重機オペレーターはきつい?重機オペレーターに向いている人と仕事内容とは

重機オペレーターの仕事はきついといわれることが多いのですが、どうきついのかがはっきりしていないという人がいます。

そこでここでは重機オペレーターのどの点がきつくて大変なのかについて紹介していきたいと思います。

重機オペレーターの仕事内容

重機オペレーターの仕事

「重機」と呼ばれる機械は建設現場、解体現場、工場、倉庫などで利用されるもので大きいもの、重いものを運んだり、人の力ではできないような大きな力を機械で行うための車両です。

その重機を運転する人、操作する人のことを「重機オペレーター」といいます。誰にでも重機は運転できるわけではなく、対応する免許や資格がなければいけません。

重機の種類

「重機」と呼ばれるものの中にもいくつもの種類があります。ここではいくつかの重機について紹介していきます。

  • フォークリフト
    工場や倉庫、建設現場などで見られるものです。長いツメの部分をパレットなどに差し込んで持ち上げ、移動した先で下ろします。運送業界なども含めてとにかく活躍の場が広く、フォークリフトの運転ができると活躍の場が非常に広がります。運転するためにはフォークリフト運転技能講習を受けている必要があります。
  • 油圧ショベル
    パワーショベルとも呼ばれる重機です。土砂を掘り起こしてその土砂を別の場所まで運んだり、トラックに積んだりします。ショベルにアタッチメントを付けることで岩石を砕いたり、建物を破壊して解体する、撤去するということもできます。
  • クレーン車
    先端のフックに大きい荷物、重い荷物を引っ掛けて吊り上げることができます。クレーン車を運転するには資格が必要になるのですが、フックに荷物を引っ掛けるには「玉掛け」の資格を別にとる必要があります。
  • ブルドーザー
    重機らしい重機と言われるのがブルドーザーです。油圧ショベルなどが土砂を掘り起こした後などの土を一気にならして整地することができます。土をならすだけではなく、専用のアタッチメントを使えば根を掘り起こしたり木を伐ったりすることもできるため使用頻度が高い重機でもあります。
  • ロードローラー
    前輪が大きなローラーになっており、建物を建てる前に地面を硬く踏み固めたり、アスファルトやコンクリートの上を走って強度を増したり、仕上がりを綺麗にするといった効果があります。特に道路工事ではよく見かける重機です。

重機オペレーターのここがきつい!

休憩が取れない・休みが少ない

近年の日本では震災や台風、大雨などの天災によっての復旧工事が非常に増加しています。

さらに東京オリンピックや大阪万博など国際的な行事に向けての大規模な工事も進められており、重機オペレーターはとにかく需要が多い仕事となっています。

それだけに休みがとりにくくなっている状況です。

体力的に大変

重機はほとんどの場合、屋外の広い場所で使用することになります。そのため夏は暑く、冬は寒いなかでの仕事となります。

また長時間重機を運転する場合は同じ姿勢を狭い運転席でとることになるため肩や腰にも負担がかかります。

責任が重い

重機は人力をはるかに超える大きな力を生み出します。それだけに事故を起こす場合は大事故になることが多く、人命にも関わってきます。

そのため何よりも安全第一に仕事をするということが求められますが、重機で行う仕事を経て、他の職人などが仕事をするという場合もあり、急がされるということもあります。

安全を重視しながら迅速に仕事をすることが求められるために責任は非常に重いものとなります。

仕事の環境がよくない

建設現場や解体現場で仕事をするときはほこり、ゴミなどが舞い散るなかで仕事をしなければいけないため体にはよくありません。

また、山間部、ダム建設現場などで仕事をする際には近くに飲食店やコンビニなどがないということも多く、通勤も不便です。働く場所を考えると環境が良いとは言えません。

人間関係

重機で行う仕事を受けて他の作業員や職人が仕事をするということもあり、仕事を急かされることもあります。

また、クレーンなどを動かす際には他の作業員の協力が必要となるのですが、もし事故を起こしてしまった場合には重機オペレーターの責任となってしまいます。

そのため現場での「人」との関わりが非常に重要となるのです。現場には気難しい職人肌の作業員も多いため、それをしんどいと感じる人もいるかもしれません。

重機オペレーターになるには

重機オペレーターの職場

重機を扱う会社に就職をするというのが普通のルートと言えます。建設会社、解体業者、土木業、舗装会社などに就職をするのが確実です。

資格や免許を持って就職する場合と、入社後に順に取得していくという形式があります。

個人事業主という選択

資格と経験と人脈を持っている人であれば個人事業主として独立する人もいます。得る収入は大きくなりますが、保険なども自分で管理しなければいけなくなるために出費も大きくなります。

重機オペレーターに向いている人のはこんな人

重機オペレーターに向いている人

やはり重機が好き、現場で働くのが好き、体力に自信があるという人が向いています。直接腕力が必要になるわけではないので女性でも仕事を行うことは可能です。

重機オペレーターに向いていない人

他の作業員との連携が必要になりますので、コミュニケーションをとって仕事をするのが苦手な人には向いていません。

また、とにかく安全に配慮しなければいけない仕事ですので、雑な性格、安全配慮ができない人には向いていないと言えます。

重機オペレーターはなくなる?

「無人重機」が開発されているために重機オペレーターがなくなるという話がありましたが、実際には無人重機を動かすオペレーターが必要になるために急に仕事がなくなることはないと考えられています。

まとめ

重機オペレーターは大規模な現場で重機を動かす際に絶対に必要となる仕事です。また、大きいもの、重いものを扱うことから責任も重く、やりがいを感じる仕事だと言えます。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

【必見】年収をあげて、待遇のよい職場に転職したい!という方へ

  • 今より年収をUPさせたい…
  • 夜勤が辛くなってきた…
  • 手積み/手降ろしが辛い…

などを感じている方に、おすすめのサービス「プレックスジョブ」


「プレックスジョブ」は、大手企業から地元の優良企業まで、幅広い企業の求人を掲載中です!

  1. 簡単1分で正社員雇用の求人を検索できる
  2. 今より年収が高く、労働条件が良い会社が見つかる
  3. 会員登録したら、スカウトも受けられる

\新着求人も続々更新中!/

プレックスジョブで求人検索する >

企業からスカウトが受けられる
【会員登録】はこちら

新着記事

  • 資格を取得しても給与は上がらない?プレックスジョブのドライバー求人から徹底分析!

    こんにちは!プレックスジョブPR担当で...
  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...

人気記事

  • 10tトラックの積載量は?大型トラックとの違いや10tトラックの定義とは

    運送業界への転職を考えている方で、業界...
  • 大型トラックのエンジンオイル漏れが起こる原因とは?改善方法と予防方法を徹底解説!

    大型トラックのトラブルの原因の一つにオ...
  • 傭車とは?運送業界における傭車の必要性とメリット・デメリットについて

    傭車ってご存知でしょうか?あまり聞きな...
  • 10tトラックの最大積載量と才数(エムスリー)はどのくらい?計算方法と計算式も解説!

    トラックにはそれぞれ最大積載量が決まっ...
  • 大型トラックAT車の特徴とは?AT免許でも大型トラックの仕事は出来るのか

    最近では、大型トラックのAT車が増えて...
【ドライバー採用ご担当者様へ】ドライバー特化の人材紹介サービス「プレックスジョブ」
掲載のお問い合わせはこちら