掲載をご希望の企業様はこちら

白ナンバーダンプは違法じゃないの?白ナンバーと緑ナンバーの違いをご紹介!

白ナンバーのダンプをよく見ることがありますが、営業ナンバーをつけていないトラックでの輸送は違法ではないのかと気になることがありますよね。

そこで今回は、白ナンバーダンプがなぜ違法にならないのか、緑ナンバーと何が違うのかについてご紹介します。

白ナンバーダンプと緑ナンバーダンプの違いについて

白ナンバーダンプ

街でよく見かけるダンプカーですが、白いナンバープレートをつけたダンプが案外多い事に気づく方も多いのではないでしょうか?白いナンバーでの輸送は違法ではないの?と思う方もいると思います。

まずここでは白ナンバーダンプと緑ナンバーダンプの違いについて説明したいと思います。白ナンバーはあくまで「自家用」のナンバーであり、「運送業」を行えるナンバーではないという事です。

あくまで自家用であり、自社トラックで他社の荷物を運んで利益を得る営業行為は禁止されています。

そういったことから白ナンバーのダンプカーは形式上、土砂や砕石を運ぶ事で運賃は得ていないという事になります。あくまで「自家用」の車両であり、運送会社のダンプカーではないという事になります。

緑ナンバーダンプ

緑ナンバーは荷物を運搬する事で運賃を得ている「営業用」のナンバーになります。緑ナンバーは荷物を運搬する事で運賃を得られる運送業を行う事ができるナンバーになります。

緑ナンバーのダンプは他社の土砂や砕石を運搬する事で、運賃を得ている「運送業」という事になり、一般貨物自動車運送事業の許可得た運送会社所有のダンプという事になるのです。

白ナンバーダンプが違法にならない理由とは?

町を走っているダンプカーを観察してみると緑ナンバーではなく、白ナンバーをつけて走行しているダンプカーが多い事に気がつくと思います。

土砂や砕石を運んでいるダンプカーが白ナンバーで仕事をしている事に疑問を感じている人も多いのではないでしょうか?

実は白いナンバーのトラックでも個人所有や自社トラックで自社の荷物を運ぶ用途に使用するなら、あくまで「自家用」という事になり問題ないのです。

例えば自分の会社の商品(土砂・砕石)を運搬するのであれば、「運送業」ではなく、あくまで「自家用」ですので白ナンバーで問題ありません。

自社の採掘場から請負や販売という形でその会社所有のダンプを使って土砂などを運搬するのも、運賃をもらっていないので「運送業」にあたらず違法にはなりません。

正直、少しグレーな部分はありますが、多くの白ナンバーダンプは土砂を自分で購入し、納品先で土砂を販売して利益を確保している形態をとっています。

あくまで運賃という形では料金が発生していないという事になり、合法という事になっているというのが現状になります。

白ナンバーのデメリットとは?

税金が高い

貨物用トラックなど「営業用」のナンバーである緑ナンバーはその目的から税金の面で優遇されている部分があります。

例えば白ナンバーの場合、自動車税が年間25,500円〜40500円なのに対して緑ナンバーは18,500円〜29,500円(積載量に応じて変動あり)になります。

また車両購入時に必要な自動車重量税も白ナンバーは20,500円〜36,900円ですが、緑ナンバーでは13,000円〜23,400円(車両総重量により変動)になり緑ナンバーの税制上のメリットはとても大きいと言えるでしょう。

運賃の発生する輸送が不可!

