傭車とは?運送業界における傭車の必要性とメリット・デメリットについて

傭車ってご存知でしょうか?あまり聞きなれない言葉なのでご存知の無い方も多いかもしれません。

今回は傭車とはどんな車の事なのか?どんな役割を持っているのか?そしてその重要性についてをわかりやすくご説明いたします。

傭車って何のこと?

トラック業界、運送業界では傭車はなくてはならない存在です。

運送会社ではたくさんのトラックを所有していて、契約している企業や個人などの荷物を輸送するものだと考えている方が多いかもしれませんが、実は所有しているトラックだけで輸送をしているわけではありません。

例えば通常業務以外に突然特急の仕事の依頼を受けた時、自社のトラックが足らなかったりした場合に、個人で契約しているトラックや赤帽などに依頼して、仕事を手伝ってもらう事があります。

このトラックを傭車という言い方をするのです。

傭車の必要性

なぜ多くの運送会社は傭車を利用するのでしょうか?その大きな理由を3つご紹介いたします。

繁忙期

トラック業界は概ね平均的に仕事が入ってくるのですが、繁忙期といって特に仕事の量が多くて人手不足になってしまう時期があるのです。

その時期にどうしてもトラックや人員が足らなくなってしまうので傭車を依頼するのです。

だったらトラックや人を増やせばいいと思うかもしれませんが、繁忙期を過ぎてしまえば通常業務になるので余ってしまう事になります。それなら臨時の出費の方がコストがかからない方を選ぶわけです。

突発的なチャーター便

普段は予定を組んで荷物の輸送を行っていても、突然大急ぎで荷物の輸送を頼まれる事があります。

こうした場合も運送会社ではトラックを遊ばせておく事はできないので、臨時の仕事が入ってもすぐに対応できない事があるのです。そういう場合にも傭車を活用しています。

突然の遠方への急ぎの仕事や自社のトラックでは運べないほどの大きい荷物だったりと、利用する理由はさまざまなのですが、やはりトラックを新たに購入するよりも傭車をお願いした方が良いのです。

自社対応不可の場合

先ほど少し触れましたが、運送会社で保有しているトラックというのは、普段輸送する荷物の量や大きさに合ったものを購入するものです。

特別大きなトラックを購入して持っておくといった事はほとんど皆無だと言っていえしょう。なので時々お客様から大量の荷物の輸送を依頼されたり、

自社のトラックでは積み込めないような大きな荷物の依頼を受けた時、やはりトラックを追加するわけにはいかないので、傭車をお願いして業務をスムーズに行うのです。

傭車の利用は荷主側にとってメリットが大きい!

ここでは傭車をどうして利用する荷主が多いのかについてをお話していきましょう。

固定費がかからない

トラックを保有している運送会社ではその会社に必要な人員とトラックを保有しています。

人件費やトラックの維持費や事務所の維持費などの固定費を、ある程度決めて予算の範囲内で仕事を切り盛りしているものですよね。

傭車が無ければ突然の仕事を自社のトラックで行わなくてはならないので固定費がかさんでしまうのです。だから傭車を頼んで経費が増えるのを防ぎつつ、お客様に迷惑をかけないというメリットがあるのです。

ドライバー不足に対応出来る

傭車を活用するのにはトラックが必要になったという以外にも理由があります。それはトラックを借りる事ができるのはもちろんですが、実は人が足らない時にはトラックを運転する人も一緒に借りることができるのです。

全てのトラックを運用する事で無駄な経費がかからないようにしている企業が多いので、突然の荷物にトラックも運転手も足らない事もあるのです。

でも傭車を依頼すればトラックも人も借りられるというメリットは捨てがたいものがあります。

新規顧客の獲得

傭車を依頼する事によって、これまで自社では接点がなかった企業との接点が得られる事があります。例えば傭車として利用している会社から、大きな顧客の仕事を紹介してもらうという事も無いとはいえないのです。

もしもそこで接点ができれば、新たな仕事の獲得ができる可能性は非常に大きいです。

間に入った傭車の会社にとっても仕事が増える可能性が広がるので、持ちつ持たれつの関係ができるというのは双方にとってメリットになると言えるでしょう。

傭車側にはデメリットも…

傭車を依頼する側としてはとても助かるものなのですが、傭車を生業としている業者にとってはメリットばかりとは言えません。傭車側のデメリットをご紹介いたしましょう。

仕事量が安定しない

傭車をしている側としては毎日安定した仕事があるわけではありません。取引先の運送会社で臨時の仕事が入れば仕事になりますが、それが無い時期は仕事にありつけないというデメリットがあるのです。

