大型トラックの燃料タンクは増設できるの?増設のメリットと違法になるケースを紹介

大型トラックで長距離移動の際に気になるのは燃料の残量だと思います。特に忙しい時などは何回も給油で止まる時間も勿体無く感じることもあるでしょう。対策として燃料タンクの増設が考えられます。

そこで、燃料タンクの増設ができるのかといった内容や、増設することのメリットなどをご紹介します。

大型トラックの燃料タンクとは

大型トラックの燃料タンクは10tトラックの場合、300~400リットル程度の容量で車体の下に据え付けたように設置されています。

なぜこの位置なのかというと、大型トラックは全長が長いため、急カーブを曲がるときに車体が大きくねじれてしまいます。

もし燃料タンクを車体に完全に固定してしまうと燃料タンクにもねじれる力が加わるため、破損してしまう可能性があります。そのため、バンドで吊ったように固定し、余裕を持たせています。

また、燃料タンクの中には「バッフルプレート」という仕切り板のようなものが付いており、この板があるため坂道でも燃料が偏らないようになっています。

燃料タンクの大きさや形はメーカーによって違い、トラックの燃費にもよりますが、おおよその燃費はリッター4キロほどであるため、計算上では満タンにするとおおよそ1200キロ以上は走行することができるでしょう。

大型トラックの燃料タンクを増設することのメリットとは

トラックの燃料タンクを増設することのメリットは、燃料タンク分最大積載量を増やすことができます。一体どのようにするのかご紹介します。

まずトラックの登録をするときに燃料タンクが1つしかない状態で登録しておきます。次に登録後に燃料タンクをもう1つ増設すれば、積載量が増えて燃料も2倍入れることができるトラックになります。

例えば燃料タンクの容量が400リットルだとすると、軽油400リットル分多く積める計算になります。軽油の比重は水よりも軽いものの、タンクの重さと合わせると約400kgほどの重さの荷物を積載することができます。

また、燃料タンクの容量が大きいほど低燃費になるため、給油する量は増えてしまうものの、燃費の向上を考えるとメリットは十分にあります。

大型トラックの燃料タンクは増設しても問題ないの?

大型トラックの燃料タンクの増設はメリットばかりのように見えますが、注意しなければいけないことがあります。それはやり方次第で違法行為になることがあるからです。

燃料タンク自体はお店や通販などで販売されており、値段も1~7万円ほどとなっているため容易に手に入れることができますが、取り付けは慎重に行わなければいけません。

知識があれば自分で増設することもできますが、取り付けミスがあると大事故につながる恐れがあるため専門の業者に任せる方がいいでしょう。

また、燃料タンクはどれだけ取り付けても良いというわけではありません。燃料と燃料タンクの合計が200kgまでと決められており、燃料タンクを増設したため積載容量が小さくなってしまうこともあるため、注意が必要となります。

燃料タンクの容量を変更したり増設すること自体は違法行為にはなりませんが、「積載量の水増し」が違法行為に当たります。車検後に燃料タンクを増設して積載量を水増しすれば、当然次の車検を通すことはできません。

これについて、国土交通省も部品を取り外す又は取り付けないで重量を軽い状態として、その後部品を取り付けることを「不正な二次架装」の例として記載しています。

まとめ

大型トラックに燃料タンクを増設すること自体は違法行為ではありません。しかし、それで積載量を水増しすると違法行為になるため、注意が必要です。

もし見つかると「6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金」となり、罰金だけではなく、免許の点数にも影響し、最悪免停の可能性も十分に考えられます。

そのため、違法行為に触れる恐れがある燃料タンクの増設はやめておいた方がいいでしょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

【必見】年収をあげて、待遇のよい職場に転職したい!という方へ

  • 今より年収をUPさせたい…
  • 夜勤が辛くなってきた…
  • 手積み/手降ろしが辛い…

などを感じている方に、おすすめのサービス「プレックスジョブ」


「プレックスジョブ」は、大手企業から地元の優良企業まで、幅広い企業の求人を掲載中です!

  1. 簡単1分で正社員雇用の求人を検索できる
  2. 今より年収が高く、労働条件が良い会社が見つかる
  3. 会員登録したら、スカウトも受けられる

\新着求人も続々更新中!/

プレックスジョブで求人検索する >

企業からスカウトが受けられる
【会員登録】はこちら

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • ユニック車が動かない!そんな時は先ず原因究明から取り組みましょう

    作業しようとしたら突然ユニック車が動か...
  • 大型トラックのエンジンオイル漏れが起こる原因とは?改善方法と予防方法を徹底解説!

    大型トラックのトラブルの原因の一つにオ...
  • 物流二法の規制緩和で何が変わるのか?運送業界の規制緩和の影響について

    1990年12月1日には運送業界では物...
  • ケミカルローリーを運転するのに必要な資格/免許は?危険物乙種について解説

    ケミカルローリーのドライバーは人気があ...
  • 7トン車のサイズ/寸法はどのくらい?珍しい7トントラックの高さ/長さ/幅/重さについて

    7トン車のサイズがどれくらいなのかご存...
【ドライバー採用ご担当者様へ】ドライバー特化の人材紹介サービス「プレックスジョブ」
掲載のお問い合わせはこちら