がありますが、これは不純物がオイルポンプに詰まってしまっている時にも起こる症状なので、足す必要がなくても油圧が下がっているなどの場合も修理工場へ相談しましょう。

エンジンオイルの油圧低下を放置したらどうなる?

エンジンオイルの油圧低下をそのまま放置していたら、エンジンが焼き付いてしまうといった症状が出てきます。

いわゆるエンジンブローという症状ですね。さらに白煙がマフラーから出てくるといった症状も出ることもあります。

この症状は特に注意しましょう。運転していてノッキング現象という症状が出ることもあります。

オイルが焼けるような臭いがすることもありますし、水温計が高めに表示することもあります。

もしこの状態のまま走行していたらエンジンを乗せ換える、または車を買い換える必要が出てきます。

オイルランプが点滅したら

ここではオイルランプが点滅したらどうなるのかをご紹介いたします。

停車してオイルゲージをチェック

走行中にオイルランプが点滅し始めたら相当びっくりしてしまうかもしれませんが、慌てずに車を停車してオイルゲージなどをチェックする必要があります。普段からオイルの場所を知っておく必要がありますね。

オイルゲージの見方も覚えておきましょう。

オイルゲージはミニマム・マックスまたはハイ・ローで表示されていたりしますが、メモリがついているので上と下の目盛りの間にオイルがあれば問題は無いということを覚えておきましょう。

余談ですが目盛りより下だったら足す。もし上限に達しているのならばオイル交換をしましょう。

オイルポンプを点検する

オイルポンプが破損しているとエンジンオイルが減ってしまいます。なのでオイルランプが点滅したら一応オイルポンプの破損が無いかどうかを確認した方が良いでしょう。

オイルポンプが破損しているかどうかを知識が無い方が見てもわかりません。

できれば整備士の経験がある方や整備工場などへ相談して、オイルポンプの点検を定期的に行うと良いでしょう。

早めに点検や修理をしないとエンジンの交換や買い換えをしなくてはならなくなるので注意が必要です。

エンジンオイルの油圧低下を防ぐには

ここではエンジンオイルの油圧低下をどのように防げば良いのかについてをご紹介いたします。

こまめな点検

エンジンオイルの劣化や油圧低下を防ぐためには、こまめにオイルゲージの点検を行う必要があります。

毎日見る必要はありませんけれど、例えば1000キロ走行したらチェックすれば、エンジンオイルの汚れ具合や減り具合をチェックできます。

足らなかったら足すタイミングもわかりやすいですし、足りているのに調子が変だなと思ったら交換すれば良いので、エンジン自体が故障する心配もありません。

エンジンオイルの適切な交換時期は?

できればエンジンが故障したり不調になる前にエンジンオイルを交換したいけれど、そんなに定期的にオイルの点検が難しいという方もいるでしょう。

その場合には走行距離3000キロを目安にオイルの点検をしてもらうと良いでしょう。

点検をしてもらう場所ですが、最近はカー用品専門店でも気軽に交換ができますし、最悪はガソリンスタンドを利用しても良いでしょう。

まとめ

今回の記事ではエンジンオイルは劣化してしまったり減ってしまったりするという点、そしてオイルランプが点灯したり点滅したりする原因、放置するとどうなってしまうのかなどをご紹介いたしました。

この記事がエンジンオイル低下が車に与える影響を知りたいという方のお役に立てれば幸いです。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • プロパンガスボンベの転がし方がわかる動画をご紹介!目で見て転がし方のコツをつかもう

    プロパンガスのボンベは一般的な家庭用で...
  • 大型トラックを洗車する時に気をつけるポイントとは?洗車グッズや洗車のコツ

    大型トラックの運転手の方は、日常点検な...
  • 運送会社の退職理由に多い原因とは?離職率を下げるために改善するべき項目

    せっかく就職したとしても何等かの事情で...
  • ケミカルローリーを運転するのに必要な資格/免許は?危険物乙種について解説

    ケミカルローリーのドライバーは人気があ...
  • 運転記録証明書とは?申請方法・入手までの日数・貰える場所をご紹介

    運転記録証明書とは、過去1年から5年の...