そのため運送会社全体の繁忙期には仕事がこなせないくらい入って、繁忙期が過ぎれば仕事が激減してしまうという問題が発生するので、傭車の業務をしながらも安定した仕事を見つける必要が出てくるのが悩みの種でもあるでしょう。

運賃が少なくなる

どんな取引でもそうですが、直接荷主から仕事をもらっていれば希望通りの運賃をもらう事ができるのですが、荷主との間に親会社が入ってしまう事によって、

運賃がどうしても少なくなってしまうのがデメリットの一つでしょう。間に会社が入れば入るほど最終的に仕事をする企業は取り分が少なくなってしまうので、

できればクッションになる会社は少ない方が理想的ですが、傭車を業務としてやっている会社では取引先を選ぶ事が難しいのも現状なのかもしれません。

急な輸送に対応することが求められる

親会社にとっても繁忙期に傭車を依頼するだけではなく、自社ではちょっと面倒な仕事であったりやっかいだと感じる仕事などを傭車に依頼する事もあるのです。

なので傭車をしている会社には特急の仕事以外に面倒な仕事も回ってきます。他にも長距離すぎる仕事だったり、荷物がすごく多かったりといった事もあるようです。

傭車を仕事にしている企業はただ荷物を運ぶだけではなく、通常の荷物とは違ったものが多いという事を頭に入れて準備をしておかなくてはならないのです。

傭車がいないと成り立たない運送業界

傭車は運送会社の中では確かに臨時の仕事を請け負う小さな業者かもしれませんが、運送業界全体で傭車は普通に利用されているものなのです。

もしも傭車を仕事にしているところが無ければ、固定費も人件費も車両購入費用もかかってしまうでしょう。このように傭車は運送業界にとってはなくてはならない存在なのです。

傭車を行っている会社にとっては大変な仕事を任される事もあるようですが、業界自体が成り立たなくなってしまうので、なくなっては困る重要な業種でもあるのです。

まとめ

今回は傭車とは何か?傭車がある事によって運送業界はどんなメリットがあるのか?さらに傭車側にはデメリットもあるという点などについてご紹介いたしました。

今回の記事で傭車がいかに業界にとって大事なものなのかがわかっていただければ幸いです。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

【必見】年収をあげて、待遇のよい職場に転職したい!という方へ

  • 今より年収をUPさせたい…
  • 夜勤が辛くなってきた…
  • 手積み/手降ろしが辛い…

などを感じている方に、おすすめのサービス「プレックスジョブ」


「プレックスジョブ」は、大手企業から地元の優良企業まで、幅広い企業の求人を掲載中です!

  1. 簡単1分で正社員雇用の求人を検索できる
  2. 今より年収が高く、労働条件が良い会社が見つかる
  3. 会員登録したら、スカウトも受けられる

\新着求人も続々更新中!/

プレックスジョブで求人検索する >

企業からスカウトが受けられる
【会員登録】はこちら

新着記事

  • 資格を取得しても給与は上がらない?プレックスジョブのドライバー求人から徹底分析!

    こんにちは!プレックスジョブPR担当で...
  • 大型トラックのリミッターは解除できない?解除による罰則などについて解説!

    大型トラックは一定の速度以上は出せない...
  • ドラム缶の積み方と転がし方・ドラム缶を安全に扱うための注意点をまとめました

    ドラム缶を積む際には、縦積みと横に並べ...
  • 荷役作業・附帯業務の記録が義務化されました/乗務記録の作成方法をご紹介

    2019年6月より、荷役作業等の記録作...
  • 酒気帯び運転で免許取り消しはいつから運転できなるくなる?再取得の方法も紹介

    酒気帯び運転は大きな事故を誘発する可能...

人気記事

  • 陸送とは車両を陸上で輸送すること!陸送のメリットデメリットも解説!

    陸送という文字を目にする機会が。多くな...
  • ダンプ運転手の仕事内容/業務内容をご紹介!ダンプカー運転手ってなにをするの?

    建築現場などを見ていると、ダンプカーを...
  • 10tトラックの寸法は?レンタルするなら知っておきたい車体とクレーンのサイズ・特徴

    ユニック車の中でも10tトラックはよく...
  • トレーラーのバックの仕方は難しい?上達にはコツが必要なトレーラーのバック!

    けん引免許を取得しようと教習所に通って...
  • 運行管理の拘束時間とはどのくらい?運行管理における拘束時間・休憩時間・休息時間の考え方

    ドライバーの長時間勤務を防ぐために ...
【ドライバー採用ご担当者様へ】ドライバー特化の人材紹介サービス「プレックスジョブ」
掲載のお問い合わせはこちら