掲載をご希望の企業様はこちら

大型トラックのブレーキは踏み方が難しい!踏み方のコツと注意点とは

大型トラックのブレーキは他の車と違うと言われています。では大型トラックのブレーキとはどういったものなのでしょうか。

ここではそのブレーキの特徴や踏み方、メリットやデメリットなどについて紹介していきたいと思います。

重量物を輸送する大型トラックのブレーキ

小型トラックなどでは一般的に油圧の力を利用する油圧ブレーキを使用しています。これは普通にイメージしやすいブレーキで、強く踏めばブレーキが強く掛かって制御できるというものです。

しかし大型トラックでは積み荷を積載しているときなどは20tほどの重量になります。これだけの重量になると一般的なブレーキでは制御しきれないことがあるのです。

そこでこういった大型車両では普通のブレーキよりもはるかに制御力がある空気圧を利用した「エアブレーキ」が使用されているのです。

大型トラックのエアブレーキの仕組みと特徴

エアブレーキとは?

エアブレーキは仕組みとしては油圧ブレーキとそこまで変わりません。大きく違っているのはブレーキをかける動力の伝達方法です。

エアブレーキ用のコンプレッサーで圧縮空気をエアタンクに貯めます。そしてこの圧縮空気がブレーキを踏んだ際にブレーキを作動させるブレーキチャンバーに送られて、ブレーキをかけるという仕組みになっています。

制動力が強い

このエアブレーキでは油圧ブレーキの数倍もの力をブレーキに伝達することが可能となっています。

そのため大型トラックをも制御する強力な制動力を発揮することができるのです。しかしそれだけ強力なブレーキですので注意点もいくつかあります。

エアブレーキの注意点

急ブレーキになりやすい

大型トラックのブレーキは最大積載量を積載している時を基本に設計されています。

そのために荷物を積載していないときに全力で踏むとブレーキが利きすぎてすぐにタイヤがロックされてしまうか、ABS(ブレーキアシストシステム)が作動するような急ブレーキになってしまいます。

普通車とはブレーキの利き方がまったく違いますのでその感覚に慣れることが重要だと言えます。

空気圧低下で効かなくなる!

エアブレーキはコンプレッサーで作られた圧縮空気を使用してブレーキをかけるというものです。

そのためブレーキチャンバーに圧縮空気がなければブレーキをかけることができなくなることになります。空気圧のことを意識してブレーキを使用することが重要となってくるのです。

大型トラックのブレーキの踏み方のコツとは?

踏み込みすぎない

エアブレーキは一般的なブレーキよりもはるかに強力ですので踏み込み過ぎには注意しなければいけません。

特に荷物が少ないとき、トラック自体が軽い状態のときにはブレーキが強く利きます。普通車のブレーキと同じように全力で踏み込むとタイヤがロックしてしまうか急ブレーキの状態と車が判断することになります。

エアブレーキのブレーキペダルはペダルの下の部分が床とヒンジによって繋がっている形状となっています。

このペダルを踏む際には足の裏の全体を使ってゆっくりと踏むのが正解です。ブレーキを利かせるというイメージよりは少しずつ踏むことでトラックが減速していくというイメージを持つのが良いでしょう。

走行前に確認しておく

すでに大型トラックの運転に慣れている人であれば感覚的にわかってくるものですが、まだそれほど運転に慣れていない人であれば長距離などに出発する前に確認しておくのが良いでしょう。

特に「荷物を満載している時」と「空車の時」の両方を確認しておくとより効果的です。エアブレーキは車両総重量によってかなり利きに違いがあります。理屈よりも感覚を身に着けることが重要なのです。

バタ踏みは絶対にしてはいけない!

エアブレーキはコンプレッサーで圧縮空気を作ってブレーキに使用していくものですが、ブレーキを何度も踏んで使用する「バタ踏み」を行うとすぐに圧縮空気を使いきってしまうことになります。

一度ブレーキを踏んだ際に使用した空気は使いまわしはできないために単純に圧縮空気が足りなくなってしまうのです。大型車では圧縮空気が不足してくると警告音がなるようになっています。

そういった仕組みになっていてもバタ踏みにより事故が起きているのが現状で、国土交通省からも警告文が出されているほどです。

まとめ

大型トラックのブレーキは普通車のブレーキとは違ったものになっています。強力なブレーキではあるのですが、それだけに使い方次第では危険な状態になることもあります。

仕組みを理解して、正しく使用することで安全に運転していきましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • 【未経験の方必見!】トラック運転手になるメリット・デメリットとは?

    これからトラックの運転手をしてみたいと...
  • ミキサー車の仕組み/構造とドラムの操作方法 - 転職希望者に役立つ業界用語の説明も

    ミキサー車は、コンクリート工場から生コ...
  • 大型トラックで方向転換する方法とコツ、注意点を解説!きれいにバックを決める方法

    大型トラックで長距離移動の際に気になる...
  • パッカー車の安全対策で気をつけるポイントとは?具体的な安全管理の方法もご紹介

    パッカー車でのゴミ収集は実は非常に危険...
  • ユニック車が動かない!そんな時は先ず原因究明から取り組みましょう

    作業しようとしたら突然ユニック車が動か...