白ナンバーと緑ナンバーの違いは「自家用」と「営業用」という事になります。あくまで「自家用」になる白ナンバーのデメリットは運賃の発生する輸送ができないという事にあります。

これは白ナンバートラックが一切仕事で使用する事ができないという事ではありませんが、運賃を伴う輸送ができない白ナンバーは、仕事を行う上で大きな制約があるという事になります。

白ナンバートラックで仕事を行う事はあまりメリットのない事だという事は考えておいたほうが良いかもしれません。

信用度が低い

白ナンバーはあくまで「自家用」のナンバーになりますので、「営業用」ナンバーでプロの証である緑ナンバーに比べてその信用度は著しく低いという事になってしまいます。

そもそも白ナンバーでの運送業を営む事は禁止されていますので、白ナンバーで仕事を受注する事は難しく、また社会的な信用も低く顧客から白ナンバーというだけで、仕事が貰えないなんて事もあるかもしれません。

緑ナンバー取得のメリットは?

重量税が安い

緑ナンバーが税制面で優遇されている事は先述しましたが、車両を購入する際や車検時に支払わなければならない自動車重量税が安いのは緑ナンバー取得の大きなメリットと言えるでしょう。

公共事業に参加できる

緑ナンバーは「営業用」のナンバーで優良企業の証明になります。例えば公共事業の仕事は緑ナンバーでなければ、絶対に受注する事ができません。

緑ナンバーは厳しい条件をクリアしないと取得できない事からそれが信頼性の裏付けになります。

取得するのに手間はかかりますが、一度取得できれば、国から許可された運送事業者として認められるので、公共事業だけでなく民間企業や一般顧客からの仕事の受注も増える事でしょう。

信用度が高い

白ナンバーと緑ナンバーでは企業の信用度が大きく違ってきます。例えば、白ナンバーから緑ナンバーに変わると営業先を広げられるようになります。

先述しましたが公共事業はもちろん民間の大手企業もその多くが緑ナンバー取得業者を厳選して運送業務を託します。

昨今のコンプライアンス遵守の流れもあり、今後もより一層この流れは強くなっていくものと思われます。

また緑ナンバーの取得時には従業員の社会保険の加入が義務付けられておりますが、いまだに一部の運送事業者や建築会社ではそういった福利厚生が整っていない事業所もあります。

緑ナンバーを取得する事で社会保険など福利厚生が充実すれば、それが従業員の安心につながり強いては会社の信用度のアップに大きく関わってくる事でしょう。

運賃をもらうなら緑ナンバーの取得を!

ここまで白ナンバーダンプと緑ナンバーダンプの違いについて解説してきました。

運賃の発生する「運送業」を営むのであれば、一般貨物自動車運送事業の許可を受けて緑ナンバーの取得が必須である事がお分かり頂けたのではないかと思います。

仮に白ナンバーダンプで違法になってしまった場合、貨物運送事業法違反となり、3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金という大変重い罪に問われてしまいます。

しかも罰金刑ではなく、懲役刑になってしまうと、懲役が終わっても2年経過しなければ緑ナンバーの新規許可申請ができません。

こういった事からも運賃をもらった仕事をするのであれば、緑ナンバーの取得を強くお勧めします。

まとめ

この記事では白ナンバーのダンプがなぜ違法にならないのかについて解説してきました。それに付随して白ナンバーと緑ナンバーの違いについても理解して頂けたのではと思います。

町を走っている白ナンバーダンプがかなり微妙な線引きで仕事をされている事もお分かり頂けたのではないでしょうか。

昨今のコンプライアンス遵守強化の流れもあり、今後も白ナンバートラックへの風当たりは一層強くなっていくものと思われます。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • 8ナンバーのトラックは税金がお得?8メリットと注意点について解説します

    個人で運送業を行っていると、少しでも維...
  • タンクローリーの大きさ/サイズってどれくらい?用途別で大きさが違う!

    タンクローリーはどの車両も同じ大きさに...
  • 国内メーカー運転支援システム徹底比較!各社システムの特徴をご紹介!

    運転支援システムとは、事故の被害を軽減...
  • ユニック車とはどんな車?ユニック車の特徴や、必要な資格について

    トラックにはたくさんの種類がありますが...
  • 小口配送ってどんな働き方?大口配送・ルート配送・宅配便との違いをご説明

    小口配送とは、少量の荷物を複数の届け先...