掲載をご希望の企業様はこちら

2tトラックの維持費はいくらぐらいが平均?税金や維持に必要なコストを徹底解説!

2tトラックは主に宅配や近距離輸送に使われている車両ですが、フットワークが軽く、狭い道でも楽々進入できる機動力が魅力です。

そんな使い勝手の良い、2tトラックを導入しようと考えている経営者や個人事業者の方は、意外と多いのではないでしょうか?

そこで問題になってくるのが、維持費がどれくらいかかるかという事ではないかと思います。そんな悩みをお持ちの方に向けて、2tトラックの年間に係る維持費と安くする方法を紹介していこうと思います。

2tトラックの維持費はいくら?年間でこれだけかかる!

自家用車を持っていれば、車検代や自動車税などの維持費がかかってくる訳ですが、当然2tトラックも同じ様に維持費がかかってきます。維持費の内訳は後述するとして、ザッと年間で維持費が幾らくらいかかるのか、調べてみました。

車検代や任意保険代、燃料費などは使用環境によって変わってきますので、正確には出せませんが、最低1年間で100万円位はかかりそうです。やはり結構な金額になります。

2.2tトラックの維持費はいくら?維持費の内訳を解説

車検費用

車検費用には大きく分けて法定費用(申請手数料、自動車重量税、自賠責保険料)と点検・整備費用に分かれます。

ここでは点検・整備費用のみの金額を述べさせて頂きます。車検を受ける整備工場によって若干違いは出てきますが、おおよそ5万円前後になります。

自動車税

自動車税は営業用と自家用とで金額が変わってきます。営業用トラック9,000円、自家用の場合は11,500円になります。

重量税

車検時に納める自動車重量税は自家用登録の場合6600円、事業用の場合は5200円となり事業用の方が安くなっています。

自賠責、任意保険料

自賠責に関しては車検時に納める事になります。自家用登録の場合23970円、事業用の場合27900円となり、事業用の方が高くなります。

任意保険はドライバーの年齢や運転経験、保険会社や保証内容により金額が変わってきますが、およそ月額30000〜35000円といったところでしょうか。

メンテナンス費用(オイル交換など)

乗用車より過酷な状況で使用されるトラックは特にメンテナンスは欠かせません。オイル、エレメントの交換はもちろん、ワイパーゴムなどの消耗品を考えると、年間10万円程は考えて置きたいところです。

タイヤ交換費用

トラックのタイヤは、乗用車とは比べ物にならないくらい酷使されているため当然減りも早いです。不意のパンクやバーストもあり、2tトラックのタイヤの交換費用は年間10万前後を考えたておいた方が良いでしょう。

燃料費

燃料費は走行する距離と燃料代で計算する事ができます。例えば年間3万km走行するとして燃料代が1ℓ110円、燃費が4km/ℓだとすると82万5千円燃料費がかかる事になります。

2tトラック・4tトラック・10トントラックの維持費を比較

2tトラック 4tトラック 10tトラック
維持費 1,000,000〜 1,500,000〜 2,000,000〜

 

概算ですがトラック毎にかかる維持費を表にしてみました。かなりの金額がかかる事がお分かり頂けると思います。

燃料費やタイヤ代は走行する距離やトラックの大きさによって大きく変わってきますので、正確に金額を出すことは難しいですが、最低でもこのぐらいはかかるという事で考えておくと良いかもしれません。

2tトラックの維持費を安くする方法

2tトラックを4ナンバー、貨物自動車として登録する事で維持費を安くする事ができます。条件は車両サイズが全長⒋7m以下、全幅⒉0m以下、ディーゼル車は及び排気量2,000cc以下のガソリン車になります。

4ナンバー登録を行う事で、例えば自賠責保険ですが1ナンバーのトラックで車両重量が2トンを超える場合、49,900円で2トン以下ならば34,650円ですが、これが4ナンバーだと、29,920円になります。

自動車税、重量税も4ナンバーの方が安く、高速料金も1ナンバーが中型、大型、特大車の料金が適用されるのに対し4ナンバーでは軽自動車等、普通車の料金が適用となります。

もう一つの方法として、リース契約で維持費を安くする方法があります。リースには修繕費がリース料に組み込まれているケースが多いため修理代をリース会社が負担してくれるメリットがあります。

ただ、やはりレンタルですので、自分のものにはならないデメリットもあります。ご自分の使用環境に合わせて選択して頂ければと思います。

まとめ

ここまでは2tトラックの維持費について記事にしてきました。その中で車検費用や税金は意外と安いという事がお分かり頂けたと思います。

しかし働く車である2tトラックは燃料費やタイヤ代、修理費等はかさみ、トータルの維持費はそれなりにかかります。

ですので、どうやって利益を生み出すかは、その2tトラックを使用して如何に稼ぐか、お客様の手腕にかかっていると言えると思います。この記事がその一助になれば幸いです。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバーの求人を検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

新着記事

  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...
  • スピード違反で免停になるのはいつから?何点から?免停期間が短くなる講習とは

    もしスピード違反で捕まってしまったら当...

人気記事

  • 引越し屋の給料/平均年収/手取りの相場感は?どのくらいの給与になるのか解説

    運送業界の中でも引越し業者というのはと...
  • お化け4トンの魅力を紹介!普通免許で運転できる4トンスーパーロングのメリットとは

    トラックには色々なタイプや大きさがあり...
  • トラック運転手の休み/休日が少ないのは本当?運転手の休日・休息に関する法律や平均的な休日日数

    トラック運転手の皆様は、どのくらい休み...
  • 大型トラックのリミッターとは・解除はできる?ドライバーにとってはストレス?メリット?

    平成15年より、大型トラックにはリミッ...
  • 段ボールの積み方で何が変わる?荷物に合った積み方の重要性について

    段ボール箱は荷物の輸送をするのに最も多...