掲載をご希望の企業様はこちら

レッカー車の種類とサイズ・レッカー車の仕組みや装備はどうなってるの?

レッカー車は車両を運搬する時に必要不可欠な車両です。リフトやクレーンなどの機能が装備されていて、用途によって色々なタイプのレッカー車があります。

この記事ではレッカー車の種類・サイズ・機能などについてをご紹介いたします。

レッカー車はオーダーメイド

皆さんはレッカー車はどこで販売しているのか?と疑問に思ったことはありませんか?確かにレッカー車を販売している自動車販売店を見たことがありませんよね。

それもそのはずです。実はレッカー車というのは全てが特注品なのです。

もちろん中古車の中にはレッカー車がありますけれど、本当に自分の会社などで使うものはオーダーメイドで作ってもらった方が良いのです。

ちなみにレッカー車は専用の車両があるわけではありません。

基礎として使われるシャシーには、トラックメーカーのトラックが使用されています。例えばいすゞエルフや日野デュトロや日産アトラスなどを使用しているレッカー車も多く見かけますよね。

ちなみに機能や装備によっては免許や資格が必要なものもあるので、持っている資格や免許で操作できる装備や車両(大きさ)を選ぶと良いでしょう。

レッカー車の主な装備

ここではレッカー車の装備についてご紹介いたします。

アンダーリフト

アンダーリフトとはレッカー車の後部に取り付けられた装置で、T字型をしていて故障車両の運転席の下の部分をしっかりと掴みます。

クレーン車などの連結部分の役割を果たす装置で、けん引して故障車両などを運ぶことができます。

レッカー車の中には故障車両をレッカー車の荷台に乗せることができるタイプもありますが、多くのレッカー車はこのアンダーリフトで故障車両などを工場に運べるような仕組みになっているのです。

もっと簡単に言うとアンダーリフトは運ぶ車両の前の部分を浮かして運ぶ装置です。

レッカーブーム

レッカーブームというのはレッカー車についているアームのようなものです。ブームの先端にはフックが取り付けられていて、横転した車両をレッカーする時などに非常に重宝します。

ブームはクレーンと同じで何段階か長さの調節が可能です。昔はこのブームに車両を引っ掛けた状態で移動させていましたが、最近ではアンダーリフトと一体化したタイプのものも多いようです。

一体化することによって作業効率や吊り上げ能力の向上が期待できます。

キャブバッククレーン

キャブバッククレーンというのは運転席(キャビン)と荷台の間に据え付けられたクレーンのことをいいます。

クレーンはクレーンメーカーのクレーンが使われていて、耐久に合った重さの車両を吊り上げることができます。

簡単に言えばキャビンの後ろ、つまりキャビンのバックにクレーンが付いているのでキャブバッククレーンなのですね。

交通事故や横転してしまった車をまっすぐに直すことができ、車を上げるのにも使われています。

レッカー車の種類/タイプ

ここではレッカー車の種類、タイプなどについてご紹介いたします。

アンダーリフト単体型

アンダーリフト単体型のレッカー車はアンダーリフトで輸送する車のタイヤを固定して運搬します。

例えばエンジンの故障などで動けなくなった車両や、車検切れの車を工場に運ぶ時などにこのタイプのレッカー車が使われます。

ただしこのアンダーリフト単体型のレッカー車では横転した車両は運搬することができないので、別のタイプのレッカー車が必要です。

アンダーリフト+ブーム/クレーン

事故を起こした車両の中には事故の衝撃で横転してしまった車両もあります。

また、土砂災害などに巻き込まれてしまった車両なども横転していたり、さかさまになってしまっていたりするものもありますよね。

そういう場合にはアンダーリフトだけではなく、ブームやクレーンが付いているタイプのレッカー車が必要になります。

アンダーリフト・レッカーブーム一体型

普通はアンダーリフトとブームは別に装備されていますが、クレーンやブームの部分がキャビンの高さを超えているのが一般的なので、天井が低い場所での作業が難しくなってしまうのですが、これを解決したのが一体型です。

アンダーリフト・レッカーブーム一体型のクレーンはキャビンよりも低い位置に収納できるので、地下などの天井が低い場所でもスムーズに作業ができます。

レッカー車のサイズと免許

ここではレッカー車のサイズそして必要な免許についてご紹介いたします。

レッカー車の運転に必要な免許

レッカー車を運転する時には特別な免許が必要になるのではないか?と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、実は車両のサイズによっては普通自動車運転免許だけでも問題はありません。

実は普通自動車運転免許でも他の車をけん引することはできるのです。

もちろん規定がありますので、法律で定められた以上のサイズのレッカー車を運転する場合には、それに見合った運転免許や資格が必要になるのでそれぞれご紹介いたしましょう。

小型レッカー車

小型レッカー車のサイズは2t車です。ブームの段数は3段で乗車定員数は3名となっています。積載荷重は2,000kgなので普通自動車運転免許があれば運転することができます。

ただし現在の運転条件の車両総重量3.5t未満、最大積載量2.0t未満の方に限ります。

さらにけん引する車両が750kg以下であればけん引免許は必要ありませんが、それ以上の場合はけん引免許が必要になるので注意しましょう。

中型レッカー車

中型レッカー車というのは積載荷重が3tの車両でブーム段数は3段、乗車定員は3名です。中型のレッカー車の運転をするのであれば、中型運転免許や準中型運転免許が必要になります。

準中型免許は車両総重量7.5t未満、最大積載量4.5t未満の車の運転が可能で、中型免許は車両総重量11.0t未満、最大積載量6.5t未満です。

ただこの大きさになるとさすがに750kg以上の車両を運搬することもあるでしょう。そうなればけん引の免許を取得した方が良いでしょう。

大型レッカー車

大型トラックのレッカーをする場合には、当然大型のレッカー車を使用しますので、大型運転免許が必要になります。

ちなみに大型のレッカー車には4t~8tまでのサイズが合って、ニーズに合ったサイズのレッカー車を使用します。

ただし大型トラックになると中型レッカーと同じように、750kg以上の車両の運搬になりますのでけん引免許の取得は避けられないでしょう。

他にも玉かけの資格も取得しておく方がより安全に配慮したレッカー移動が可能になるでしょう。

レッカー車を購入するには

レッカー車の購入を検討する場合、新車で購入するのかそれとも中古車を購入するのかのどちらかしかありません。

新車の場合はレッカー車の土台となるトラックの購入、そしてレッカー車に必要な装備を乗せる会社に相談する必要があります。

例えばタダノや福岡工業などが最適でしょう。新車で購入する場合は予算が許す範囲で必要な装備ができるので、思う通りのレッカー車を制作することが可能です。

ただしやはり新車なので価格は高くなってしまいがちです。

一方で中古車は安く購入することが可能なのですが、レッカー車は意外とニーズが高い車両なので、本当に必要な装備のレッカー車を入手するのはちょっと難しいかもしれません。

ちなみに中古のレッカー車を購入する際には、故障や傷があるということを頭に入れておくと良いでしょう。

まとめ

今回はレッカー車には種類があるというお話、そしてレッカー車のサイズとそれぞれの車両を運転するために必要な免許や資格について、さらに新車を手に入れるにはどうすれば良いのかなどについてをお話ししました。

この記事がレッカー車について知りたいという方のお役に立てれば幸いです。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • トレーラー運転手の技術はすごい!なぜトレーラー運転手がすごいのかを解説します

    トレーラーの運転手はトラックドライバー...
  • キャリアカーに必要な免許とは?キャリアカーの種類別に解説

    キャリアカーを運転する際には車種に適し...
  • 長距離運転時の休憩の取り方とは?リラックスできるおすすめアイテムもご紹介

    昨今の運送業界では、無理な長距離運転や...
  • フォークリフトの履歴書の書き方とは?正式名称の書き方や、面接でのアピールの仕方

    履歴書に書かれている資格が多いことは立...
  • 10tトラックの積載量は?大型トラックとの違いや10tトラックの定義とは

    運送業界への転職を考えている方で、業界...